男性は夫になっても「モテたい」…その理由とは

夫婦のお悩み解決コラム

あなたは異性にモテたいと思っていますか? パートナーはどうでしょうか。いつまでも異性として魅力的であってほしいとは思うけれど、相手が「まだまだモテたい」と思っていたら……心中穏やかではいられないですよね。

アンケート調査では、女性よりも男性のほうが結婚後も異性にモテたいと考えているそうです。「なんでわたし(妻)がいるのにモテたいの?」そんな疑問について考えてみました。

 

1. 40代既婚男性は「モテたがり」?

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントがインターネットで30~59歳までの男女3,395人を対象に行った調査の中で、「いくつになってもモテたいと思いますか?」という質問への回答は、男女別で以下の結果になりました。

男性は夫になっても「モテたい」…その理由とは

男性は夫になっても「モテたい」…その理由とは

「いくつになっても」とはつくものの、女性は未婚者のほうが「モテたい」と考えている割合が高く、年齢に応じて右肩下がりになるのに対し、男性は既婚者のほうがモテたいようなんです。

とくに30代〜40代の既婚男性は「モテたい」が半数をこえており、もっとも多いのは40代の既婚男性。65%にも登っています。結婚しているのにモテたいとは、いったいどういうことなのでしょうか。

 

2. どうして40代男性はモテたいのか

なぜ40代既婚男性は「モテたい」願望が高いのでしょうか。アンケートサイト「ミルトーク」にて意見を集めてみたところ、以下のような声が挙がりました。

  • 妻に飽きてきた
  • 気持ちや仕事に余裕が出て、収入も増えてくるから
  • 子どもも大きくなり心に余裕も出てくるから
  • 50歳前にがんばりたいと思ってしまう
  • 家庭で居場所がない

「飽きてきたから」という声がちらほら……。結婚が早ければ早いほど、新鮮さは確かに失われていくもの。子どもが成長して手を離れる頃ということもあり、家庭の外に目を向ける余裕が出てきてしまうのかもしれません。

家庭ごとにお金の必要な時期は異なりますが、若い頃より収入が上がって金銭的にも余裕が出てくる頃ですね。また、妻が育児にかかりきりであったり、妻子から邪険に扱われて外に安息の地を求めたくなる人もいるよう。

もしかすると、どれかひとつではなくこれらの理由が少しずつ重なって、「モテたい」願望が募るのかもしれません。

会社に入ってくる若い子たちと話している中で「まだまだイケる」と思ったり、結婚後にモテはじめて「あれ、なんだかモテてる?」とその気になってみたり。そうした出来事や家庭環境が、余裕が出てきた40代男性のモテたい心に火をつけるのかもしれませんね。

「モテたい」気持ちをポジティブに活かして、いつまでもカッコいいパパ・夫でいてくれれば良いのですが、くれぐれも道は踏み外しさないでほしいもの。そのためには妻側も夫の心を離さない努力を怠らないようにしましょう!

参考:
プレスリリース「結婚しててもモテたい40代既婚男性 モテたいオヤジが消費を動かす!?」
ミルトークアンケート結果

\保険相談の体験で必ずもらえる特選ギフト!/

この記事をSNSでシェア