夫婦のお財布は一緒? 別々? 管理方法のメリット・デメリット

夫婦のお悩み解決コラム

共働きの家庭が当たり前になってきている昨今、お財布が別々という夫婦も多く見かけるようになりました。

しかし、財布は一緒のほうがお金はたまりやすい、といった話も聞きます。それぞれ、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。夫婦のお財布事情をお届けします。

財布が別という夫婦の割合は?

結婚前はそれぞれで行なっていた家計管理も、結婚のタイミングで一緒にすることは多いですよね。

しかし夫婦共働きが当たり前になってきているこの時代、みんなが財布や収入を一緒に管理しているかというと、そうではないでしょう。

既婚男女600人を対象とした調査では、6割が財布を一緒に管理のお小遣い制で、4割が財布を別に管理しているという結果が出ています。

財布が一緒の夫婦のほうが多いようですが、別の夫婦も4割と半数近くなっています。

財布は夫婦どちらが管理する?

では財布を一緒にする夫婦の場合、財布・家計を管理するのはどちらなのでしょうか。
携帯電話会社auが行なった調査によれば、以下のような管理割合になっています。

  • 妻の一括管理:37.5%
  • 共同管理:30%
  • 夫の一括管理:14.8%
  • 特に決めていない:17.8%

妻の一括管理の割合が一番高いですが、共同で管理する夫婦も多く、夫婦共働きが増えていることの影響が感じられます。

 

夫婦で財布を一緒にするメリット・デメリット

財布を一緒にするメリット、デメリットにはどんなものがあるでしょうか。管理方法の違いごとに考えてみました。

妻の一括管理のメリット・デメリット

夫の給料を全額受け取りその中から夫のお小遣いだけを渡すという、昔は一般的であったであろうこのパターン。この名残から今でも女性が家計を管理するという習慣が残っていて、管理割合も妻が一番高くなっているのかもしれません。

メリットは、夫の収入がはっきりわかるので将来設計が立てやすく、夫による散財の心配がないといった安心感があることでしょうか。

逆に夫側からすると、全て任せているんだから、しっかり家計が安定し貯金もされているはずで、仮にきちんと回っていないとしたらそれは妻の責任だと思われてしまう……といったデメリットも考えられます。

夫の一括管理のメリット・デメリット

夫が自分で管理する場合、自分の仕事、収入に対する責任感が生まれるのではないでしょうか。

夫婦共働きでも夫の給与のほうが高いと、マイホームの購入資金や子どもの進学にかかる費用などが、夫の収入に影響されることも多いです。

夫が自分で家計を管理することで、今の収入のバランスと今後必要になる資金から、出世や収入増が必要だと考え、それらを達成するための行動を起こしてくれるかもしれません。

デメリットとしては、妻側からすると夫の収入の実態を把握していないことから、どこで何にいくら使っているか把握できず不安な思いをしたり、お小遣い制で欲しいものが買えないなどが考えられます。

共同管理のメリット・デメリット

メオトーク内でもお伝えする機会の多い夫婦間での目標の共有やタスク管理。現在は共働きの家庭も増えてきており、夫婦で共通の目的や目標を管理することも主流になっています。

最大のメリットは夫婦間で将来設計を共有、共通の目的を持って家計の管理に取り組める点です。

マイホームの購入、子どもの進学や習い事、親の介護など、夫婦それぞれの仕事と家計に使える時間から働きかたや収入の規模を一緒に考え、協力してやりくりを行うので不満が出にくくなるでしょう。一緒に頑張っていると絆も深まっていきますね。

ただし、どちらかがルールや決まりを破ったりした場合、自分はちゃんとやっているのに……と不満が出てしまう可能性はあります。ただ、計画はあくまでも計画。お互いに多少のイレギュラーは受け止める寛容さが必要かもしれません。

 

夫婦で財布を別にするメリット・デメリット

近年増加傾向にある財布・家計を夫婦別で管理する方法にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

別にするメリット

メリットはお互い自由にお金が使えるという点ではないでしょうか。別にする一番の理由もこれですよね。

金銭感覚の違いや価値観は人によってさまざま。結婚したからといって全て相手に合わせていると、ストレスもたまってしまいますよね。お互いが働いているんだから、もらったお金は自由に使いたいと思うのも当然かもしれません。

別にするデメリット

デメリットとしては家計全体が把握しづらい、相手の経済状況がわからない、共通の目的・目標を立てにくいなどが考えられます。

財布が別だとお金が貯まらないってホント?

財布・家計を別に管理しているとお金は貯まりにくいのでしょうか。

財布が別の場合、意識して管理していないと、お互いに使い切ってしまう恐れはあります。相手の経済状況がわからないので、「相手は将来のことを考えてくれているはず」「貯金してくれているはず」といった思い込みは危険です。

 

貯蓄成功の鍵はオープンにすること

重要なのは財布・家計を一緒に管理していようが別の管理にしていようが、お互いの収支がオープンにされていて、共通の目標や目的を持つこと。

その上で必要な部分はしっかりと貯蓄・管理し、余剰の部分は共有したり、それぞれの自由に使ったりお互いがストレスの溜まらない使いかたをすることではないでしょうか。

まずは家計管理アプリやサービスを利用して全体をお互いに把握し、夫婦2人での管理が難しければ、ファイナンシャルプランナーなどに依頼するのも良いでしょう。

どうしてもストレスの原因になりがちなお金の問題。今の家計管理で問題ないか、一度夫婦で話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

出典:
財布は別々?それとも一緒?イマドキ夫婦のお財布事情 | お金の秘密
夫婦400組の家計管理 財布のひもを握るのはどっち? | auの生命ほけん:auのほけん・ローン | au

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア