平均額は○万円!?  共働き夫婦のお小遣い事情

夫婦のお悩み解決コラム

2つの収入がある共働き夫婦。自分で稼いだお金は、自分の好きに使いたいものですよね。しかし家庭を築いているため、ある程度の貯金ややりくりは必要。それではいったい、いくらくらいのお小遣額にすればよいのでしょうか。

1万円? 3万円? それとも5万円?

共働き夫婦のお小遣いのやりかたや平均額など、共働き夫婦のお小遣い事情についてご紹介します。

 

お小遣いはどう捻出する?

家計管理のやりかたによって、お小遣いの捻出方法も変わってくると思います。まだお子さんがいない夫婦は、財布を一緒にしていないというかたも多いのではないでしょうか。

そういったように、「財布を一緒にしないパターン」と、「財布を一緒にして小遣い制にしているパターン」の2つに分けて、それぞれのやりかたをご紹介します。

夫婦で財布を分ける場合

生活費を共通の口座に入れて、残りが全て小遣いのパターン。夫と妻それぞれの収入を分けてやりくりする方法です。

お財布の中身は自分のお金なので、ちょっとしたものも気兼ねなく買えます。自由にお金が使えるとなると、生活していく中でのストレスも少なそうですね。

ただし、相手が何をどのくらい購入しているかわからない・相手の支出を知ることができないデメリットがあります。また、計画的に使わない限り貯蓄も難しいでしょう。

お小遣い制の場合

2人の給与を家計用口座に入れて、そこから小遣いを捻出するパターン。夫と妻それぞれの収入をまとめてやりくりする方法。

お財布の中身は自分だけのお金ではないので、決められた額の中から計画的に使っていく必要があります。自分と相手の使える金額がすぐにわかるので、貯蓄計画も立てやすいですね。

ただし、「自分で稼いだお金を自由に使えない」といった不満が出やすくなります。

 

お小遣いはいくら?

いよいよ具体的なお小遣い金額の話。SUUMOジャーナルがフルタイムの共働き夫婦300人に調査したところ、お小遣いの平均金額は以下のとおりになったそうです。

  • 夫:4万795円
  • 妻:3万8776円

夫のほうが妻よりも2000円ほど高いという結果に。女性はなにかと化粧品や美容費にお金がかかってしまうイメージがあったので、男性の方が高いという結果が意外でした。もしかしたら男性は、飲み会代などの交際費が多く掛かってしまうのかもしれませんね。

お小遣いの割合の決めかた

人それぞれ所得も異なるので、「平均金額をお小遣いに」ということもできませんよね。夫と妻だけでも数万単位異なることもあります。ということはやはり「所得の内の何割を小遣いにするのか」というふうにすれば、平等なのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーのかたの記事によると、夫婦の小遣いの合計は、家計収入の合計額の1割が妥当なのだそうです。

例えば世帯月収が40万円だとすると、お小遣い額は4万円。夫2万円・妻2万円ときっちり分けるのか、収入の多いほうが3万円・少ないほうが1万円と分けるのがよいのか、相談が必要ですね。

 

お小遣いの使い道

気になるお小遣いの使い道ですが、他の共働き夫婦はどのようなことに使っているのでしょうか。SUUMOジャーナルがフルタイムの共働き夫婦300人に調査した、お小遣いの使い道ランキングをご紹介します。

1位:趣味(30.7%)
2位:平日のランチ代(17.7%)
3位:同僚や仕事関係の交際費(14.0%)
4位:友人との交際費(12.3%)
5位:お小遣いはない(7.7%)
6位:書籍・雑誌(6.0%)
7位:洋服・靴などの服飾費(3.7%)
8位:電話代や通信費(3.0%)
9位:パチンコや競馬などのギャンブル(1.7%)
10位:習い事(0.3%)
11位:その他(3.0%)
 
引用元:共働き夫婦300人の家計管理とお小遣い、どうなってる?

やはり毎日仕事が頑張れるのは、「趣味」の時間が充実しているからこそなのかもしれませんね。ただ、お金のかかる趣味を持つ人にとっては、限られたお小遣いの中でやりくりするのは大変。お小遣いをこつこつ貯めて、大きいものを買う、と言う人も中にはいるでしょう

2位には平日のランチ代。生きるために必要な食費でもありますが、ここを手作りのお弁当や数百円のパンやおにぎりで済ます人、1,000円近く掛けてでも好きなものを食べたい人などで分かれそうです。

 

不公平感なく貯蓄していくために

そもそもなぜお小遣い制にしているのかというと、「将来の貯蓄のため」ですよね。特にこれから子どもがほしいという夫婦は、共働きでも「産前産後で女性が稼げない期間ができる」ということを念頭に置いて、その間の生活費や教育費などを貯めておく必要があります。

家計の管理をする中で生活費を切り詰めていくよりは、お小遣いを一定額に決めておいてやりくりをしていくほうが、結果的に生活しやすくなるのかもしれません。

ただし、「あんなに頑張って働いてお小遣いがこれだけ……」や「私は仕事も家事もしているのに、夫よりお小遣いが少ないなんて」といった不公平感は、夫婦の不仲にもつながりやすくなってしまいます。

「月収の1割をお小遣いに」というのは基本的な枠組みとして、定期的な見直しをしたり、不公平感を持っているほうに自分のお小遣いから捻出してプレゼントをあげたりなど、不公平感を持たないように楽しく貯金できるとよいですね。

さらに目標貯金額を立てれば、よりやりくりを頑張れるかもしれませんし、頑張りが報われた達成感を得ることもできますよ。

 

出典
共働き夫婦300人の家計管理とお小遣い、どうなってる?
収入の1割めど 夫婦「小遣い制」でお金ためるコツ

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア