共働き夫婦の住宅ローンは3種類! 特徴とメリット・デメリット

夫婦のお悩み解決コラム

「念願だったマイホームをいよいよ購入したい!」

そんなときに考えるのが住宅ローンですよね。もともと、住宅ローンの借り主の多くは夫でした。しかし共働きが一般的である今、さまざまな借りかたがあるのをご存知ですか?

今回は「共働き夫婦のため」の住宅ローンについてご紹介します。

 

1. 共働き夫婦の住宅ローンは3種類

共働き夫婦の住宅ローンには、「連帯保証」・「連帯債務」・「ペアローン」があります。主の債務者を「夫」としたこの3つの特徴は以下のとおり。

連帯保証

夫婦の収入を合わせた「収入合算」で、夫が住宅ローンを組む債務者となり、妻が連帯保証人になります。夫の返済が滞った場合は、妻に返済の義務が生じます。

連帯債務

夫婦の収入を合わせた「収入合算」で、夫が主債務者となり、妻が連帯債務者となります。住宅ローンを夫婦で借りる形になるので、夫婦どちらも同額の返済義務を負うことになります。

ペアローン

夫婦がそれぞれ別の住宅ローンを組みます。夫のローンの連帯保証人は妻となり、妻のローンの連帯保証人は夫となります。返済が滞った場合は、連帯保証人に返済の義務が生じます。

 

2. それぞれのメリット・デメリット

3種類の借りかたのメリット・デメリットをご紹介します。

 

連帯保証

メリット

  • 一人では借りられない額の住宅ローンも、収入合算することで借りられる

デメリット

  • 住宅ローン控除は債務者だけが受けられる
  • 団体信用生命保険は債務者だけが加入できる
  • 住宅ローンを借りた分の所有権は債務者のみ

※団体信用生命保険とは、住宅ローン専用の生命保険のことです。債務者が返済中に死亡したり、高度障害状態(介護が常に必要など、日常生活が極めて困難になった状態)の際に、保険金として住宅ローンの残額分が金融機関に支払われます。

つまり、この場合は連帯保証人に万が一の事があっても、保険金は支払われません。

 

連帯債務

メリット

  • ひとりでは借りられない額の住宅ローンも、収入合算することで借りられる
  • 住宅ローン控除が夫婦ともに受けられる
  • 所有権はそれぞれ持つことができる
  • 必要な書類や手数料は1人分だけ

デメリット

  • 団体信用生命保険は債務者だけが加入できる(夫婦加入が可能のローンもある)
  • 民間金融機関では取り扱っている金融機関が極めて少ない

 

ペアローン

 メリット

  • 夫婦それぞれ住宅ローン控除が受けられる
  • 団体信用生命保険も夫婦それぞれ適用される
  • 所有権はそれぞれ持つことができる

デメリット

  • ローンを2本組むため、作業と諸費用が倍になる
  • 離婚したときに、名義や残高処理等が複雑

・片方が死亡した場合、自分の分のローンは残る(※ただし、団体信用生命保険に特約をつけることで、夫婦どちらかが死亡した際に住宅ローンの残高がなくなることも可能。金利等や名称は取扱金融機関によって異なります)

 

3. 「片方の収入がなくなった」「離婚した」ときは

住宅ローンは30年近くも一緒に払っていくもの。一方で、暮らしていく上で必ずしも収入が一定とは限らないのが「夫婦」ですよね。夫婦で住宅ローンを考えているのなら、必ずそういったことも話し合った上で決めるようにしましょう。

子育てに専念したいから仕事をお休み、またはパートなどにしたいとき、はたまた離婚したら、それぞれの借りかたはどのように変化するのでしょうか。

妻が育休・仕事を辞めた

  • 「連帯債務」と「ペアローン」の場合
    妻が税金を納めていないと住宅ローンの控除が受けられません。育休の場合は復帰すれば再び受けられるようになりますが、仕事をセーブすると控除額も少なくなります。さらに妻が退職した際には、夫が妻名義の分も返済することになるため、贈与税の課税対象となる恐れも。それを避けるために登記の持分変更をしたり、住宅ローンの借り換えをすることも可能ですが、手間も費用もかかります。

離婚した

離婚をしても、住宅ローンの契約に変更はありません。

  • 連帯保証の場合
    元夫の支払いが滞ると、連帯保証人である元妻に返済請求が届きます。
  • 連帯債務の場合
    元夫と元妻どちらも、借り入れ全額の債務を負うことは変わりません。また住宅ローン名義は解消されないため、家を独断で売却できません。
  • ペアローンの場合
    自分がローンを支払っていても、元夫もしくは元妻の住宅ローンの返済が滞ると、連帯保証人である自分に返済請求が届きます。

離婚が決まったら、上記のことを避けるために家を売却して住宅ローンを完済させる、ペアローンは1つのローンに借り換えをするなど、夫婦で話し合っていく必要があります。

 

ひとりでは希望額が借りられなかったとしても、共働き夫婦で住宅ローンを契約することで借入額を増やすことができます。ただし、「妻が働けなくなる」「離婚する」などの理由で、多く借りられたローンによって支払いが苦しくなってしまうといったリスクがあることを忘れてはいけません。

「夫婦で住宅ローンを」と考えているのなら、さまざまなパターンを想定しながら、夫婦に合った借り入れ方法を選択してくださいね。

 

参照:
 共働き夫婦のための住宅ローン講座(1)我が家はどうする?基本編
共働き夫婦が賢く住宅ローンを借りる方法
団体信用生命保険(団信)の特約は付けるべき?
扶養に入っても住宅ローン控除は受けられる?
退職の可能性視野に選択 共働き夫婦の住宅ローン
共稼ぎ世帯に人気の収入合算・ペアローン。デメリットが多いって本当?

\保険相談の体験で必ずもらえる特選ギフト!/

この記事をSNSでシェア