子どもの夏休み、共働き家庭はどうしてる? 夏休みの過ごしかた

夫婦のお悩み解決コラム

子どもにとって楽しみな「夏休み」。ただ、共働き家庭にとっては頭を悩ませる問題のひとつでもあります。保育園は夏休み関係なく預かってくれますが、幼稚園は夏休みがあります。まだ小さな子どもをひとりにするわけにはいきませんよね。

小学生になると学童があり、夏休み中も預かってくれるケースが多いのですが、高学年になると学童がなくなってしまう小学校もあります。そのときのお昼ごはんや、日中は何をして過ごしているのかなど、気がかりなことが。

そこで今回は共働き家庭の子どもの夏休みについて、みんなはどうしているのか、どのようなことをさせればよいのかについてご紹介します。

 

子どもが夏休みのとき、みんなどうしてる?

1ヶ月以上ある夏休み。しかし親は1ヶ月以上も休むことなんてできませんよね。幼稚園児や小学校低学年など、子どもが小さい間はひとりにさせることはできません。それではいったいみんなはどうしているのでしょうか。

子どものお昼ごはん

まず気がかりなのが子どものお昼ごはん。幼稚園児の場合は預かり保育、小学校低学年の子どもなら学童保育で、お弁当を用意することと思います。それでは学童保育のない小学校高学年の子どものお昼ご飯はどうすればよいのでしょうか。

  • チャーハンや焼きそばなど大皿料理
  • パン類
  • 手作りのお弁当
  • たまにはレトルトや冷凍食品

以上をローテーションすると良いですよ。土日に作っておいて冷凍しておくのもおすすめ。夏休みの場合は食中毒などが怖いので、常温ではなく冷蔵庫に入れてくださいね。電子レンジの使いかたを教えるのも忘れずに。

児童館や学童保育に行かせる

やはり大人のいる児童館や学童保育が安心ですよね。小学校の学童保育の場合は、朝から夕方まで見てくれるところが多いので安心です。宿題をする時間やプールの時間を設けてくれるところもあるので、家で留守番するよりスケジュール管理もしっかりしそうです。

ただ、夏休みは人気なので、早めに申し込まないと定員がオーバーしてしまう可能性も。

親戚の家に預ける

夏休みの期間だけ、専業主婦の親戚や祖父母の家に預けるのもありです。慣れない環境に戸惑ったり、逆にちょっとした冒険みたいでわくわくしたりと、お子さんによって反応も異なるでしょう。

1ヶ月以上預けるとなると、その家の負担や食費や光熱費等の出費も大きなものとなります。お礼はきちんとして、相手が困っているときは助けになるようにしてくださいね。

夏季教室などの塾

学童保育がなくなる小学4年生あたりから、中学受験を意識するかたも多いのではないでしょうか。夏休みを利用して勉強をさせるとメリハリが出ていいかも。

その場合、「友達は遊んでいるのに」といった不満を持ちやすくなってしまうので、なるべく子どもが興味の持てる分野の勉強や、家から近い距離の塾を探しましょう。

習い事に行かせる

習い事に挑戦するのもおすすめです。英会話や水泳教室など、夏休みの間だけ開講しているものがあるので、これを機に子どもの伸ばしたい分野を学ばせてみましょう。

ただ、数日など短期のものが多いです。低学年の場合は送り迎えなど気をつけてくださいね。

キャンプや合宿などの課外体験

2~3泊や、1ヶ月ほどのものなど、さまざまなプログラムがあるサマーキャンプもおすすめです。早寝早起きなど規則正しい生活が身につきますし、家でごろごろしがちな夏休みに、集団生活や自立心などを育てることができます。

野外ならではの遊びや料理、学習もできます。お友達も増えそうですね。大人が指導してくれるので安心です。

子どもだけでお留守番

小学校低学年の子どもひとりでは心配なことだらけなので、なるべく避けるようにしましょう。やむを得ない場合は、しっかりルールを教えて、短時間の留守番から練習させること。

  • 来客や電話には出ない
  • 火の取り扱いをしない
  • 緊急時は母か父に電話をする

また高学年になったら、日中の過ごしかたや友達とのかかわりかた、戸締りなどのルールを作って、守らせるようにしてくださいね。

大人にだって夏休みはある

夏季休暇や連続休暇を取得することで、大人も夏休みを満喫することができます。夏は花火やお祭り、海やプール、キャンプやバーベキューなどイベントも盛りだくさん。虫取りや魚釣りなど自然との触れ合いにもぴったり。

ぜひお子さんの夏休みに、素敵な思い出を作るようにしてあげてくださいね。もちろん、夏休みの宿題の管理などもチェックしてください。

 

子どもにとって夏休みとは、かけがえのないもの。共働きだから……と諦めがちですが、夏休みだからこそできる体験はたくさんあり、共働きでも経験させることは可能です。学童保育で過ごす時間や、塾や習い事で学んだこと、サマーキャンプで楽しく過ごしたことや、留守で自由気ままにすごしたこと。どれも夏休みならではの体験です。

今回ご紹介したものどれかをやるのではなく、上手に組み合わせるなどして、子どもにとって有意義な夏休みが過ごせるように応援してあげてくださいね。また、夏休みによる火事や事故を防ぐためにも、ルールを決めて守らせるようにしましょう。

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア