事実婚で子どもが生まれたら苗字や戸籍はどうなる? デメリットは?

夫婦のお悩み解決コラム

生きかたが多様化するなかで、近年増えてきている結婚の形が、「事実婚」です。役所に婚姻届けを出さずに夫婦として生きていくスタイルで、従来型の結婚は「法律婚」と呼ばれます。

夫婦だけであれば、本人たちの意思で選ぶスタイルでもあるため、特に大きなデメリットを感じないことも多いでしょう。しかし、子どもが生まれたらどうなのでしょうか。

今回は、事実婚で子どもを持つことについてご紹介いたします。

事実婚で子どもが生まれたら

自分たちだけ、夫婦2人だけならば事実婚で良くても、子どもに何かデメリットがあるのは嫌ですよね。戸籍の扱いなど、法律婚で生まれた子どもとの違いはあるのでしょうか。

子どもの戸籍はどうなる?

子どもが生まれた場合、法律婚では嫡出子、事実婚では非嫡出子となります。

法律婚の夫婦の場合、戸籍はひとつ。生まれた子どもの戸籍は、自動的にその戸籍に加えられます。一方、夫と妻のふたり分の戸籍がある事実婚では、出生届を出すと、自動的に母親の戸籍に入ります。

昔は嫡出子と非嫡出子とで続柄の記載方法が異なりましたが、現在では、母親が生んだ順に「長男(長女)」「二男(二女)」と記載するため、違いはありません。

父親が認知している場合は、「父親」の欄に父親の氏名が記載されますが、認知をしていない場合は空欄になります。

デメリットがあるのは、認知がされていない場合です。法律上での親子関係が認められないため、父親が死亡したときの相続権が、その子にはないということになってしまいます。

子どもの親権はどちらのもの?

法律婚の夫婦は共同で親権をもちますが、非嫡出子は父母どちらかの単独親権となります。

原則として母親がもちますが、父親が認知をしている場合、協議により父が親権者となることも可能です。

事実婚では、希望しても父母両方が親権をもつことはできません。

子どもの苗字はどうなる?

事実婚で生まれた子どもは、先述のとおり「非嫡出子」になります。嫡出子は父母いずれかの名字を名乗ることになりますが、非嫡出子は母の名字を名乗ります。

ただし、手続きを踏めば父の名字を名乗ることも可能です。

第七百九十一条 子が父又は母と氏を異にする場合には、子は、家庭裁判所の許可を得て、戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その父又は母の氏を称することができる。

2 父又は母が氏を改めたことにより子が父母と氏を異にする場合には、子は、父母の婚姻中に限り、前項の許可を得ないで、戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その父母の氏を称することができる。

3 子が十五歳未満であるときは、その法定代理人が、これに代わって、前二項の行為をすることができる。

民法 第七百九十一条より引用

 

事実婚の場合は子どもの認知が必要

法律婚の夫婦から生まれた子どもは、自動的に父と母、双方の子どもであるとみなされます。これは、民法第七百七十二条で定められている「嫡出の推定」によるものです。

これに対し、事実婚の夫婦の場合は、法律上の親子関係を手続きにより生じさせなければなりません。

母親は、自分が出産することで自動的に証明されますが、父親は自ら証明する必要があります。これが「認知」です。

民法では、第七百七十九条によって定められています。

第七百七十九条 嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。
民法 第七百七十九条より引用

認知の仕方

子どもの認知をする方法には、「任意認知」「裁判認知」のほか、「遺言認知」があります。このうち事実婚夫婦の父親が自発的に行うのは、「任意認知」です。

届出の期間には制限がありません。妻が妊娠中に届け出る際は妻の本籍地へ、出産後に認知をする場合は自分の本籍地か現在住んでいるところ、認知する子どもの本籍地へ届け出ましょう。

届出に必要なものは、父親の署名・押印をした認知届書、印鑑と戸籍謄本、承諾書、本人確認書類です。

戸籍謄本は、本籍地以外で届出をする際に必要となります。父親または認知される子どものものを、妊娠中であれば妻である母親の戸籍謄本を添付しましょう。

承諾書は、妊娠中の場合、妻のものが必要です。

 

事実婚のメリットとデメリット

夫婦別姓が認められていない日本では、苗字を変えたくないという理由で事実婚を選ぶケースも多く見られます。

従来の法律婚に抵抗感を抱いている人もいるでしょう。

事実婚が子どもに与える影響は、今回ご紹介したとおりです。夫婦仲が良好であれば、認知でトラブルになることも考えにくいため、さほど大きなデメリットはないといってもよいでしょう。

考えられるものとしては、子どもが父・母いずれかと苗字が違うことに気づいたときの説明の義務ですが、家族関係が安定していれば、子どもが不安定になるなど大きな問題に発展することはないのではないでしょうか。

増えてきているとはいえ、まだまだ身近なものとまではいかない事実婚。夫婦にとってのメリット・デメリットも確認し、ふたりが納得いくスタイルを選びたいものですね。

事実婚のメリット・デメリットは、メオトークのこちらの記事を参考にしてください。

最近増えている事実婚とは? 事実婚のメリット・デメリット
> https://meotalk.jp/life/13071

 

参考:
民法
認知届についてのご案内(久慈市)

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア