出生届の提出期限は出生日から14日! 数え方は? 遅れたらどうなる?

夫婦のお悩み解決コラム

赤ちゃんが生まれたら真っ先にする手続きが「出生届」。なにかとバタバタする産後に、きちんと期限を守って提出できるか不安に思う方も多いでしょう。提出期限の日数や間に合わない場合の対処法などを知って、スムーズに手続きできるように備えてください。

ここでは、出生届の提出期限日数と数え方を案内。間に合わなかった場合の手続きやペナルティの内容、いざというときにペナルティを回避する方法などをまとめました。

赤ちゃんが生まれたら提出する出生届とは?

「出生届」とは簡単にいえば、「赤ちゃんが生まれました」ということを公的に届け出る手続きのこと。届出書には、赤ちゃんが生まれた日時や住民票に記載される赤ちゃんの名前や住所、両親の情報などを記入します。この手続きを完了してはじめて赤ちゃんが住民票や戸籍に登録されることになるため、非常に大切な手続きです。

出生届の届出書は通常、市区町村役場の窓口や、出産する病院などでもらえます。そのほか、自治体のホームページなどで配布されている、ダウンロードして使える届出書もあります。

出生届の届出書を作成したら、次のいずれかの地域の市役所、区役所、町村役場に提出します。

  • 赤ちゃんの出生地
  • 届出人(原則、父母)の本籍地
  • 届出人が住んでいる場所・里帰り出産などで滞在している場所

 

出生届の提出期限と日数の数え方

出生届には14日間という提出期限が設けられています。期限をきちんと把握して、間に合うように準備しましょう。日数の数え方を間違わないように、注意が必要です。

提出期限日の数え方

法務省のホームページを見ると、出生届の提出期限は「出生の日から14日」と記載されています。

ここで問題となるのが“出生の日から”という表現。この場合は、「出生の日を1日目と数えて」という意味です。出生日の翌日から日数を計算するミスをする方が意外と多いため、勘違いしないように気をつけましょう。

(例)
1月1日に出産した場合、提出期限は1月14日

これは、例えば23時59分に出産したとしても変わりません。生まれた瞬間の日付をベースに、日数を数える必要があります。

期限日が土日祝祭日にあたる場合はどうなる?

提出期間の最終日が土日祝祭日や年末年始など、役所が休みの日に当たる場合、翌開庁日(通常の土日の場合は翌週月曜日)が提出期限となります。

出生届の提出自体は、24時間365日いつでも可能。土日や祝祭日でも休日用の窓口で受付けてもらえます。

ただし、内容のチェックが行われるのは休みが明けてから。そのため、不備があれば後日電話などで連絡が来ることになると覚えておきましょう。書類に不備がなければ、届出書を提出した日が受付日になります。

海外で出産した場合の提出期限はいつまで?

海外で出産した場合、出生届の期限は生まれた日を含めて3カ月です。

届出先は、出産した国に駐在する日本大使、公使または領事、もしくは、父母の本籍地の市役所、区役所や町村役場です。郵送での届出も可能なので、遅れないように手続きしましょう。

また、出産した国が、その国で生まれたすべての者に国籍を与える制度をとっている場合、「国籍の留保」という手続きをとる必要があります。出生届のその他欄に「日本の国籍を留保する」と記入しなければ、子供が日本の国籍を失ってしまうのです。

もしも自然災害などによってどうしても期限内に手続きができない場合は、届出ができるようになった時から14日間まで、期限が延長されます。

海外出産の場合は、国内で出産したときと比べて、出生届の期限が長く設定されています。必要な手続きをきちんとチェックして、不備がないように準備してください。

出生届の提出期限を過ぎたらどうなる?

育児に追われてうっかり期限を忘れてしまったり、産後体調が悪くて手続きに手が回らなかったりと、出生届が期限に間に合わない可能性というのは誰にでもあるもの。心配しなくても、期限を過ぎてしまった場合にも出生届を受け付けてもらうことは可能です。そうでなければ、赤ちゃんの戸籍が作られないままになってしまうので、当然ですね。

ただし、提出期限に遅れてしまった場合は、特別な手続きが必要となります。また、過料(罰金)が課せられる可能性もあることを知っておきましょう。

提出期限を過ぎた場合にはペナルティがある

出生届が期限に間に合わない場合の罰則については、戸籍法第135条で次のように定められています。

正当な理由がなくて期間内にすべき届出又は申請をしない者は、五万円以下の過料に処する。
e-Gov 『戸籍法』より引用

つまり、期限が過ぎてしまうと、最大5万円の罰金が課せられるということですね。とはいえ、すべてのケースで罰金が取られるかというとそうではありません。

出生から15日目以降に届出をする場合、「戸籍届出期間経過通知書」に遅延の期間や理由などを書いて、出生届と一緒に役場に提出することになります。

役場はその内容をもとに簡易裁判所に遅延の経緯などを報告。実際に過料を科すかどうかは、簡易裁判所が決定します。

 

名前が決まらなくても出生届は提出できる!

子供が一生付き合っていく大事な名前は、熟考したいもの。出生届の提出期限が迫るなか、子供の名前がなかなか決まらず焦ってしまう方もいるでしょう。

実は、どうしても名前が決まらない! という場合には、名前を書き入れないまま出生届を出すことができます。この方法を使えば、戸籍届出期間経過通知書の記入や、届出が遅れたことによる罰金を避けられますね。

名前を空欄にして出生届を出した場合、名前が決まったタイミングで「追完届(ついかんとどけ)」という書類を提出すれば、改めて戸籍に名前が載せられることになります。

ただし、この方法は、よいことばかりとはいえません。

名前を空欄にして出生届を出し、後に追完届を提出したた場合、戸籍には一連の経緯が残ってしまいます。そのため、将来子供が自分の戸籍を見たときに、名前が後から追加されたことを知り、不審に思う可能性を考えなければいけません。

できる限り提出期限内に名前を考える努力をした方がよいでしょう。

まとめ

出生届には生まれた日を含めて14日(海外出産では3カ月)という提出期限が設けられています。もしも、期限を過ぎてしまった場合には、戸籍届出期間経過通知書の提出が求められ、罰金を払わなければならない可能性があるので注意してください。

また、子供の名前が決まらないときには、空欄のまま出生届を出すこともできることを覚えておきましょう。

出生届は赤ちゃんが生まれたことを公的に届け出て戸籍を作るための、大切な手続きです。期限をうっかり忘れてしまうことがないよう、きちんと把握しておいてくださいね。

参考:
法務省 『出生届』 
和泉市 『出生届』 
法務省 『国際結婚,海外での出生等に関する戸籍Q&A』 
町田市 『FAQ 戸籍に関すること』
e-Gov 『戸籍法』
東吾妻町 『出生届の手続き』 

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア