40代夫婦の平均貯金額はいくら? 専業・共働き別の理想の貯金額とは

夫婦のお悩み解決コラム

なかなか周りの夫婦に訊けない貯金額。若いうちは「まだ若いし」と楽観的に考えていても、40代に入ると老後が視野に入ってくることもあり、自分たちの貯金額が一般的に見て多いのか少ないのか、気になってきませんか?

今回はそんな40代夫婦の平均年収と貯金額を見ていきましょう。

40代の平均年収は?

転職サイトDODAが調べた平均年収ランキング2017によれば、40代の平均年収は541万円。

年齢の変化で見てみると、40歳513万円、43歳525万円、46歳559万円、49歳594万円と500万円台をじりじりと上がっていく結果でした。

40代夫婦の世帯年収は?

次に、40代夫婦の世帯年収を見ていきましょう。

  • 共働き
    フルタイムでの共働き夫婦の平均年収額は1,010万円でした。年収1,000万円の壁を40代で超えることに。
  • パートタイム
    妻がパートタイムの場合、配偶者特別控除の上限103万円の収入と仮定した世帯年収は690万円です。フルタイムの女性平均年収額も年齢に応じて上がっているため、フルタイム共働き世帯との差は徐々に大きくなっています。
  • 専業主婦
    妻が専業主婦の家庭では、平均年収は541万円です。

 

手取りから貯金に回すお金の割合は?

「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成28年)」によると、40代が貯蓄に回す割合は、手取り収入の10~15%がもっとも多い(18.8%)という結果になりました。

5%未満 5.2%
5~10%未満 6.3%
10~15%未満 18.8%
15~20%未満 4.2%
20~25%未満 9.9%
25~30%未満 1.6%
30~35%未満 12%
35%以上 12%
貯蓄しなかった 30.2%

 

一定割合を貯蓄に回している人がいる一方で、気になるのは「貯蓄しなかった」と答えた人が30.2%もいること。近年では晩婚・高齢出産化が進んでいるため、40代に入ってから出費が増えたという家庭も少なくないでしょう。

「貯蓄しなかった」理由が、こうしたライフスタイルの変化なのか、貯蓄に対する意識が薄いのかについては、気になるところですね。

40代世帯の平均貯金額

先ほどと同じ調査によると、40代世帯の平均貯金額は815万円でした。全世帯の平均は776万円。40代で平均額を上回ることがわかります。

40代世帯の投資・金融資産保有額

40代世帯がどういった種類の金融資産を保有しているのか、それぞれの額と投資の種類についての結果は、以下のようになりました。

金融資産保有額 1594万円
預貯金 815万円
金銭信託・貸付信託 4万円
生命保険 82万円
損害保険 6万円
個人年金保険 47万円
債券 76万円
株式 343万円
投資信託 139万円
財形貯蓄 45万円
その他金融商品 36万円

 

株式や投資信託の額が30代に比べてそれぞれ飛躍的に伸びています。収入が増え、投資に回せる余裕が生まれる人が多いことが要因のひとつでしょう。

これまであまり投資に興味がなかった人も、老後や今後必要となるお金を考え、「増やして貯める」ことを意識し始める時期ともいえるのではないでしょうか。

 

40代夫婦で貯金なしで大丈夫?

40代世帯の平均貯金額は815万円でした。しかし、これは全体を通しての平均額。年齢を重ねるほどに、収入の高低差は広がるため、貯蓄額にも差が見られるのは当然のことです。

実際に、40代夫婦では33.7%、50代になっても31.8%の世帯が「貯蓄0円」なのだそうです。

40代の間は、子どもにかかる費用がまだまだ多額になる家庭も多いでしょう。しかし、20~25年程度で定年がくる40代。いつまでも貯蓄0円では不安です。

年金支給年齢の上昇、支給額の減額を想定すると、何とか早めに貯蓄を始めておきたいですね。

40代夫婦の貯金テクニック

これから子育てにお金が掛かったり、子どもの高校大学ともっともお金がかかる時期が到来したり。40代夫婦はどのような心づもりで貯金をしていけば良いのでしょうか。

  • 40代前半
    子どもがいる夫婦の場合、出産時期によって貯金しておきたい金額が変わります。出産が遅く、まだ子どもが小さい場合は、今が貯めどきと心得ておきたいもの。少々多めに貯金額を定めておくなど、後の出費を考えた貯金予定を立てていきましょう。
     
    住宅購入を考えている場合は、無理のない返済予定・頭金を算定してくださいね。
  • 40代後半
    40代後半になってくると、残りの子育てにかかる費用はもちろん、自分たちの老後を見据えた貯金も始めておきたいところです。
     
    どの程度の額の貯金額が必要で、現在どの程度の貯蓄があるのかを把握するために、ファイナンシャルプランナーに相談してみても良いでしょう。

 

40代世帯の平均貯金額は815万円

自分たちの世帯の貯金額と比較して、815万円の貯蓄は多いですか? それとも「妥当」と思える額だったでしょうか。

平均貯金額はすべての人から算出したものなので、「うちはもっとある」というかたも、「そんなにない!」と感じるかたもいるでしょう。

とはいえ、「貯蓄なし」の状態は早く脱しておきたいところ。必要に応じて固定費や家計の見直しをし、一定額をコツコツ貯めていける状態を整えましょう。

 

参考:
平均年収ランキング2017(DODA)
各種分類別データ(平成28年)(知るぽると)
貯蓄0円世帯が約31%も!世代別の貯金なし率(AllAbout)

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア