安産祈願はいつどこで何をすればいい? 安産祈願に行く前の必読書

夫婦のお悩み解決コラム

安定期に入る頃に行う安産祈願。神社でお祓いや祈祷をしてもらう風習です。このページでは、安産祈願を行う時期や持ち物、支払う「初穂料」についてご紹介します。

安産祈願とは

無事に赤ちゃんが生まれてこられるよう、神社で祈祷をしてもらう安産祈願。「腹帯(ふくたい)」と呼ばれるさらし布やコルセットを持参すれば、神社の印を捺してもらえ、お祓いと安産祈願をしてもらえます。

この日から腹帯をつけ始めるため、安産祈願は「着帯(ちゃくたい)」とも呼ばれています。地域によって異なることもありますが、一般的には妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に行われます。

戌の日との関係は?

「戌の日」に安産祈願をする理由は、犬(戌)が多産かつ、お産が極めて軽い動物のため。犬は、日本では昔から安産の守り神としても大切にされてきたんです。

安産祈願では何をする?

神社に出向き、お祓いと祈祷をしてもらいます。お祓い・祈祷は事前申し込みが必要な場合があるため、参拝予定の神社のルールを確認しておきましょう。

全国各地にある「水天宮」は、古来より安産や子授け、子育てに関わる神社。安産祈願先に困っているかたは、お近くに「水天宮」があるかを確認してみてください。

祈祷後には、安産祈願のお守りを購入し、ふだんから持ち歩いでも良いですね。

安産祈願をする日は決まっている?

本来、安産祈願は妊娠5ヶ月目に入ってから最初の「戌の日」に行うものです。しかし、天候や体調によっては戌の日に神社に出かけられなかったり、仕事が休みの日にしか行けないということもありますよね。

戌の日の安産祈願は、あくまでも目安。妊婦自身の体調を考え、無理のないようにしましょう。

安産祈願では腹帯が必要?

腹帯は必須ではありません。腹帯に御朱印をしてもらいたい場合には、持ち込みがOKなのか、神社で用意されているものを購入する必要があるのかを確認しておきましょう。

 

安産祈願に行く際の持ち物など

持ち物

初穂料のほか、腹帯の持参が可能な神社であれば、腹帯も持参しましょう。外出時と同様、体調の急変に備えて、母子手帳を携帯するのも忘れずに。

初穂料の相場

初穂料の相場額は5,000~1万円です。初穂料が指定されていない神社に安産祈願に行く際は、相場額程度の初穂料を用意しましょう。

お守りは500円~1,000円程度。5,000円程度で腹帯を用意している神社もあります。

安産祈願では、神社へのお布施として「初穂料(はつほりょう)」を収める必要があります。

服装のマナー

特に「こうしなければならない」という決まりはありません。シンプルなワンピースなどでOKです。

ただし、一般的な参拝時と同様、肌の露出が多い服装やサンダルは避けましょう。

 

まとめ

妊婦は体調の急変がいつ起きるかわからないもの。戌の日にこだわってひとりで行くよりも、パートナーや家族と予定を合わせて一緒に行くことをおすすめします。

体調に気を配り、くれぐれも無理をしないようにしてくださいね。

 

参考:
川崎大師
水天宮
報徳二宮神社
日枝神社
マイナビウーマン 戌の日の安産祈願に行く時に覚えておきたい4つのルールとは?
アカチャンホンポ 戌の日カレンダー

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア