毛玉取りのオススメ商品はコレ! いつも着る服に合わせて選ぶのがコツ

夫婦のお悩み解決コラム

衣類などにできた毛玉を取るときに便利なアイテム、毛玉取り機を知ってますか?。大量の毛玉ができたときや、毛玉ができやすいニットやタイツの着用機会が多い冬に重宝します。けれど毛玉取りにもいろんな種類があり、いざ買おうと思ってもどれを選べばいいか迷っていませんか? そこで今回は、毛玉取りの選び方、Amazonの口コミで人気の商品をタイプ別に紹介します。

毛玉取りを選ぶときのポイントとは?

毛玉取りは、ライフスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。まずは、毛玉取りの種類やチェックしておきたいポイントを紹介します。

効率的に毛玉を取りたいなら「電動タイプ」がオススメ

電動タイプは、乾電池やAC電源(コンセント)を利用し、電気で作動させながら毛玉を取る方式の毛玉取りです。毛玉を取るときに力を入れたり、力加減を考慮したりする必要がないので、淡々と効率的に毛玉を取れます。小さな子どものいる主婦や忙しい女性、大量の毛玉を短時間で取りたいときにオススメです。電動タイプの毛玉取りは大きく分けて2種類あります。

1.電動タイプの毛玉取り-乾電池式

乾電池式の毛玉取りは、コンセントがない場所でも毛玉を取れるのがメリット。コンパクトなタイプが多いため、出張先や旅行先へも気軽に持参できます。電圧やコンセントプラグの形状を気にする必要がないので、海外でそのまま使えるのもメリットです。

また、コンセントに差し込むコードがないため、小回りが効くのもオススメの理由。コードを気にせずに、自由自在に毛玉取りの角度を変えることができます。コンセントが遠くにあるテーブルでも、座りながら毛玉を取ることが可能です。

2.電動タイプの毛玉取り-コンセント式

コンセント式の毛玉取りは、パワフルなのがメリット。乾電池式より強力なパワーで、長時間毛玉を取り続けられます。衣類だけでなく、カーテンやカーペット、ソファなど大型リネンの毛玉を取るときにも便利です。

乾電池式タイプの場合、電池が切れてしまい大事なときに毛玉取りが使えない……というのも、よくある話。自宅で毛玉を取る機会が多いなら、コンセント式の毛玉取りをひとつストックしておくのがオススメです。

大切な衣類を傷めたくないなら「ブラシタイプ」がオススメ

ブラシタイプは、電気を使用せず手作業で毛玉を取る方式の毛玉取り。衣類の素材や状態に応じて、手加減しながら毛玉が取れます。電動タイプの毛玉取りを使うと、毛玉だけでなく生地そのものを取ってしまう場合も。ブラシタイプの毛玉取りなら、大切な衣類を傷つけてしまうリスクを軽減できます。

ブラシタイプの毛玉取りは、衣類についたホコリや汚れも気軽に取り除けます。毛玉取りを使うほどでない、スーツやフォーマル服についた糸くずも一緒に取れるので便利です。ちょっとしたホコリから本格的な毛玉まで取れるので、自宅にひとつあると重宝します。

後片づけや掃除のしやすさもチェックしておこう

毛玉を取る作業は好きなのに、後片づけが苦手な女性も多いのでは? 毛玉取りは掃除機と違ってコンパクトな構造のため、すぐにゴミが溜まってしまいます。毎回のようにごみを処理する必要があり、意外とストレスになってしまうもの。そこで、後片づけや掃除がしやすい毛玉取りを選ぶのがオススメです。

ダストボックスが取り外しやすいタイプや、掃除ブラシつきの毛玉取りを選べば、お手入れがグンとラクになります。毛玉取りを選ぶときには、性能だけでなく後片づけのしやすさも考慮に入れましょう。次からは各タイプ別のおすすめの毛玉とりを紹介します。

 

 乾電池式電動タイプのオススメ毛玉取り

自宅や外出先で使える、乾電池式電動タイプの毛玉取りを紹介します。小回りが効く毛玉取りで、手軽に毛玉の処理をしましょう。

泉精器製作所「毛玉とるとるKC-NB34」

https://www.amazon.co.jp/%E6%B3%89%E7%B2%BE%E5%99%A8%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E6%89%80-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%99%A8-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88-%E3%81%A8%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%82%8B-KC-NB34-P/dp/B00MWMOIKC/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1534942126&sr=8-5&keywords=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A

【商品の特長とオススメの理由】

泉精器製作所の「毛玉とるとる」は、2011~2016年度 全国有力家電量販店の販売実績(GfKジャパン調べ)で、「毛玉取り器」のメーカー別数量シェア6年連続No.1を獲得した人気のシリーズ。特許出願中の新方式で、衣類を着たまま毛玉をカットできます。

本商品は、「normal」と「care」モードに切り替えができるのが特長。normalモードは通常の毛玉取りに、careモードはおしゃれ着などデリケートな衣類の毛玉取りに利用できます。「ふわふわガード」で、衣類の質感をキープしながら、毛玉だけをしっかりカット。ダストボックスには静電気防止剤を配合していて、毛玉や糸くずがつきにくいのもオススメです。

【価格】
オープン価格(メーカーHP

パナソニック「毛だまクリーナー 風合い残し ER857PP」

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-Panasonic-ER857PP-P-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E9%A2%A8%E5%90%88%E3%81%84%E6%AE%8B%E3%81%97/dp/B001MBV4RE/ref=sr_1_7?s=home&ie=UTF8&qid=1534945818&sr=1-7&keywords=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF

【商品の特長とオススメの理由】

取り外しできる「風合いキーパー」がついた二重構造の毛玉取り。キーパーを外せば、くつ下やジャージなどの毛玉もしっかりカットできます。キーパーを取りつければ、ニットなどの風合い(=質感)を残したまま毛玉をカット。生地の毛足に合わせてダイヤルを高・中・低の3段階に調整でき、サマーセーターから極太毛糸編みのニットまで幅広く利用できます。

毛くずの飛び散る量を約1%におさえているので、部屋が散らかりにくいのもオススメ。専用のブラシつきなので、お手入れも簡単です。

【価格】
amazon販売価格:税込7,501円(2018/9/12時点)

テスコム「毛玉クリーナーKD333-A」

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%A0-TESCOM-KD333-A-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC/dp/B001H0GD1M/ref=zg_bs_2034111051_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=S4DZ97Q7SDNJA3BJFAGN

【商品の特長とオススメの理由】

コンパクトで軽量な毛玉取りなので、持ち運びや収納に便利です。本体ケースはエチケットブラシつきで、毛玉取り後のちょっとした毛糸くず取りに利用できます。

シンプルな構造で、ダストケースも取りやすく、ゴミが簡単に捨てられるのもオススメ。リーズナブルなのも人気の理由です。

【価格】
amazon販売価格:税込1,518円(2018/9/12時点)

 

コード式電動タイプのおすすめ毛玉取り機

カーテンやカーペットなどの頑固な毛玉も取り除ける、コード式電動タイプの毛玉取りを紹介します。パワフルな毛玉取りで、衣類やインテリアまでキレイに整えましょう。

テスコム「毛玉クリーナーKD778」

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%A0-TESCOM-KD778-H-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%99%A8-%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC/dp/B0045Y0HP0/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1534942126&sr=8-6&keywords=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A

【商品の特長とオススメの理由】

「風合いガード」つきで、残す毛足の長さを3段階に調整できます。自動電圧切替式でAC100V-240Vの電圧地域で利用できるため、海外旅行に持参するのもオススメです。

大型タイプのカッターなので、サイズが大きなニットやアウターもラクにお手入れできます。ハンドルが持ちやすく、長時間毛玉取りしても疲れにくいのがメリットです。

【価格】
amazon販売価格:税込2,980円(2018/9/12時点)

Mimiry「毛玉クリーナー」

https://www.amazon.co.jp/Mimiry-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-3%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E8%AA%BF%E7%AF%80%E6%A9%9F%E8%83%BD-%E4%BE%BF%E5%88%A9%E3%81%AA%E6%9B%BF%E3%81%88%E5%88%832%E5%80%8B%E4%BB%98%E3%81%8D-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B071RCV27X/ref=sr_1_26?ie=UTF8&qid=1534946315&sr=8-26&keywords=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A

【商品の特長とオススメの理由】

切れ味がバツグンの3枚刃で、カーペットやカーテンなどの頑固な毛玉も除去できます。2mのロングコードで、コンセントから離れた場所でも使いやすいのが特長です。女性でも持ちやすく片手で使用できるため、忙しい朝もサッと毛玉を取れます。

替え刃2枚つきなので、切れ味が悪くなっても安心。ダストボックスは下に引くと簡単に取り外せるので、掃除が簡単なのもオススメです。取り外しできる保護ガードつきで、衣類の素材に合わせて高さを3段階に調整できます。

【価格】
amazon販売価格:税込1,580円(2018/9/12時点)

泉精器製作所「毛玉とるとるKC-NW84」

https://www.amazon.co.jp/IZUMI-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%99%A8-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88-%E3%81%A8%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%82%8B-KC-NW84-T/dp/B00MWMOF00/ref=sr_1_3?s=home&ie=UTF8&qid=1536722467&sr=1-3&keywords=kc-nw87

【商品の特長とオススメの理由】

「コードレス&AC電源」と2WAYで使える毛玉取りで、充電すればコードなしで利用できます。満充電時には、約20分使用が可能です。

刃サイズが65mmの超大型タイプで、ソファなど大きなインテリアの毛玉もスムーズに取れます。カーペットなどに毛玉ができやすい、ペットを飼っている方にもおすすめです。毛長に合わせて3段階に切り替えられるので、ニットやジャージなどの衣類にも幅広く対応できます。

【価格】

オープン価格(メーカーHP

 

ブラシタイプのおすすめ毛玉取り

衣類を傷つけにくいブラシタイプの毛玉取りを紹介します。クローゼットや玄関にストックしておけば、衣類がキレイな状態で仕事や外出に臨みます。

コジット「クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ」

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%B1%8B%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%AF%9B%E7%8E%89%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/dp/B00111HWGW/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1534942126&sr=8-9&keywords=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A

【商品の特長とオススメの理由】

ネーミングの通り、クリーニングの専門家が愛用している毛玉取り。弾力性がある「猪毛」を採用し、繊維を傷めず毛玉を取れます。ブラシの先端が傘状になっていて、毛玉だけをしっかりキャッチし、ニットなどの風合いを損なわないのもオススメです。

本体には天然木を使用し、触れ心地がよく持ちやすいのも魅力。ブラシの真ん中に空いた穴からは、ブラッシング中に毛玉の取れ具合を見れます。お掃除ブラシつきなので、ブラシの毛に挟まった毛玉などをスムーズに取り除けるのも◎。

【価格】
公式オンラインショップ販売価格:税込2,160円(2018/9/12時点)

浅草アートブラシ「かんたん毛玉取りブラシ・匠」

https://www.amazon.co.jp/%E6%B5%85%E8%8D%89%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7-%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%93%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BB%E5%8C%A0/dp/B01766M2FG/ref=sr_1_48?ie=UTF8&qid=1534945524&sr=8-48&keywords=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A

【商品の特長とオススメの理由】

繊細なカシミヤからウール、アクリルまで、いろんな素材に使える毛玉取りブラシ。熟練した職人が天然毛を厳選し、浅草でひとつひとつ丁寧につくっています。

毛玉取りブラシの場合、襟や袖口などの毛玉が取りにくいもの。そこで、ブラシの先端だけ毛束を増やし、襟や袖口の毛玉も取りやすい構造になっています。ブラシの柄もゆるやかにカーブさせ、衣類にソフトな感触であたるよう工夫が加えられています。

【価格】
公式オンラインショップ販売価格:税込4,980円(2018/9/12時点)

ベストトレッサー「エチケットブラシH08」

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC-H08-%E3%80%90%E3%82%A8%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%80%91-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B002XZIF5W/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1534946582&sr=8-6&keywords=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7

【商品の特長とオススメの理由】

レバーを切り替えるだけで、左右どちらの向きからもブラッシングできます。ブラシについた毛玉やホコリは、切り替えレバーを左右にスライドするだけで、ダストボックスに収納。ダストボックスにゴミが溜まったら、本体のフタをスライドさせるだけで、ゴミを捨てられます。

ブラシをいつもキレイな状態に保てるので、気持ちよく毛玉取りができるのも魅力。アイロンがけの前仕上げや、衣類についたペットの抜け毛対策にも役立ちます。

【価格】
メーカー直販サイト価格:税込1,728円(2018/9/12時点)

 

オススメの毛玉取りで、衣類やインテリアをキレイに保とう

毛玉取りがあれば、ニットやカーテンなどをキレイな状態に保てます。電動やブラシなど、タイプによって、毛玉の取り方も違うため、ライフスタイルに応じたピッタリの毛玉取りを見つけましょう。
 
参考:
家事の宅配カジタク

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア