家事を好きになれないのは、頑張りすぎているからかも

夫婦のお悩み解決コラム

あなたは家事を好きだと言えますか?

多くの人は「やらなきゃいけないからやっている」と答えるのではないでしょうか。しかしどうせ毎日こなすものですから、義務感だけでなく好き、楽しいという気持ちで行いたいですよね。

どうしたら家事を好きになれるのでしょう。

 

1. 家事は好きですか?

at home VOXが全国20〜59歳の男女1457名に行った家事についての調査。「家事は好きですか?」という質問に対しては、以下の結果が得られたそうです。

家事を好きになれないのは、頑張りすぎているからかも

「はい」は約4人に1人の割合で、「いいえ」は半数近い結果に。「どちらでもない」と答えたかたは「はい」より多く、家事を義務的なものと捉えているのかもしれません。ちなみに、男女差や世代差はほとんどなかったそうです。

また、好きな家事について聞いたところ、「特にない」が38.5%で最多となっていたそうです。やはり義務感から、日常の家事を淡々とこなすかたが多いのだと考えられます。

5つの国の比較から見えてくること

それでは、海外では家事についてどう考えているのでしょうか。リンナイ株式会社が以下5か国の30~49歳の男女計500名を対象に、「世界の共働き夫婦の家事事情」について探る意識調査を実施しました。

  • 日本の東京
  • 韓国のソウル(共働き夫婦が少ない)
  • アメリカのニューヨーク(ナニー文化が浸透している)
  • ドイツ(共働きが主流)
  • デンマーク(ワーク・ライフ・バランス先進国)

この調査で「あなたは、配偶者(パートナー)と家事を分担していますか」と質問したところ、全体で約8割(79.4%)の夫婦が家事を分担していることがわかりました。5か国ごとの割合は以下の通り。

1位:アメリカ(93.0%)
2位:韓国(87.0%)
3位:デンマーク(84.0%)
4位:ドイツ(77.0%)
5位:日本(56.0%)

アメリカが約9割で最も分担しているのに対して、日本は約5割と最も分担の割合が低い結果に。平均である79.4%にすら届いていません。そこで、家事の分担別に「あなたは、家事をすることが好きですか」と聞いたところ、以下の回答を得ることができたそうです。

日本(家事が好きな割合)

  • 分担している(50.0%)
  • 分担していない(54.5%)

韓国(家事が好きな割合)

  • 分担している(44.8%)
  • 分担していない(23.1%)

アメリカ(家事が好きな割合)

  • 分担している(85.0%)
  • 分担していない(57.2%)

ドイツ(家事が好きな割合)

  • 分担している(67.6%)
  • 分担していない(47.8%)

デンマーク(家事が好きな割合)

  • 分担している(75.0%)
  • 分担していない(50.0%)

日本以外の4か国が、家事を分担しているほうが「家事が好き」と答えているという結果に。家事分担の割合が最も多かったアメリカは、分担している人が85.0%もの割合で「家事が好き」と答えています。分担の割合が高く家事が好きだなんて、まさに理想の夫婦像といえますね。

もしかしたら日本人は、家事が上手に分担できていないから「家事が好き」の割合が少ないのではないでしょうか。家事分担が上手くいけば、家事のことを好きになれるのかもしれません。

 

2. 日本の女性は頑張りすぎ?

同調査にて、「あなたは家事スキルが高いと思いますか。同様にあなたの配偶者(パートナー)は家事スキルが高いと思いますか」という質問をしたところ、日本人女性は家事について「世界でもっとも自己評価が低く」、「配偶者からの点数と乖離がみられた」という結果に。

つまり、配偶者が評価してくれているのに気づかず、自分では「もっともっとやらなきゃ」と追い込まれている可能性があるんです。

また一方で、日本人男性の家事スキルに対する評価(自己・配偶者含め)は世界で最低。家事ができないから分担できないないのか、分担しないからできないのかはわかりません。とにかく、男性の家事スキルを上げる必要があるのではないでしょうか。

男性を「家事を任せられる夫」にするには

夫の家事スキルをあげるにはどうしたらよいのか、いくつかのポイントをまとめてみました。

  • 1度やらせてみる
    夫に家事を1度やらせてみることで、その大変さや面白さに気がつくかもしれません。「家事って意外と奥深い」「達成感がある」というふうに、家事に対してプラスに思ってくれたら良いですね。まずはやりがいを感じやすい家事である、料理を作ってもらったらどうでしょうか。> 夫を料理男子にする方法とは?

「家事は義務」「仕方なくやる」という気持ちでは、家事を好きにはなれませんよね。特に日本は他の国に比べて、家事に対する意識が低いことがわかりました。妻は「私は家事を頑張っている」と自分を肯定することから始めてみてください。夫はとりあえず「家事スキルを上げる」よう努力しましょう。

夫婦の家事分担が進めば、各国のように「家事が好き」という気持ちになれるかもしれません。そうすれば毎日の生活がもっと明るく楽しいものになれるかも。今から少しずつ、夫婦で家事に対する意識を変えていきましょう。

 

参考:
料理に洗濯 掃除に買い物 みんなが好きな家事・嫌いな家事は?
<熱と暮らし通信>世界5カ国の「共働き」に関する意識調査 世界5カ国で約8割が「夫婦で家事を分担している」と回答 家事を分担していない国1位は「日本」

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア