共働き夫婦でも家事の負担は「妻」? うまくいく家事分担のコツ

夫婦のお悩み解決コラム

共働き夫婦が揉める原因のひとつ、家事分担。お互いが不満なく分担することは、なかなか難しいものですよね。

実際、共働きの夫は専業に比べて積極的に家事に参加しているのでしょうか。夫婦の働きかたによる家事分担の割合や、家事をうまく分担するコツについてお話します。

 

家事の負担は妻に偏っている

「家事分担」と聞いて、多くの人がイメージする分担方法は、家事ごとに役割を決めることではないでしょうか。

ゼクシィが191人の新婚夫婦を対象に行った調査でも、実際に家事分担を項目で行っている夫婦が多いそう。また、分担になった経緯は「自然とそうなった」が約8割を占めています。

家事項目ごとに、夫と妻どちらが主な担当になっているのかを調べた結果、夫が妻よりも担っている割合が多い家事は、以下のとおり。

ゴミ出し

  • 夫61%
  • 妻25%
  • 両方12%

家具家電の修理や検討

  • 夫59%
  • 妻9%
  • 両方31%

反面、毎日の家事の中で「頻度が高く時間がかかるもの」に関しては、ほとんど妻が担っている様子。

炊事

  • 夫6%
  • 妻86%
  • 両方7%

掃除

  • 夫10%
  • 妻73%
  • 両方17%

洗濯

  • 夫12%
  • 妻67%
  • 両方20%

上記は共働きと専業が合わさった数字ですが、この「夫の担っている家事」と「両方が担っている家事」の合算を夫婦の働きかた別に見てみると、以下のとおりになります。

専業と比べて分担の割合は増えるものの、トイレ掃除・洗濯・掃除・食材などの買い物・炊事といった頻度が多く発生する家事は、やはり妻に偏りがちです。

これでは、家事分担に不満を持つ妻がいても仕方がないのではないでしょうか。

 

共働き夫婦が家事をうまく分担するには?

共働きでも、つい妻に偏りがちになってしまう家事分担。夫婦喧嘩の原因にもなってしまう分担をうまく決めるにはどうしたら良いのでしょうか。

得意不得意で分担を決める

家事分担を簡単に進める方法のひとつが、夫婦それぞれの得意不得意で決めること。得意な家事や好きな家事は、イヤイヤやらないで済むので効率が良くなります。得意・好きな家事が夫婦で異なるなら、平和的に分担が進められそうですね。

夫婦によってはあえて担当を決めずに、好きな家事をこなすというパターンがうまくいく場合もあります。お互いが気づいたときに動けるタイプであれば、こうした方法も良いでしょう。

家事の分担表を作ってみる

口約束を防止し一目瞭然にするために、家事の分担表を作ってみてもいいでしょう。注意したいのは、夫と妻で家事に対する認識が異なるケースがあるということ。

たとえば「炊事」。妻は「料理のついでに減っている調味料を足しておく」「後片付けがしやすいように考えながら調理をする」という項目も含んで考えていることに対し、夫側は「料理する」だけになっていることも多いです。

こうしたこまごました家事は、「名もなき家事」として話題にもなっています。分担表を作る場合は、夫婦で認識を揃えていくことも大切です。

名もなき家事がチェックできるアプリもご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

> アプリで名もなき家事が一目瞭然! 夫婦のリアルな感想

1日のタイムスケジュールを作ってみる

食事後、シンクに食器が放置されたままなのに、食器洗い担当のはずの夫はスマホでゲームばかり。不満に思いながら結局妻がやってしまう。ただ、夫は実はあとでやろうと思っていた……なんていうことも、お互いの意思疎通ができていないと起こりがちです。

時間割のようにギチギチしたものでなくていいので、夫婦がそれぞれタイムスケジュールを組んで開示しておくこともひとつの方法ではないでしょうか。

ただし、スケジュールはあくまでも目安。ルールに縛られすぎて夫婦間がギスギスしてしまわないようにしてくださいね。

便利家電に頼ってみる

お互いが仕事で忙しいのなら、便利家電を取り入れてみることもおすすめです。また、時間だけではなく、お互い苦手であったりやりたくない家事があれば、家電で代用しても良いかもしれません。

食洗機やお掃除ロボット、ドラム式洗濯機など、便利なものがたくさんあります。

> 賃貸OK! 据え置き型食洗機を比較して我が家の一台を選ぼう

> どれがいいの? ロボット掃除機を徹底比較

家事をアウトソーシングしてみる

もっと家事負担を軽くしたい! という共働き夫婦は、家事のアウトソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。

家に来て掃除や洗濯、作り置きおかずを作ってくれる家事代行サービスのほか、ごはんを宅配してくれる宅食サービスなど、現在では多種多様なサービスが利用できます。

> 家事代行サービス初心者向けに代表的な3社を比較してみた

> 忙しいときに利用したい! 食事宅配サービス3つを比較

 

家事分担においてもっとも不満が溜まる原因は、「やってもらって当然」という態度を相手にとられている、と家事を主に担っている側が感じてしまうことではないでしょうか。

ゼクシィの調査データには、「わたしの方が家事はやっているけれど、いつも“ありがとう”を言ってくれるから不満はない」というコメントも。「ありがとう」の一言があるだけで、「やってもらって当たり前だとは思ってないよ」という気持ちを伝えることができますよ。

お互いに「いつもありがとう」の気持ちを忘れずに、助け合って生活していきたいですね。

参考:
ゼクシィ カップルのホンネ通信

\保険相談の体験で必ずもらえる特選ギフト!/

この記事をSNSでシェア