育児と仕事の両立を目指した結果うつ病に……ワーキングマザーを襲う罠

夫婦のお悩み解決コラム

仕事と家事、育児の両立を目指した結果、疲れや精神的負担から、うつ病になってしまう危険があります。常に気分が落ち込んだ状態になったり、何もしたくなくなってしまったり。

うつ病の症状やなりやすい性格のタイプなどを調べて見ました。「自分はならない」と思っていても、いつの間にかうつになってしまっているかも。ぜひセルフチェックの参考にしてみてください。

女性のうつ病が増加中

WHOは、世界的にうつ病の疾患者数は3億2200万人ほどおり、人口の4%に及ぶとの調査結果を発表しています。日本には予備軍も含め506万人の疾患者がいるとされています。男女の比率では女性のほうに多く見られ、疾患者の若年化も進んでいるそうです。

育児と仕事に追われうつ病に……

Yahoo知恵袋発言小町にも育児と仕事の両立に悩みうつ状態になってしまったという相談が多く挙げられています。疲労や無力感、孤独感、努力が報われない、旦那の協力を得られないなど内容は様々。うつになってしまった自分を責めているかたも見られます。

うつ病の症状

うつ病には本格的に疾患する前に気分の状況などの兆候があります。以下の症状が続くようならうつの可能性を疑いましょう。

  • 気分が常に沈む
  • 物事に興味が湧かない
  • 疲れやすい、元気が出ない
  • 食欲が出ない
  • 人に会いたくない
  • 朝に具合が悪くなる

うつ病になりやすい性格

うつ病、うつになりやすい状態としてMSDの「うつ病、うつ状態」には以下のように記されています。

生真面目で仕事熱心
責任感が強く、完璧主義者

社交的で明るく活発的な面と、寂しがり屋の面の両面をもつ

MSD うつ病、うつ状態 より引用

何事も完璧に、仕事と家事も両立させようと思っているママは、自分を追い込みすぎないように注意が必要ですね。

 

うつ病になるきっかけ

うつ病になる主なきっかけについてもMSD「うつ病になる主なきっかけ」に以下のように記されています。

・妊娠、出産、月経
・家庭内葛藤
・近親者の病気、死
・精神的打撃
・身体疾患

MSD うつ病、うつ状態 より引用

出産や家庭内の葛藤がやはり理由に含まれています。

 

育児と仕事の両立を阻むストレス

多くのママが以下のようなストレスに晒されているのではないでしょうか。

仕事のストレス

本来であれば短時間勤務で切り上げたくても、社内や部署の仕事量や人手不足からなかなか認めてもらえず、多くの業務を担当しなければならない……そんな常に追い込まれた状況はストレスでしょう。

職場のストレス

結婚や出産に対して周囲から理解が得られない、産休や育休から復帰したら周囲の対応がガラッと変わっていたなど職場環境、人間関係もストレスの要因になるでしょう。

育児のストレス

仕事にも追われ限られた時間の中で育児を行おうとしても子どもが言うことを聞いてくれない、旦那のサポートを受けられないワンオペ育児になっているなどの負担やイライラが募りストレスに。

家事のストレス

旦那、子どもになるべく栄養を考えた手作りのものを食べさせたい思いから食事を頑張って作っても感想がなかったり、労いの言葉もかけられない。後片付けも手伝ってもらえない。掃除も洗濯も全部自分がやっていて、終わりが見えない。など家事から感じるストレスも大きいのではないでしょうか

 

「うつ病かも?」と思ったら専門医へ

ストレスを感じる理由やうつになりやすい性格、状態などに多くあてはまるママは注意が必要です。また今、うつの症状に当てはまっているようでしたらすぐに専門医に相談しましょう。

自分一人でストレスを溜め込まずに家族、旦那と話す時間を作るなど、少しでもストレスを緩和できるようにしてくださいね。

参考:
地域におけるうつ対策検討会報告書
MSD うつ病、うつ状態とは

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア