出産手当金で受け取れる金額の計算方法【2018年現在】

夫婦のお悩み解決コラム

出産手当金の条件、金額の算出方法の概要をまとめました。大まかな流れを把握する際の参考にしてみてください。

出産手当金の受給条件

出産手当金の受給条件は以下のとおりです。

  • 社会保険の被保険者であること
  • 妊娠4ヶ月以上(85日)の出産であること
  • 出産のための休暇取得で、その間に給与の支払いを受けていないこと

 

支給金額の計算方法

出産手当金の計算方法は「出産手当金の支払い日前日から継続して勤務した12ヶ月の給与の報酬金額を、30日で割ってその金額に2/3をかけた金額」です。

算出期間で給与額の変動があった場合

継続勤務中に月額の標準報酬金額が減った場合、支払いがなかった場合も、出産手当金の支払日前日から継続した12ヶ月中であればその平均となりますので、支払い金額に影響が出ます。

例えば出産手当金の受け取りが1月1日だとして、前年の1月から6月の給与が15万円、7月から12月までが30万円だった場合は、年間の給与が270万円です。

270万円を12ヶ月で割ると平均22.5万円。それを30日で割った金額に2/3を掛けると、5,000円という金額が算出されます。その額が休暇1日に対する手当金になります。

直近6ヶ月で計算すると1日あたりの手当は6,700円になりますが、この差が手当支給日前日から12ヶ月という計算によっての差になります(注:計算をわかりやすくするために標準報酬金額をキリのいい金額に変更しています)。

産休中でも有給などで給与が発生した場合

産休中に有給休暇を消化した場合の支払いはどうなるのでしょうか。この場合は出産手当金から有給での手当を引いて、残った差額と有給分の手当を受け取ることができます。給与の方が出産手当金より多かった場合は受け取ることはできません。

支給開始日以前の勤務期間が12ヶ月に満たない場合

支給開始日以前の勤務期間が12ヶ月に満たない場合は、支払い前日までの勤務期間の標準支払い報酬の平均か28万円(全国の被保険者の標準支払い金額の平均)のどちらか少ないほうをベースに算出します。

標準報酬月額とは?

標準報酬月額の算出方法は以下からご覧ください。
> 全国健康保険協会

 

計算例

金額ごとに受け取れる出産手当金を計算してみます。

報酬月額が100,000円の場合

標準報酬月額は98,000円となります。これを30日で割ると標準報酬日額は3,270円になり、2/3を掛けると2,180円。これが休暇に対する手当になります。

  • 98,000÷30×2/3=2,180×休暇日数

報酬月額が150,000円の場合

標準報酬月額は150,000円となります。これを30日で割ると標準報酬日額は5,000円になり、2/3を掛けると3,333円。これが休暇に対する手当になります。

  • 150,000÷30×2/3=3,333×休暇日数

報酬月額が210,000円の場合

標準報酬月額は200,000円となります。これを30日で割ると標準報酬日額は6,670円になり、2/3を掛けると4,447円。これが休暇に対する手当になります。

  • 200,000÷30×2/3=4,447×休暇日数

標準月額が250,000円の場合

標準報酬月額は240,000円となります。これを30日で割ると標準報酬日額は8,000円になり、2/3を掛けると5,333円。これが休暇に対する手当になります。

  • 240,000÷30×2/3=5,333×休暇日数

標準月額が300,000円の場合

標準報酬月額は300,000円となります。これを30日で割ると標準報酬日額は10,000円になり、2/3を掛けると6,667円。これが休暇に対する手当になります。

  • 300,000÷30×2/3=6,777×休暇日数

 

参考:
協会けんぽからのお知らせ
出産手当金

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア