30代夫婦の平均貯金額はいくら?  専業・共働き別の理想の貯金額とは

夫婦のお悩み解決コラム

貯金、できていますか? どれくらいの額が貯められていますか?

30代の平均年収は、男性が440~545万、女性は372~396万と言われていますが、30代夫婦の平均の貯金額はどのくらいかご存知でしょうか?周囲に聞ける話でもないため、「うちの貯金額って少ない? それとも妥当?」と気になってしまいますよね。

そもそも共働きなのか、パートなのか、専業主婦なのかによって世帯年収も貯金額も変わってくるようです。30代といえば結婚している割合も高くなり、子どもが生まれ、家や車など大きな出費を抱える人も増えるこの世代。一体、どの程度の貯金額が平均なのでしょうか。最新のデータを元に一緒に見ていきましょう!

30代の平均年収

転職サイトDODAが行った調査によると、30代の全体の平均年収は455万円。男性は487万円、女性は386万円と100万円ほどの差があります。

同じ調査での20代の平均年収の男女差は50万円程度、40代では160万円程度となっており、年代が上がるほど、給与の男女差が大きくなっているようです。

年齢別に見た結果は、以下のとおりです。

  • 30歳:416万円(男性440万円:女性372万円)
  • 33歳:452万円(男性482万円:女性389万円)
  • 36歳:475万円(男性513万円:女性393万円)
  • 39歳:501万円(男性545万円:女性396万円)

30代夫婦の世帯年収

次に、30代夫婦の世帯年収を見ていきましょう。

共働き

先ほどの平均年収から、共に30代の夫婦が共働きをしている場合、平均年収は873万円です。

パートタイム

一方、妻がパートタイムで勤務している場合、妻の年収は配偶者特別控除枠の上限の103万円までという場合が大半でしょう。

その場合の夫婦の平均世帯年収は586万円です。

専業主婦

妻が専業主婦の場合、男性の平均年収487万円が、そのまま世帯平均年収となります。

 

給与から貯金に回すお金の割合は?

「家計の金融行動に関する世論調査」によると、30代が手取りから貯金に回す金額の割合のうち、もっとも多いのは10~15%未満。全体の21.8%となりました。次いで35%以上(16.2%)、25~25%(14%)となっています。

一方、「貯蓄しなかった」と答えた人も14.8%。堅実に貯金をしている人たちがいる一方で、なかなか貯金ができていない人も一定以上いることがわかります。このなかには、子どもの幼稚園代など、出費がかさむ時期がかさなり、貯金が難しかったという人もいるでしょう。

30代世帯の平均貯金額

同調査によると、30代世帯の平均預貯金額は617万円。全世帯の平均額は776万円です。

30代世帯の投資・金融資産保有額

30代世帯の金融資産保有額は957万円です。そのうち、株式や投資信託などの資産運用額は、20代世帯の平均額からそれぞれ約4倍、約7倍に増えています。給与も上がり、ある程度余裕のある方が多くなっているのが伺えます。

20代に比べて収入が上がっていることと、貯蓄以外の方法でお金を増やすことに視野が広がる人が増えていることが、その背景なのではないでしょうか。

 

30代夫婦で貯金なしで大丈夫?

平均貯蓄額はあくまで「平均」。高収入家庭の貯蓄額が数字を引き上げているのも事実です。なかには「貯蓄が0円」という家庭もいます。

  • 30代世帯…33.7%
  • 40代世帯…33.7%

なんと、30代よりも収入が上がっているであろう40代でも、収入が0円の世帯割合は変わっていません。

昨今では晩婚化が進み、出産・育児にお金がかかる時期も後ろにずれています。また、20代後半~30代前半で出産していたとしても、もっともお金のかかる高校・大学に進学する時期が40代にかかることから、30代、40代ともに貯金が難しいという背景もあるでしょう。

しかし、「0円」はやはり心許ないもの。まずは月に数万円ずつでも、先取り貯金をする習慣を始めたいものです。

 

30代夫婦の貯金テクニック

ライフステージが大きく変わりやすい30代夫婦。どのように貯金を進めていけばよいでしょうか。

30代前半

結婚や出産を迎える人も多い年代です。共働き夫婦であっても、産休や育休で一時的に片方(主に妻)が満額収入を得られない状況になる期間が発生することも。

世帯収入が減る期間も、月に○万と決めて、無理なく貯金を続けたいものです。また、マイホーム購入を考えている場合、購入希望時期と頭金予定額を考えて、そのための貯金をコツコツ始めてみても。

30代後半

子どもが小学校に入学し、低学年のうちは習いごとへの出費も少ない期間であることから、「貯めどき」といわれます。今までよりも月の貯金に回す割合をプラスしておくと、後々出費がかさむ時期を安心して迎えられるでしょう。

ただ、家族でのお出かけが楽しめる時期でもあります。貯金とは別枠で「レジャー費・旅行費」を貯めておき、家族での時間も大切にしたいものですね。

 

30代の平均貯金額は617万円

30代世帯の平均貯金額は617万円でした。想像よりも多かったですか? それとも少なかったでしょうか。

「こんなに貯金なんてできていない…」と過度に心配しなくても大丈夫。どんどん収入の高低差が広がる30代、この貯金額のなかには、平均年収が700万、800万といった人たちの貯金額も含まれているのです。

ただし、いつまでも「0円」も不安の元。一定割合を貯金に回す生活は、そろそろ始めておきたいところですね。

 

参考:
平均年収ランキング2017(DODA)
各種分類別データ(平成28年)(知るぽると)
貯蓄0円世帯が約31%も!世代別の貯金なし率(AllAbout)

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (2 votes, average: 1.00 out of 5)
Loading...

この記事をSNSでシェア