30代夫婦の平均貯金額はいくら? 専業・共働き別の理想の貯金額とは

夫婦のお悩み解決コラム

家族構成に変化が現れる30代は、出費もいろいろと重なる時期。出産、育児、保育園など、子どもが加わることで夫婦2人だった頃とは家計、生活が大きく変わる家庭が多いでしょう。

将来も見据えて、お金のことを考えなければならない30代夫婦は、いったいどのくらい貯金をしているのでしょうか。平均収入と貯金額を見ていきます。

30代の平均年収は?

30代の平均年収は455万円。男性が487万円、女性が386万円と、男女の収入差は約100万です。

年齢別では30歳で416万円、36歳で452万円、39歳で501万円と全体では約80万円伸びています。

  • 30歳:416万円(男性:440万円 女性:372万円)
  • 33歳:452万円(男性:482万円 女性:389万円)
  • 36歳:475万円(男性:513万円 女性:393万円)
  • 39歳:501万円(男性:545万円 女性:396万円)

男性は30歳と39歳で比べると年収が115万円上がっていますが、女性は30歳と39歳で比べても34万円の差にとどまっています。

結婚、出産、育児と家事の両立など、男性と女性で仕事に対するバランスが変わっていることが読み取れますね。

30代夫婦の世帯年収は?

次に、世帯年収を確認してみましょう。

  • 共働き
    共働き世帯の平均年収は男性、女性それぞれの平均年収を足した837万円になります。
  • パートタイム
    男性が正社員、女性がパートタイム勤務の場合、扶養控除額の上限103万まで働いたとすると、男性平均の487万円と103万円を足した590万円になります。
  • 専業主婦
    女性が専業主婦だった場合、男性の平均年収が世帯年収となりますので487万円となります。

 

手取りから貯金に回すお金の割合は?

30代夫婦が、収入から貯蓄に回す割合は以下のとおり。

5%未満 5.2%
5~10%未満 9.6%
10~15%未満 21.8%
15~20%未満 4.4%
20~25%未満 14.0%
25~30%未満 4.1%
30~35%未満 10.0%
貯蓄しなかった 16.2%

30代では収入のうち10%〜15%を貯蓄に回している割合がもっとも多く、全体の2割強となっています。

子どもの進学やマイホームなど、具体的な目標に向かって貯蓄を開始している年代のためか、収入の20%〜35%を貯蓄する家庭も多い様子ですね。

30代世帯の平均貯金額

金融資産保有額 967万円
預貯金 617万円
金銭信託・貸付信託 37万円
生命保険 37万円
損害保険 2万円
個人年金保険 42万円
債券 17万円
株式 124万円
投資信託 65万円
財形貯蓄 31万円
その他金融商品 13万円

30代世帯の平均預貯金額は617万円。前出の、収入から貯蓄に回す割合とも比例した金額ですね。

株式や投資信託への投資など、財テクを始めることも多くなってくる頃。資産を有効に活用するようになるようです。

 

30代夫婦の貯金テクニック

出費も多くなる30代。効率的に貯金するためにはどうすれば良いのでしょうか。

30代前半

子どもも持ち始める30代。この時期に一度、将来設計を具体的に立ててみるのがおすすめです。

子どもの人数やマイホーム計画、子どもの学校や進学資金など、自分たちのライフスタイルを思い描くことで、どの時期にどのくらいの金額が必要か見えてきます。

30代後半

前半で立てた計画が予定通りに進捗しているか、確認するタイミングです。なかなか予定通りに行かせるのも難しいでしょうから、計画は一定期間で見直しましょう。

うまくいかない場合は、ファイナンシャルプランナーなどプロの意見を聞いてみるのもおすすめですよ。

 

30代世帯の平均貯金額は617万円

30代世帯の平均貯金額は617万円で、資産全体では957万円でした。高年収のかたも含めた平均なので、多いと感じる人もいるのではないでしょうか。

マイホームの購入や私立の幼稚園の入園などを考えると、ここまでいかなくてもある程度の貯金は必要です。

大事なのは自分の収入にあった計画を立てて実行していくこと。平均額はあくまでも参考として、自分たちの家計に合わせて調整してくださいね。

 

参考:
DODA 平均年収ランキング
知るぽると

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (1 votes, average: 3.00 out of 5)
Loading...

この記事をSNSでシェア