共働き家庭の洗濯は大変! いつ、どう干すのが良いの?

夫婦のお悩み解決コラム

毎日出る洗濯物。忙しくて放っておいたら、いつの間にか山積みになっていた……なんてことも少なくありません。そうしていると、シャツや靴下が足りなくなって朝から買うはめになったりするので、なるべくこまめに洗いたいものです。

でも、共働き夫婦の朝は大忙しで、なかなか洗濯に時間を費やせませんよね。時間が取りやすい夜というのも、洗濯物が乾くのかが気になるところ。そこで今回は、共働き家庭の洗濯のタイミングや干しかたについてご紹介します。

 

洗濯のタイミングと頻度

洗濯は朝or夜、どっちにする?

洗濯は「朝にする」というイメージがあります。朝一番に洗濯機を回して、その間に朝の家事を済ませて、洗濯物を干す……という流れが理想的。ただ、朝は特に「干す時間」を捻出するのが困難ですよね。

さらに、朝干すことができても取り込むころには夜。せっかくの洗濯物が湿っていたり、昼間に雨が降って洗濯物がびしょ濡れになっていたということもあります。

朝が無理なら夜しか時間がとれませんが、太陽の出ていない夜に洗濯物を干すことに。ただ、夜の洗濯はいくつか問題点があります。

  • 洗濯機の音が気になる
  • 近所の目が気になる
  • 夜は夜で忙しい
  • 乾きにくい

これらがクリアできれば、夜の洗濯も良いかもしれませんね。

洗濯の頻度はみんなどれくらい?

それでは洗濯の頻度は、他の共働き家庭ではどのくらいなのでしょうか。周りの共働き夫婦に聞いてみました。

  • 共働き夫婦2人暮らし
    洗濯物が溜まってきたら。忙しい日は土日にまとめる。
  • 夫の母・夫・妻の3人家族(全員働いている)
    火・木・土・日の週に4回。シーツなど大きいものは休日に。
  • 夫・妻・1歳・3歳の共働き4人家族
    1日1~2回で毎日。衛生面で気になるのと、汚れものが多いため。

他数名にも聞きましたが、家族の人数が増えるにつれて洗濯の頻度も多くなる様子。また、子どもが大きくなればなるほど、1日の洗濯回数も増えるのだとか。汚れた洗濯を溜めこんでおくと、雑菌が繁殖したり臭いがとれなくなったりするようです。

 

洗濯物はどう干す?

共働きで昼間干すことができない場合、どうするのが良いのでしょうか。

夜に干す

夜は日光がなくても風があるので、部屋に干すよりは乾きそうです。夜は交通量も少ないので、排気ガスで洗濯物が汚れる可能性も少なそうですね。ただ、やはり生乾きになる可能性があるのと、虫がいる地域では卵を産み付けられる恐れがあります。筆者の友人も被害にあったそうです。

部屋に干す

部屋干しは天候等を気にしなくて良いですし、排気ガスや花粉の付着、日光による色褪せの心配もありません。ただし、干す場所の確保が必要不可欠。また洗濯物が乾くのに時間がかかり、生乾きのにおいに悩まされることも。

乾燥機で干す

分類等に手間がかかりますが、干す手間と取り込む手間が省けます。明日までに洗濯物を乾かさないといけないという緊急事態にも対応できますが、服が傷んだりしわができやすくなったり、電気代がかかるなどのデメリットも。

浴室乾燥機で干す

洗濯物の量にもよりますが、4時間程度で乾かすことができます。夜寝ている間に乾かしてくれるので良いですね。電気代がかかるので、干す手間や取り込む手間を考えると、毎日使うのは大変かもしれません。

 

その他の方法

乾燥機付き洗濯機を購入する

「夜に干す」「部屋に干す」というのには、「生乾き」の悩みがつきもの。においが気になりますし、仕上がりがふっく

らしませんよね。その場合は、乾燥機付きの洗濯機を導入するのもありかもしれません。干す手間と取り込む手間なく、スイッチひとつで洗濯と乾燥をしてくれるので、共働き家庭の心強い味方になってくれますよ。

乾燥機付き洗濯機の選びかたのポイントはさまざまありますが、中でも「静かなタイプ」を選ぶのがおすすめ。それなりの値段はしますが、最近の洗濯機はだいぶ静かになりました。実際に店舗で音を確認して、夜でも気兼ねなく稼働できるものを選ぶと良いですね。

コインランドリーを使う

夜中に洗濯を回せない、生乾きに困っている、乾燥機付き洗濯機を買う余裕や置く場所がないというかたは、乾燥機もあるコインランドリーを使うというのもひとつの手です。洗濯だけ・乾燥だけ・洗濯と乾燥の両方など選択肢も幅広いですし、容量も大きいため数日分の洗濯物を入れることが可能。

コインランドリーの乾燥機は家にあるものより短時間で乾かすことができ、仕上がりも非常にふわふわになります。また、仕上がり時間まで買い物や読書をするなど、待つ時間を有効活用することもできますよ。

 

共働き家庭の家事として悩みがちな洗濯問題。家族人数によって洗濯物の量や負担も変わりますが、それに合わせて洗濯方法や時間、干しかたを考えてみて、ご家族にぴったりの方法が見つかると良いですね。

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア