保活はいつから? ママの負担の実態を知ろう

夫婦のお悩み解決コラム

年度末になるとニュースやSNSで聞かれはじめる「保育園落ちた」の声。2016年には「保育園落ちた日本死ね」という言葉がクローズアップされましたが、その後の状況にあまり変わりはありません。「保活」という言葉もすっかり定着してしまいましたよね。

ママがいつから保活をはじめたのか、パパはどのくらい協力しているのかなど、保活の実態に迫ります。

1. 保活に関する夫婦の現状

厚生労働省が「保活」について調査した結果、「保活」をはじめた時期として、もっとも多かったのは「産後6ヶ月以降」でした。

保活はいつから? ママの負担の実態を知ろう

僅差で2番目だったのは「産後6ヶ月未満」。このふたつの時期を合わせると半数近くにのぼります。

育休期間が1年とう職場も多い中、赤ちゃんとの生活にも慣れはじめ、残り半年で職場復帰という産後半年前後から動き始めるママが多いのでしょう。

ママひとりでの保活は辛い

出産直後よりも子育てに慣れてきてはいるものの、赤ちゃんを連れて頻繁に保育園見学や役所へ相談に訪れるのは重労働。

夜泣きに悩まされて満足に眠れない日々を過ごしているママもたくさんいるはず。また、生後6~7ヶ月は離乳食が始まる時期にも重なります。もちろん、日々の家事もこなさなければなりません。保活にも体力を割かねばならないのは、精神的にも体力的にもつらいもの

夫婦の子どものことなのですから、父親である夫にも保活に積極的に関与してほしいというのが妻の願いではないでしょうか。しかし、保活は「ママがやるもの」になってしまっているのが現実です。

パパは保活に参加しているのか

「保険クリニック」が共働き夫婦に行った家事や育児の分担割合の調査では、およそ半数のパパが、「保活へは一切参加していない(分担割合0%)」と答えています。

もちろん育休中のママのほうが、平日の日中に動きやすいという理由もあるでしょう。しかし「子どもが預けられなかったら働けない」という状況に立たされるのは、どうしてもママ。

大黒柱だという意識が強いパパほど、自分が休む方向に意識が向かず、「妻が働くための保活」という認識になってしまっているのではないでしょうか。夫婦間では保活に対する切迫感が異なるともいえますね。

2. 保活に対する夫の意見

先ほどご紹介した厚労省の調査では、男性にも保活についての意見を集めています。

それによると、「十数件保育園を見学しても、父親だけで見学に来ている人を見なかった」とのこと。どうしても母親の場という空気感ができあがってしまっていて、それがさらにパパを保活から遠のかせてしまう原因になっているのかもしれません。

この回答をしたかたは、父親向けの保育園見学の場を設けたらよいのではないかと続けています。

いくら妻から話を聞いていたとしても、なかなか保活の大変さのイメージが湧きづらい夫もいるでしょう。上記のとおり、パパが保活に参加しにくいという環境もあります。

また、なかなか仕事をしながら行動するというのは難しいもの。それでも、「忙しいから」「疲れているから」と妻に任せきりにするよりは、ネットでのリサーチなど何かしらの行動があるだけでも、妻は「一緒に考えてくれている」と思えるのではないでしょうか。

女性は、気持ちを汲んでくれることを重要視する人が多いです。実際に手続きに行ったり見学に行ったりできたわけではなくても、夫の「僕も保活のことを気にかけています」という気持ちが伝わる行動があれば、嬉しく思えるはず。

パパも「保活の当事者だ」ということを忘れずにいたいものですね。

筆者も、これまで何人もの保活ママを見てきました。体力面のつらさはもちろんのこと、無事決まるかどうかすらわからない精神的負担に苦しむママは多いです。

「保活」という言葉を使わずに済む未来がくればいいですが、まだまだ厳しい地域が多いのが現実。保活をママだけのものにせず、夫婦がともに向き合わねばならない課題として、妻の負担を少しでも軽くしたいものですね。

参考:
厚労省「保活」の実態に関する調査の結果
最も母親任せは「保活」!父親の育児協力度、母親による評価は39.9% 共働き夫婦の家事・育児分担についてのアンケート調査

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア