離婚とどう違う? 妻が「卒婚」を選ぶ理由と夫の意見

夫婦のお悩み解決コラム

熟年離婚ではなく「卒婚」を選択する夫婦が増えてきているといいます。

そもそも卒婚とはどのようなものなのでしょうか。離婚とどう違うのでしょうか。また、なぜ卒婚が選ばれるか……。

今回はそんな「卒婚」についてご紹介します。

 

1. 卒婚とはなにか? 離婚との違い

2004年にフリーライターの杉山由美子さんが書いた、『卒婚のススメ』という本をきっかけに話題となった「卒婚」という夫婦の形。「結婚を卒業する」という意味の造語ですが、いったい離婚とどういった違いがあるのでしょうか。

そもそも離婚とは、「婚姻関係を解消」するものですよね。卒婚とは、関係性としては婚姻関係を続けたままで「夫婦生活を解消」し、お互い自由に生きていくものだそうです。卒婚のスタイルは夫婦それぞれ異なり、別居や同居は問わないんだとか。

株式会社かんでんCSフォーラムが40代以上の既婚女性を対象に行った調査によると、約3人に1人の割合で「卒婚をやってみたい」と答えたそうです。意外と多くの女性が卒婚に興味がある様子。

卒婚のメリットとは、「離婚という煩わしい手続きをしないで、夫婦それぞれが自由に生きられる」というところにあります。

調査対象が40代以上ということで、これまでの夫婦生活で自由時間が少ない女性が多かったのかもしれません。子育てが終わり自分の時間が欲しくなる世代です。また、離婚とまではいかなくても、現在の夫婦スタイルに疑問を抱いているかたもいるのかも。

2.卒婚のデメリット

生活費

卒婚は確かに、婚姻関係を解消せずにその後の人生を自由に生きることができる新しい形です。しかし、互いの独立を目的とした卒婚では生活費をどちらかに払ってもらうとなると趣旨からずれてしまいます。

一般的に共働きの夫婦であればそれぞれが生活費を払うという形式を取っています。しかし年配の妻の多くは長期間仕事をしている人が少ないです。そのため、夫に生活費をもらうもしくは離婚時に行う財産分与と同額の折半を行うという夫婦もあるようです。

浮気・不倫

婚姻関係は続いているものの卒婚という形をとる特殊な選択のため、浮気・不倫はグレーゾーンに位置しています。

ただし、あくまで婚姻関係が続いているため離婚や慰謝料請求の可能性があります。そのため浮気・不倫はしない方が安全と言えます。

 

3. 男性は「卒婚」についてどう思う?

離婚するほどではないけれど、結婚に対して不満があるかたが選択するのが「卒婚」なのかもしれません。やはり離婚となれば、子どもにも負担をかけますし、なにかあったときに後悔することも。卒婚だと法律上は夫婦関係のため、それがいざというときの精神的な支えにもなりそうですね。

それでは男性は、卒婚についてどう考えているのでしょうか。筆者の知人の既婚男性数名に卒婚について説明した上で、どう思うか聞いてみました。

  • 俺が結婚した理由は、お互いに協力して生きていきたいから。卒婚は相手よりも自分の生きかたを尊重するってことでしょ。俺はそう思った時点で離婚したい。中途半端な関係よりそのほうが楽そう。(20代男性)
  • 働いてるうちはいいかもしれないけど、働けなくなったときにお金や生活の問題がでてきそう。でも、困ったときは卒婚を解消してまた夫婦生活に戻ればいいのか。離婚してないわけだし、手続きもいらないし。そんな関係があってもいいかもしれない。(30代男性)
  • 今まで夫婦でやってきたことをひとりでするわけだから、今までよりも自由に使える時間と金が少なくなりそう。卒婚するのは、それなりの覚悟が要りそう。(30代男性)

意見はもらったものの、皆さん卒婚に対してあまり興味がない様子でした。「支え合ってこそ夫婦」という考えが多く、卒婚後の生活が大変そう……というのが正直な感想のようです。

 

4. 「自分らしい生きかた」を求めるには

男性が重視する「協力」や「支え合い」ですが、もしかしたらそれが女性にとって「夫婦のため」「家族のため」というしがらみになり、夢や自由な時間を諦める要因になっているのかも。それを取り戻すには、「卒婚」がうってつけというわけですね。

離婚も以前に比べると随分ポピュラーになりました。家族や友人に再出発を誓い、結婚指輪を破壊する「離婚式」も近年、話題です。

「結婚だけが幸せではなく、自分らしい生きかたを追求することが幸せである」という考えかたが浸透し、「別れ」がネガティブでなくポジティブになる時代なのかもしれません。

しかし、かといって卒婚や離婚を経ないと自分らしく生きられないわけではないですよね。結婚生活を営んだままでも個人の時間を尊重し、お互いに依存しすぎないことでそれは可能なのではないでしょうか。

例えば依存することで、「妻(夫)がいないとダメかも」と、すべての行動に消極的になる可能性があります。お互い自立して自分のためだけの時間を作り、さまざまなことに挑戦することで自信がつき、より自分らしい生きかたを目指せたら、それは素敵なことだと思いませんか?

 

浸透しつつある「卒婚」という夫婦の形。離婚とは違って気軽に、独身のような生活を試せるのも魅力のひとつですね。ただし卒婚することで、生活費やこれまでとは異なる生活パターンなど新たな問題が浮上することもあります。

夫婦関係を終わらせずに自分らしく生きることができるように、今一度「夫婦のあり方」を再確認してみてもいいかもしれません。不満を解消して、お互いに納得のいく生活ができますように。

 

参考:
「卒婚」ってなに? 離婚じゃない、新しい夫婦のかたち
「卒婚」に関する調査結果

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア