子どもが生まれる前に知っておきたい! パパの心得

夫婦のお悩み解決コラム

子育てに対して、「手伝う」と表現した夫が責められたり、そもそも何にも関わろうとしなかったり。「イクメン」という言葉はあるものの、実際のところ男性は子育てを「している人」「していない人」に大きく分かれるのが現実でしょう。

しかし、子育てに参加できていない男性は、ただ「当事者意識がない」だけなのでしょうか。女性と男性とで、育児情報に触れる機会は同じだと思いますか?

 

1. 女性と男性とで出産・育児に関する情報には格差がある?

妊娠後、女性は定期的な健診をはじめ、自治体や病院主催のマタニティ教室など、出産や育児に関する情報に触れ、経験値を積んでいきます。

プレママ向けの雑誌も発売されていますし、妊婦向けのサイトも用意されています。

一方、男性向けの妊娠・育児関係の情報源は、あまり用意されていません。もともと興味がある、妻に促されたなどの場合には、一緒に健診に訪れてみたり夫婦向けのマタニティ教室に参加することはあるでしょう。しかし、プレパパ用の情報源は女性向けのものよりも乏しいですよね。

「やる気があるなら自分で調べればいいじゃん」と文句のひとつも言いたくなる気持ちはわからなくもないです。とはいえ、必要度が高く半ば強制的に情報を収集する必要がある女性に比べ、男性は父親になっていくための環境が整っているとは言いがたいのではないでしょうか。

そこで、厚労省がはじめたものが「イクメンプロジェクト」。父親になる男性のための情報発信プロジェクトです。

 

2. ダウンロード可能な「子育て書き込みノート」を使ってみよう

プロジェクトの公式サイトには、育児休業制度についての情報や、先輩パパの育児体験が掲載されているほか、ダウンロードして使える「子育て書き込みノート」が用意されています。

> 子育て書き込みノート

子育て書き込みノートは、ちょっとした父子手帳のようなもの。

  • 妊娠出産スケジュール
  • 休業・休暇スケジュール(夫婦ともに)
  • 勤め先の子育て支援制度の記載欄
  • 育児休業中の家計記載欄
  • 我が子の記録
  • 子育て行事スケジュール
  • 子育て支援施設記載欄
  • 妊娠期間中の母体・赤ちゃんの状況、男性ができること

母子手帳にも載っている子どもの成長曲線のほか、注目したいのが「勤め先の子育て支援制度の記載欄」や「育児休業中の家計記載欄」です。

女性は妊娠した段階で、早急に「仕事をどうするか」という壁にぶち当たります。続けられる? 辞めなきゃいけない? 産休・育休はどうなっているの? ……一気にこうしたことを考えなければいけないわけですよね。

しかし、男性は「育児休業をどうしようか」という考えに及ばないかたも多いでしょう。

ノートに「調べておこうね」と書かれていることで、あらためて自分の会社にはどういった制度があるのか、使えるのかといったことを出産前に調べておくきっかけになるのではないでしょうか。

 

3. 「こういうものがあったらどうだった?」筆者夫婦の場合

筆者は2児の母。筆者は第1子妊娠時に産休育休のないパート勤務だったため、当然のように「専業主婦になる」という流れでした。

そうしたこともあり、夫の頭の中には「育児休業」という考え自体がありませんでした。それだけではなく、「妊婦健診の頻度」「出産後の健診・予防接種スケジュール」「かかりつけの小児科の予約方法・連絡先」「妊娠中・産後の母体の変化」「赤ちゃんの成長について」など、子育てに関わる知識や情報は出産後も知らないまま。

「これから妻・子どもがどうなっていくんだろう」と調べてみるようなこともなく、情報は筆者から夫に伝えられるもの。それも、本人に「しっかり把握しておこう」という意識が足りなかったからか蓄積されていく様子もなく、「前にも話したんだけど」と思うことも多々でした。

それこそ、「当事者意識はどこ?」という状態。もしこうした男性向けの情報源があれば、もう少し自発的に動いてくれたかな……と感じました。

ただ、肝心の夫は「時間があれば見たかもしれない」という反応でした。そもそも、職場によっては仕事に心身のすべてを持っていかれすぎて、仕事以外の考えごとに頭を割く余裕がない、ということも問題なのかもしれません。

 

妊娠中・出産後に女性が受ける心的ダメージは根深いです。産後クライシスという言葉もあるとおり、今後の夫婦関係の方向性を決める最初の関門といってもいいでしょう。

実際に育児休業を誰しも取れる環境には、残念ながらまだまだ辿り着いていないというのが実感としてあります。しかし、まずは「調べてみること」が大切なのではないでしょうか。

自治体によっては「父子手帳」を母子手帳とともに配布するところも増えてきています。自発的な行動は、妻にとってもうれしいものです。「だって何もわからないし」という男性は、「子育て書き込みノート」や「父子手帳」を有効活用して、知識や情報を準備しておきませんか?

 

参考:
子育て書き込みノートダウンロード
厚生労働省イクメンプロジェクト

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア