母子手帳っていつもらえるの? 交付方法から紛失後の再発行手続きを解説

夫婦のお悩み解決コラム

妊娠がわかったとき、市区町村から「母子健康手帳(母子手帳)」が交付されます。ママの妊娠から出産の記録、さらに子どもの予防接種などの記録になくてはならないものですが、いつもらえるのか、どうやって受け取ればいいのか気になりますよね。

今回はそんな母子手帳について、どんなときに必要になるのか、また交付されてからどのように使ったらいいのか、なくした場合はどう対処すればいいのかなどについてご紹介します。

母子手帳とは?

母子手帳は、「妊娠期から産後まで」・「新生児期から乳幼児期まで」一貫して、医療関係者や保護者が記載・参照できるよう工夫された、非常に優れた母子保健のツールです。

内容としては、妊娠中の経過・乳幼児期の健康診査の記録・予防接種の記録・乳幼児身体発育曲線など。また、市区町村によって特色はありますが、日常生活上の注意・子育て上の注意・健康管理・妊産婦や乳幼児の栄養の摂取方法・予防接種に関する情報なども記載されています。

記載内容について詳しくは、厚生労働省の「母子健康手帳について」をご覧ください。

母子手帳の歴史

母子手帳は、戦後の日本で作られました。戦後、栄養失調や感染症などで亡くなっていく子どもたちが多かったことから、「母子手帳」を作り健康状態を記録するようになったのだとか。また母子手帳を持参することで、優先的に配給をもらえたそうです。

それから時代や制度も変わり、現在の母子手帳の形となりました。

母子手帳が必要な理由

母子手帳はママの妊娠中の状態から出産時の状態、子どもの出生時の状態から定期的な健康診断、予防接種などを記録しておくために必要なもの。

他にも出産や育児の情報が書いてあったり、子どもの成長(はいはいやつかまり立ちした時期)をメモできたりと便利なページもあります。

 

母子手帳が必要になるタイミング

それでは、母子手帳はどのようなときに使うのでしょうか。

妊娠中に出先で倒れたとき

急に出先で気分が悪くなって近くの病院に行くなど、かかりつけでない医師に診察してもらうとき、母子手帳に今までの妊婦健診の記録が書かれているため、診察もスムーズにいきます。

妊婦健診、乳幼児健診、歯科健診、予防接種、保健指導

妊娠中やお子さんが小学校入学前などの健診の際には、結果を母子手帳に記録するため提出を求められます。

予防接種

義務となっている定期接種や任意の予防接種などを受けるとき、予防接種の欄に日付と医者の署名をするため、提出を求められます。

入園・入学の書類記入のとき

保育園・幼稚園・小学校などの入園・入学書類を書くときに、予防接種を受けた種類と日付を書く必要があるため、母子手帳が必須となります。

また保育園や幼稚園の入園書類を書くとき、生後何ヶ月で歩き始めた・しゃべりはじめた、など発達の時期を書く場合があるので、母子手帳にメモをしていると便利です。

 

母子手帳はいつもらえるもの?

産婦人科などの健診の際に、医師から「そろそろ母子手帳をもらってきてください」と言われてから交付を受けるのが一般的です。個人差はあると思いますが、おおむね妊娠10週目前後あたりでしょうか。

母子手帳の交付方法

各自治体によって異なりますが、「妊娠届出書」をお住まいの自治体の保健センターなどに提出することで、母子手帳を交付してもらえます。

自治体によっては母子手帳の交付と同時に、妊娠子育てについての相談を受け付けていたり、妊婦面接を必須にしていたりするので、「〇〇市 母子手帳」などでお住まいの自治体ではどうかをあらかじめ調べておいてくださいね。

交付場所

住民登録をしている市区町村の役所や保健センターなどの窓口で申請できます。自治体によって窓口・手続き方法・受付時間が異なるため、市区町村の公式サイトで事前に確認しておきましょう。

だいたいは平日の午前8時30分から午後5時くらいのところが多いようです。

交付の際に必要なもの

  • マイナンバーが確認できる書類
  • 本人確認ができる書類

上記は一例です。自治体によっては必要なものがない場合や、逆に印鑑が必要なところもあるので要確認。

代理で交付を受けることは可能?

可能な自治体が多いのですが、必要なものや用意しておくものが異なるため、必ず電話や公式サイトで確認してください。また、代理で交付を受ける場合は以下のものを用意する必要があります(一例)。

  • 代理人の本人確認書類
  • 妊婦のかたのマイナンバーが確認できる書類
  • 委任状

また、妊娠届出書に、「妊娠週数」・「出産予定日」・「医療機関名(住所・医師の名前)」などを書くため、あらかじめ代理人に伝えておきましょう。

引っ越しした場合はどうする?

転居先でも、母子手帳は転居前のものがそのまま使えるので心配はいりません。母子手帳の中に書いてある「住所」や「電話番号」は新しいものに書き換えておきましょう。

ただ、母子手帳と一緒に交付される「妊婦・乳児健康診査受診票(妊婦健診の補助券)」は、転居先で使用できない恐れがあるので、転居先の保健センターなどに持って行き、交換してください。

母子手帳以外にもらえるもの

自治体によって異なりますが、おおよそ以下のものを受け取ることができます。

  • マタニティマーク(マタニティホルダー・マタニティガード)
  • 妊娠生活や育児に関するハンドブック
  • 自治体で行っている子育て事業のお知らせ(両親学級など)
  • 妊婦健康診査受診券

「妊婦健康診査受診券」は、妊娠中の健診を一部助成できる補助券です。妊婦健診は約14回行いますが、どれも保険適用外となります。そのため受診料が高額になるのですが、「妊婦健康診査受診券」を使うことで、妊婦健診が無料もしくは安くなります。紛失した場合、再発行できないので取扱いに注意しましょう。

 

母子手帳の書きかた

受け取ってすぐに書くもの

母子手帳の中身は自治体によって異なるので、まずページをめくってみて、現段階で書けそうな項目があるかどうか確認しましょう。また、水性ペンだと雨などで消える恐れがあるので、油性のボールペンなどで書いてください。おおよそ以下のことを書くと良いですよ。

  • 表紙にママの名前
  • ママとパパの名前や生年月日、住所など
  • ママの健康状態(身長や体重、既往歴など)
  • ママの仕事の状況(職場環境など)
  • 緊急連絡先
  • 出産予定の病院の情報
    など

定期的に書くもの

週数もしくは月ごとに用意されている妊婦のページは、定期的に書くようにしましょう。妊娠中に思ったこと、体調、赤ちゃんの成長、次回健診時に聞きたいことなどを書いておきます。

後で見返すと幸せな気持ちになれますし、つわりやマイナートラブルのことを書いておくと、次回妊娠時の目安にもなりますよ。

 

母子手帳のサイズやデザインに違いがある?

自治体によってサイズやデザインが異なります。ディズニーやミッフィーなどのキャラクター物や、そのご当地ならではのデザインのもの、ベーシックな赤ちゃんのイラストなどさまざま。

自治体によっては数種類から好みのものを選ぶこともできるそうですよ。

専用ケースも

母子手帳のデザインが気に入らない、もっと便利に使いたい場合は、母子手帳ケースを購入してみるのもおすすめ。エコー写真や妊婦健康診査受診券を入れられたり、ボールペンを挟むことができたりと、機能性もさまざま。赤ちゃんの専門店やネット通販で売られていますよ。

ただし、前述した通り、自治体によって母子手帳のサイズが異なるので、お手持ちの母子手帳のサイズに合った商品を購入するようにしてくださいね。

 

母子手帳を紛失した場合の再発行手続き

母子手帳をもしもなくしてしまった場合は、再発行することができます。手続きについては以下のとおりです。

再発行の受付場所

基本的には母子手帳が交付された窓口で再発行の手続きができるようですが、市区町村にある保健センターや役所の窓口に確認してみてくださいね。

再発行で必要なもの

自治体によって異なるので、公式サイトや電話等で確認しておきましょう。印鑑や身分証明書が必要なところもあるそうですよ。

これまで記載していた内容はどうなる?

再発行の手続きを行うと、白紙の母子手帳が交付されます。今まで記載していた内容がすべてなくなります。特に予防接種の欄はこれからも必要になってくると思うので、母子手帳を使ったことのある医療機関や自治体に「再記入してもらえるか」を聞いてみましょう。

母子手帳アプリで代用できる?

最近では、母子手帳と併せて使える無料アプリを導入している自治体が増えています。さまざまな無料アプリが出ていますが、主な機能としては、健診結果や予防接種の記録・管理・お知らせ、成長記録の共有、お住まいの市区町村が配信する子育て情報の受信など。紙の母子手帳をなくしても、データのバックアップができるので安心ですね。

紙の母子手帳はかさばるし必要ないのでは? と思われるかもしれませんが、病院や自治体などの健診で必要となります。また予防接種を受けるときも、母子手帳がないと受け付けてくれないこともあります。

アプリがあるから……といって紙の母子手帳を捨てる・なくしても再発行しないということだけはやめましょう。

 

母子手帳は母と子の健康を記録するもの

妊娠初期からずっと使い続ける「母子手帳」。妊娠や子育て中はフル活用しますし、子どもが大きくなってから読み返すことで、忙しくも楽しかった日々を思い出すことができます。

最近では子どもが20歳になったときのプレゼントとして渡す親も増えているのだとか。記録の面としても、気持ちの面としても、母と子の絆を現すものなので、なくさないように大切にしておきましょう。

また、妊娠中にあった出来事や子どものちょっとしたことは、忙しい日々の中で忘れていくもの。母子手帳にその都度書き込んでおくと、2人目の参考になったり、懐かしむことができますよ。

忙しければスマホの母子手帳アプリに入力して、後から書き写すのもおすすめ。上手に母子手帳を使って、便利で楽しい育児ができるとよいですね。

 

参考:
妊娠がわかったら
母子健康手帳について
母子健康手帳
母子手帳アプリ『母子モ』の導入を検討している自治体の方へ

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア