マタニティヨガで安産? 臨月でもできるマタニティヨガ

夫婦のお悩み解決コラム

テレビや雑誌でも特集が組まれ、各所でイベントも開かれるなど、男性女性を問わず多くの愛好者がいるヨガ。呼吸法やストレッチなどを通して心身のバランスを整え、リラックスできるといった効果が人気のポイントですよね。

そんなヨガが妊娠・出産時にも役立つことをご存知ですか? 今回はマタニティヨガに絞ってメリットや効果を調べてみました。

マタニティヨガとは?

一般財団法人マタニティフィットネス協会によると、マタニティヨガは妊婦さんに負担の少ないアーサナ(ヨガのポーズ)やブリージング(呼吸)を通して、肩こりや腰痛、便秘や足のつりなど妊婦さん特有の症状の緩和やリラックスを促し、心身のバランスを整えることを目的としたヨガとされています。

妊娠中でも大丈夫?

妊娠中に体を動かすとなると、少し不安を感じてしまいますよね。ヨガのスタイルはありますが、マタニティヨガは呼吸法と妊娠中の体に負荷の少ないアーサナを中心に行います。

ストレッチ効果が期待できるので、肩こりや腰痛防止、ストレスの解消にも役立つはず。妊娠中でも軽い運動は推奨されますので、適切な指導のもとで状態を見ながら行うことは問題ないでしょう。

臨月でも大丈夫?

マタニティヨガは、お腹が大きくなってきても安定して行えるポーズが主体。臨月でも比較的、安心してできる運動なのではないでしょうか。

ヨガを行うことで自然な呼吸、体を柔らかくする効果も期待できます。骨盤が開きやすくなったり、出産時に必要な筋肉も鍛えられるなど、出産時に役立つことも多いはず。

マタニティビクスとの違い

マタニティヨガの他、妊娠中に行う運動として挙げられるのがマタニティピクス。マタニティピクスは妊婦向けのエアロビクスやスロートレーニングを中心に行います。

マタニティヨガに比べると体を多く動かし、筋力の維持・強化や体重のコントロールを目的としています。アクティブに動きたい、体重が増えすぎた妊婦さんにはおすすめです。

 

マタニティヨガの効果

マタニティヨガで期待できる効果をご紹介いたします。

ヨガの呼吸法

出産時に欠かせない深い呼吸の仕方を身につけることができます。

血流が良くなる

適度な運動で血流が促進されるので、赤ちゃんに必要な栄養や酵素を送りやすくなります。

骨盤の安定

お腹の張りや腰痛の原因になる骨盤を安定させ、出産時にも開きやすくなる効果が期待できます。

気持ちの安定

妊娠中の不安定な気持ちやストレスを解消する効果があるとされています。リラックスすることで、安定した出産に繋がるでしょう。

安産・出産後の効果

妊娠中の適度の運動は妊婦、胎児に良いとされ推奨されています。体力の維持や体重維持、母乳が出やすくなるなど多くの効果が期待できます。

産後の体型・体力作り

産後の女性を対象としたアンケートによると、産後の体の悩みとして体力の減少と体型の崩れが多くあります。

マタニティヨガは、大きく重いお腹を支えるために前かがみになりがちな姿勢や重心のズレを防止したり、育児中の無理な姿勢を支える筋力を鍛えるといった効果も期待ができますよ。

 

マタニティヨガを始める前に

マタニティヨガは妊婦さんにとってたくさんのメリットがあります。しかし独学で行うことや負荷を駆け過ぎることは危険ですので、行う際には主治医の確認を取り、専門家の指導を受けて行うようにしましょう。

ヨガスタジオによっては主治医の許可を必須にしているところもあります。特に妊娠16週目以降は母子ともに変化が出てきますので、必ず許可を得るようにしてくださいね。

今回ご紹介したマタニティヨガなど、妊娠中の軽い運動は母子ともにメリットがあり、出産時の体への負担も軽減されると言われています。無理のない範囲で取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

参考:
一般財団法人マタニティフィットネス協会 マタニティヨガ
一般財団法人マタニティフィットネス協会 産後の悩み

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア