セックスレスっていつから?  セックスレスが起きやすい時期

夫婦のお悩み解決コラム

夫婦の愛情を確かめるコミュニケーションのひとつ、夜の夫婦生活。ただ、結婚する前や当初は頻繁にしていたのに、結婚生活を送っていく中で徐々にその頻度が減ってしまったかたもいるのではないでしょうか。気がつけばセックスレスになっていた……なんてことも。

また、何かのきっかけでセックスレスになってしまうこともあります。特に産後すぐはセックスレスになりやすいとよく耳にしますよね。今回はそんな夫婦のセックスレスについて、その期間や定義、なりやすいきっかけやタイミングについてご紹介します。

セックスレスの期間と定義とは?

セックスレスの定義は、日本性科学会によると「特別な事情がないにも関わらず1ヶ月以上、性の営みをもたなかった場合」だそうです。ポイントなのが、「特別な事情がない」ということ。単身赴任や病気といった事情がないのに、月に1度も夜の夫婦生活をしないと、それはセックスレスなんです。

また、「ジェクス・ジャパン・セックス・サーベイ」のデータによると、「月に1度もしていない」という定義に当てはまるセックスレス夫婦は約3割。さらに、「年に1度もしていない」夫婦は、1割程度存在しているようです。詳しくはこちらをご覧ください。

次に、セックスレスの期間ごとの夫婦2人の状態について考えてみましょう。

1ヶ月

セックスレス1ヶ月目の夫婦のきっかけは、仕事などでタイミングがつかめなかったことが考えられます。まだ1ヶ月なので、いくらでも挽回できるチャンスがあります。

3ヶ月

セックスレス3ヶ月目の夫婦は、1ヶ月目のようにたまたまできなかったではなく、レス期間に突入していることが考えられます。またきっかけとして、「疲れている」「今日は気分じゃない」などで断った、断られたこともあるかも。

ただ、一度でも断られると「また断られるかも」と誘う勇気がなくなりますし、断ったほうも言いだしにくくなっている可能性があります。

3ヶ月というのは、まだ前回の夜の営みを覚えている期間でもあります。以前のような状態に戻りやすいので、勇気を出してアクションをすると解消するかも。

半年

半年をすぎると、欲求や寂しい気持ちも強くなっているのではないでしょうか。しかし誘うにしても今更な気がして、ずるずると月日が経過していく恐れがあります。お泊まりデートなど、いつもと違う雰囲気づくりをする努力が必要かもしれません。

一年以上

もはや夜の営みがないことが「当たり前」となっている可能性があります。セックスレス以前は普通にしていた夫婦がこれほどの期間が開いてしまうのは、どちらかに何かの事情があるのかと不安になります。どうしてこれほどまでにセックスレスとなってしまったのか自分なりに考えたり、夫婦で話し合いをしたほうが良さそうです。

 

どのタイミングでセックレスになりやすい?

結婚生活を続ける中でさまざまなイベントが起きると思いますが、セックスレスになりやすいタイミングは以下のとおり。

産後をきっかけに

出産後は女性のホルモンバランスが乱れ、精神的に不安定になりやすい時期。さらに子育てに追われて疲れがたまり、夜の営みどころじゃなくなっているかたも多いでしょう。

仕事が忙しくなっている

仕事で肉体的・精神的に疲れていると性欲が湧かないことも。とくに家の中でも仕事のことを考えないといけないほど忙しいと、夜の営みをする余裕はないかもしれません。

趣味にのめり込んでいる

趣味に没頭していると、毎日充実した気分で過ごすことができます。趣味のことで頭がいっぱいで満たされているので、夜の営みは後回しになってしまっているのかも。

家族(肉親)のように思える

子育てをしていたり、結婚年数が長くなるとパートナーを「家族」と思うようになってしまう可能性も。夜の営みをしなくてもいいほどの絆があると思っていたり、家族とセックスはできないと思ってしまうのかもしれません。

セックスレスによるきっかけやタイミングは人それぞれ。まずは自分たち夫婦がどの期間セックスレスなのかを数えて、なぜそうなったのか原因を探ってみましょう。

原因がわかったのなら、それに合わせた対策が必要となってきます。セックスレスの期間が長いと、その分話し合うことも難しくなってくるので、すぐに行動に移してくださいね。メオトークの「【セックスレス解消】7つの原因から考えるセックスレス解消法」という記事に、原因ごとの解消法が紹介してあります。

ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。よりよい夫婦生活が送れますように。

参考:
「【ジェクス】ジャパン・セックス・サーベイ」結果の概要

\保険相談の体験で必ずもらえる特選ギフト!/

この記事をSNSでシェア