出生届の書き方は? 項目ごとの記入内容や注意点をチェック!

夫婦のお悩み解決コラム

赤ちゃんが生まれたら取るべき手続きはもりだくさん。書類の細かい書き方が分からず、思うように進まない! という方もいるのではないでしょうか。なれない育児でバタバタしているなか、頭を悩ませながら書類を記入するのは、ストレスの元です。
ここでは、出産にまつわる手続きのなかでも重要な「出生届」について、届出書の書き方や注意点などをまとめました。産後の手続きをスムーズに進めるのに、ぜひ役立ててください。

赤ちゃんが生まれたら提出する出生届とは?

出生届(しゅっしょうとどけ)とは、赤ちゃんが生まれた際に提出する必要がある、戸籍上の届出のこと。出生届を提出することで、赤ちゃんの名前が戸籍や住民票に登録され、親族関係などが公的に証明されることになります。

届出人:原則赤ちゃんの父母(提出は代理人でも可)。

提出期限:赤ちゃんが生まれた日を含めて14日以内(国外で生まれた場合は3カ月以内)。

提出先:赤ちゃんが生まれた場所や届出人の本籍地、もしくは届出人が住んでいる場所や里帰りなどで一時滞在をしている場所の市役所や区役所、町村役場。

届出書がもらえる場所:出産先の病院でもらえるのが一般的。また、役場の窓口でももらえるほか、ダウンロードして使える出生届もあります。

 

出生届の具体的な記入例

出生届の記入方法を項目ごとに解説します。もしも書き方の例とは異なるケースが出てきた場合には、届出先の市区町村に問い合わせましょう。

1.日付

記入した日ではなく、出生届を提出する日の年月日を書きます。

2.生まれた子

(1)

  • 子の氏名
    生まれた子の氏名を正確な字体で記入。名前に使用できる字には制限があるため注意が必要です(常用漢字・人名用漢字・ひらがな・片仮名)。
    子どもが外国人の場合は原則カタカナ表記+ローマ字を付記します。
  • 父母との続柄
    婚姻届を提出済みの場合は「嫡出子」、提出していない場合は「嫡出でない子」にチェック。
    子の性別にチェック。
    性別のチェック欄の前の空白に、
    嫡出子の場合:同じ父母から生まれた子を男女ごとに数えて、1人目「長」、2人目「二」(次男・次女ではないため注意)、3人目「三」……と記入。
    嫡出でない子の場合:母が生んだ嫡出でない子の生まれた順に「長」「二」「三」……と記入。

(2)

  • 生まれたとき
    出生証明書の「生まれたとき」に記載された年月日、時刻を記入。
    昼12時=午後0時、夜12時=午前0時です。

(3)

  • 生まれたところ
    出生証明書の「生まれたところ」に記載された住所を記入。
    病院で出産した場合は、病院の住所になります。

(4)

  • 住所
    子どもの住民登録をする住所を書きます。団地名、アパートなどの建物名や部屋番号などは住民票どおりに。
  • 世帯主の氏名
    住所の世帯主を住民票どおりに記入します。
  • 世帯主との続柄
    世帯主からみた生まれた子の続柄。
    父か母が世帯主なら「子」、祖父母のどちらかが世帯主なら「子の子」と書きます。

(5)

  • 父母の氏名 生年月日
    父母の氏名:戸籍のとおりに記入します(外国人はカタカナ)。
    生年月日:和暦(外国人は西暦)。
    年齢:子どもが生まれたときの満年齢を記入

3.生まれた子の父と母

(6)

  • 本籍
    本籍地の住所を戸籍のとおりに記入します。外国人は国名だけを書きます。
  • 筆頭者の氏名
    戸籍のはじめに記載されている人の氏名を書きます。外国人の場合は空欄にします。

(7)

  • 同居を始めたとき
    結婚式をあげたときと一緒に住み始めたときの、早いほうを和暦で記入。
    挙式も同居もしていない場合は「未」と書きます。

(8)(9)

  • 子が生まれたときの世帯のおもな仕事と父母の職業
    「父母の世帯の生計を主に維持している人」の仕事に該当するものにチェック。
    父母の職業は国勢調査の年のみ記入します。

4.その他

入籍前などで父母を筆頭とする戸籍がまだない場合、新しい戸籍をつくるために、希望する本籍を記入します。また、海外で出産し日本国籍を留保したい場合は、この欄に「日本の国籍を留保する」と記入します。

5.届出人

該当欄にチェック。

  • 住所
    建物名、団地名などは住民票どおりに記入します。(4)の住所と同じ場合は「(4)欄に同じ」でもOK。
  • 本籍
    本籍地の住所を戸籍のとおりに記入します(外国人は国名だけ)。
    (6)と同じ場合「(6)欄に同じ」でもOK。
  • 筆頭者の氏名
    戸籍のはじめに記載された人の氏名を書きます(外国人の場合は空欄)。
    (6)と同じ場合「(6)欄に同じ」でもOK。
  • 署名
    必ず届出人本人(原則子の父または母)が署名、捺印する必要があります。
  • 生年月日
    和暦で記入(外国人は西暦)します。

6.連絡先

日中につながる電話番号を記入。自宅・勤務先・呼出の該当するものに◯。
携帯電話の番号でもOKです。

7.出生証明書

医師または助産師が記入、署名捺印する欄です。

 

出生届を記入するときの注意点

出生届は、わが子が生まれたことを公的に届け出る大切な手続きです。スムーズに受理してもらえるように、次のようなことに注意して書きましょう。

筆記用具は消えにくいものを使う

出生届を記入するときは、シャープペンシルや鉛筆、消せるボールペンなど消すことができる筆記用具は使用しないようにしましょう。

楷書で記入する

出生届に文字を書くときは、くずさず、楷書を使って分かりやすく書いてください。とくに名前は、記入した内容がそのまま戸籍に載ることになります。せっかく考えた名前が誤って伝わることがないよう、丁寧に書きましょう

和暦を使う

出生届に生年月日などの日付を記入するときは、和暦(元号+年)を使用しましょう(外国人の場合は西暦を使う欄もあります)。

修正ペンやテープで修正しない

書き誤ってしまった場合は、修正ペンや修正テープなどで消してはいけません。
訂正の方法は「間違えた箇所に二重線を引き、訂正印欄に押印」「間違えた箇所に赤色の一本線を引く」など、市区町村によって異なります。事前に確認しましょう。

出生証明書欄には絶対に手を加えない

出生証明書欄に記入できるのは、医師もしくは助産師のみと決められています。もしも誤りに気づいた場合は、医師・助産師に申し出て、訂正してもらいましょう。

子の本籍地以外に提出する場合は2通用意する

出生届を子の本籍地以外に提出する場合、出生届は2通書く必要があります(1通でよい場合もある)。ただし、出生証明書は原本と写しの1通ずつでOKです。

 

出生届提出時に用意するものや必要書類

出生届を提出するときには、次のものを一緒に用意していきましょう。

出生証明書

出生届の届出書の右半分が出生証明書欄になっています。出産した病院などで、医師・助産師が記入、署名捺印したものが必要です。

届出人の印鑑

実印である必要はありません。三文判でOK。ただし、シャチハタなどのスタンプ印は不可です。

母子健康手帳

出生届を出した際に、出生届出済証明欄に記名・押印されます。

国民健康保険被保険者証

国民健康保険に加入している場合のみ必要です。

 

まとめ

出生届の書き方には細かい決まりがいくつもあって、一見しただけでは書き方がよく分からい部分も少なくありません。
書き方や訂正方法が誤っていたり、添付書類が足りなかったりすると、窓口での手続きに時間がかかるだけでなく、出し直しを求められる可能性もあります。正しい書き方や注意点を事前にチェックしておくことで、書類の作成や手続きがスムーズになりますよ。
もしも、記事を読んでも分からないことが出てきた場合には、必ず、市区町村に問い合わせましょう。

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア