安産祈願の服装は? 季節ごとの服装と持ち物リスト  

夫婦のお悩み解決コラム

日本では戌の日に安産祈願に行く風習があります。犬の出産はたくさんの子どもを産みながらもお産が軽いことから、妊婦さんと赤ちゃんが無事に生まれてくることを願う風習となりました。

今回は、安産祈願にはどのような服装が好ましいのか、何を持っていけばいいのかをご紹介します。

安産祈願を行う際の服装のマナーは?

お参りの服装に決まりはありませんが、神社へ安産祈願のお参りに行くマナーとして、あまりカジュアル過ぎるものは避けたほうが無難です。

お腹が段々と目立つ時期になっているので、ワンピースやウェストがゴムになっているスカートなど、楽に着られるもの。

キチンとした印象に見えるキレイめな服装、派手すぎない色使いのものが良いでしょう。

季節によって気をつけること

出産の時期は人それぞれなので、季節や天候に合った服装でないと体調を崩す原因にもなりかねません。防寒対策、熱中症対策などは確実にしていきましょう。

また、少しの時間、冷暖房のあまり効いていない場所で祈祷していただくようになるので、春や秋など肌寒く感じる日は羽織れるものを持っていくと良いでしょう。

春の服装

ワンピースやシャツワンピースなどが無難です。寒さを感じる場合はブラウスにパンツスタイルなどでもいいでしょう。

腰回りや体全体を冷やさないように、肌寒い場合はタイツを履いたり、ジャケットやカーディガンなど羽織れるものを持参することをおすすめします。

夏の服装

半袖などのワンピースやブラウスにゆるめのスカート等が涼しいです。祈祷中は座ったりすることもあるので、丈の短いものは避けてくださいね。

また、神社で祈祷の際は拝殿に上がることもあるので、素足ではなく靴下や薄手のタイツなどを着用しましょう。

秋の服装

袖のあるワンピースやブラウスにスカートが定番です。寒く感じる場合はタイツなどを履いて対策しましょう。天候によって羽織れるジャケットやカーディガンなどがあっても良いでしょう。

冬の服装

ワンピースでもブラウスでも、上からセーターやカーディガンなどを羽織ったりして暖かい恰好で行きましょう。

足先や体を冷やさないようにタイツや靴下を履いて、コートなどの上着があると良いでしょう。また履物もロングブーツなどよりかは、着脱しやすいものが好ましいです。

腹帯は着用したほうが良い?

帯祝いとは、自宅で腹帯を巻いて妊娠を喜び安産を願うことです。安産祈願と同様に妊娠5ヶ月目の戌の日が良いとされるため、安産祈願と一緒に帯祝いのお参りをされるかたも少なくないようです。

このときまく帯は「岩田帯」といわれ、岩のようにたくましく元気な子どもが生まれるようにとの願いが込められています。

腹帯は赤ちゃんとママのお腹の保護や保温の効果があり、妊婦さんがお腹を気にして、ママになる自覚などを促す効果もあります。必ず着用しなければならないわけではありませんので、天候や気持ちに合わせて着用してみてはいかがでしょうか。

お腹が目立つ場合はどんな服装がいい?

妊娠5ヶ月となると、お腹も目立ってくるので、締め付け感のないワンピースなどが着やすいのではないでしょうか。

マタニティ用ウェアの種類も年々豊富になっているので、キレイめな格好であれば大丈夫でしょう。ただ、ゆったりと着られるワンピースは少しフォーマルな場にも最適で妊娠後期に入っても切られるので重宝します。

境内は砂利道などもあるため、スニーカーやサンダルなども転ばないためには良いですが、履きなれたヒールの高くないパンプスなどがあると、よりキチンとした印象で臨めるでしょう。

子どもはどんな服装がいい?

子どもも一緒に行く場合も、あまりカジュアル過ぎない服装が好ましいでしょう。男の子はシャツやポロシャツ、女の子はブラウスなどに落ち着いた色味のズボンやスカートなど。TPOを考えて、少しフォーマルにコーディネートしてあげてください。

男性はどんな服装がいい?

ジーンズなどのカジュアルな格好は避けて、清潔感のある格好がベター。スーツやジャケパンがおすすめです。ネクタイやタイピンなど、派手な装飾、色味のものは避けましょう。

祖母祖父はどんな服装?

家族で行く場合は、親もフォーマルな格好か、シャツやブラウスなどに落ち着いた色のスラックスやスカートなどが良いでしょう。天候や季節によってジャケットなどの羽織りものも使ってくださいね。

 

安産祈願の持ち物リスト

安産祈願の必要な持ち物としては、基本的に初穂料などのお金だけです。

初穂料(お金) 5,000円〜20,000円

祈祷して頂く神社によって異なりますが、予め初穂料の金額を指定している場合もあるので、祈祷をお願いしたい神社に事前に確認してから行くのが良いでしょう。

お守り代(お金) 3,000円〜5,000円

祈祷した後、授かりものとしてお守りなどを頂ける場合もありますが、神社によっては御朱印が押された腹帯などの販売も行っています。安産祈願のお守りや腹帯がほしいかたはお守り代を持っていくのが良いでしょう。

 

参考:
くらしき不洗観音寺:帯洗い
川崎大師:安産祈願

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア