お七夜は赤ちゃんの成長を祝う最初の節目! 行事や料理のならわしは?

夫婦のお悩み解決コラム

「お七夜」は、赤ちゃんが生まれるとすぐにくるお祝いごと。どんなスケジュールで何をすればいいの? と、段取りに悩んでしまいますよね。ここではお七夜について、どのような行事か、何をするのか、どんな準備をすればよいのかを解説。お七夜に行う「命名式」についてもまとめました。

赤ちゃんの初めての行事「お七夜」とは?

赤ちゃんが生まれて初めて迎える行事「お七夜」。お七夜とはどのような意味を持ち、どんなお祝いをする行事なのでしょうか。

お七夜の意味や読み方

お七夜は「おしちや」と読み、赤ちゃんの生後7日目(生まれた日を含めて7日目)に行われるお祝い事です。

実際には、産後7日目は母子の退院当日や直後にあたることが多く、お母さんも赤ちゃんも、体調が万全とはいえません。そのため、きっちり生後7日目にはお祝いせず、落ち着いた頃に行う場合も少なくありません。

お七夜には、赤ちゃんが誕生したことを周囲の人や家を守る神様、土地の産神様に報告し、赤ちゃんの健やかな成長を願う意味があります。

医学が発達していなかった時代には、赤ちゃんが生まれてすぐに亡くなるのは珍しくないことでした。そのため、節目となる7日目を無事に迎えられたことを盛大にお祝いをする習わしが古くからあったのです。

赤ちゃんが早くに亡くなることが減った現在では、身内だけでささやかにお祝いの場をもうけるのが、一般的になっています。

お七夜の正式な起源はよくわかっていませんが、平安時代にはすでに、同じような行事が行われていたようです。当時は、生まれた日、生後3日目、5日目、7日目、9日目に赤ちゃんの無事を祝う宴を開催していました。

江戸時代には、7日目にあたる「七夜」に行う命名の儀が将軍家の公式行事に。庶民にもその風習が広がった名残から、現代でも広くお七夜が祝われているといわれています。

お七夜のお祝い方法

かつては、赤ちゃんの父方の祖父が主催して行われることが多かったお七夜ですが、最近では、赤ちゃんの両親が主催するのが一般的。赤ちゃんの祖父母などごく近しい間柄の人を招き、お赤飯や尾頭付きの鯛といったお祝い膳を用意して、内々でお祝いすることが多いようです。

お七夜には、次のようなイベントを行います。

  • 命名式
    赤ちゃんに名前をつけてお披露目する行事。「命名書」に赤ちゃんの名前や生年月日、両親の名前、続柄、命名した人の名前などを書いて、飾ります。
  • 手形・足形取り
    お七夜を無事に迎えた記念や、成長の記録として、あかちゃんの手形や足形をとる人も多いようです。赤ちゃんの小さな手足はすぐに大きくなってしまいます。手形・足形を残しておけば、子供が成長したら「こんなにちっちゃかったんだよ」と、見せてあげられますね。最近では、手形・足形をスタンプする台紙と命名書がセットになったものや、立体に加工するサービスなども販売されています。

お七夜で使う命名書とは?

命名書とは、命名式で飾る、赤ちゃんの名前などを書いた紙のことです。

正式には奉書紙という白い紙を三つ折りにして使いますが、半紙で代用する場合もあります。また、イラストなどが印刷されたかわいらしい命名書専用の用紙(命名紙)も市販されていて、広く使われています。

そのほか、フレームとセットになったものや掛け軸タイプのものなど、最近ではさまざまなバリエーションの命名書が利用可能です。

お七夜に欠かせない「お祝い膳」の料理

お七夜ではみんなでお祝い膳を囲むのが一般的です。お祝い膳の基本的な内容や無理なく準備する方法をみていきましょう。

お七夜の基本のお祝い膳の内容は?

お七夜のお祝い膳の内容に、決まりはありません。定番は尾頭付きの鯛の焼物と赤飯。加えて、お膳にはおめでたいとされる食材や料理が並べられます。

お祝い膳によく用いられるのは、次のようなものです。

    • 紅白のもの(麩・なますなど)
    • こんぶ
    • 出世魚(ブリ・ボラなど)
    • 刺身
    • 煮物(筑前煮など)
    • 天ぷら
    • 吸い物
        など

また、出身地方の伝統的なお祝い料理や、ケーキなどを用意してお祝いすることもあります。

お祝い膳を無理なく準備するポイント

お七夜を行う時期は、赤ちゃんも両親も慣れない育児や赤ちゃん中心の生活リズムに戸惑っている時期。無理して完璧なお祝い膳を用意しようとする必要はありません。赤ちゃんのお世話やお母さんの体調などを最優先して、無理なくお祝い膳を用意する工夫が必要です。

夫婦どちらかの実家のお母さんに頼めるようなら、前もってお願いしておきましょう。もしも実家に頼れない場合には、仕出しやケータリングなどを利用することも検討してみてください。

料亭やホテルなどを利用する方法もありますが、生後1ヶ月を迎える前の赤ちゃんの外出は控えた方が無難。できるだけ、宅配してくれるサービスを利用しましょう。

また、スーパーのお総菜など、出来合いのものを上手に活用するのも、1つの方法です。

        • 赤飯
          スーパーや和菓子店に注文しましょう。レトルト食品を利用してもよいでしょう。
        • 鯛の焼き物
          スーパーや魚屋に「尾頭付き」を指定して注文し、すぐに焼けるようにはらわたや鱗の処理をお願いしておきましょう。お店によっては、調理まで引き受けてくれる場合もあります。
        • 刺身
          スーパーで購入しましょう。事前に注文しておくと、予算や人数、好みなどに合わせたお造りを用意してもらえます。
        • 煮物
          スーパーのお総菜などが利用できます。

 

お七夜に行われる「命名式」とは?

お七夜のメインイベントの1つが「命名式」です。命名式の意味や、命名式に必要な「命名書」の書き方、飾り方を紹介します。

赤ちゃんの名前を披露する「命名式」

先にも少し触れましたが、命名式とは赤ちゃんの名前をお披露目する儀式のこと。お七夜に行うのが古くからの習わしです。

昔は赤ちゃんが生後すぐに亡くなる(=神様のもとに帰る)ことが珍しくありませんでした。そのため、7日目に名前をつけることには、正式に「人間の子供」として認められる意味もあるといわれています。

ただし、法律では生後14日目までに出生届を出して赤ちゃんの名前を届け出ればよいと決まっています。そのため、お七夜に間に合わせるために慌てて名付けをする必要はありません。日数にこだわらず、名前が決まったタイミングでお披露目しましょう。

命名書の書き方・飾り方

命名式では、赤ちゃんの名前を書いた命名書を用意します。命名書を書くのは、本来、命名した人の役目です。しかし、字が得意な人にお願いしたり、印刷や代書業者を利用してもかまいません。

命名書には「正式」と「略式」の2通りの形式があります。それぞれどのような形式かをかんたんに説明します。

        • 正式な命名書
          奉書紙を横半分に折ったのち三つ折りにして使う。
          裏面中央に生年月日と名前、父母の名前、続柄を書く。裏面左側に命名式の日付と命名した人の名前を書く。
          表面中央に「命名」と書く
        • 略式の命名書
          半紙に生年月日と名前、父母の名前、続柄を書く(名前と生年月日のみでもOK)。

また、これ以外にも、記入項目が印刷された命名紙やダウンロードできるテンプレートなどもあります。

用意した命名書は、三方(さんぼう・下に胴がついた素木製の四角い盆)に乗せて神棚や床の間に飾るのが習わしです。家に神棚や床の間がない場合は、鴨居やベビーベッドの枕元などに飾ります。

命名書をいつまで飾るかに決まりはありません。出生届を出したタイミングや床上げの後(およそ生後1カ月ごろ)などに外すとよいでしょう。外したあとの命名書はへその緒などとともに保管しておくと、思い出になりますよ。

フレーム入りのものなどは、インテリアとして飾り続けてもOKです。

お七夜の赤ちゃんと両親の服装は?

お祝いごととなると気になるのが、ドレスアップするべきかどうか。お七夜を迎える赤ちゃんとお父さん、お母さんは、どのような服装をすればよいのでしょうか。

お七夜の赤ちゃんの服装

お七夜の赤ちゃんの服装に、決まりごとはありません。写真に残ることを考えて、普段着よりもおしゃれな、よそゆきを着せてあげるとよいでしょう。

退院のときに着せたセレモニードレスなどがあれば、それを着せるのもお祝いごとらしくて素敵です。

お七夜の両親の服装

お父さん、お母さんの服装も、特別にフォーマルである必要はありません。写真に残ってもおかしくない、清潔感がある服装なら問題ないでしょう。きれいめのカジュアルで十分です。

特にお母さんは、授乳をしなければならない場合があります。授乳のしやすさや動きやすさも考えて、服を選びましょう。

まとめ

お七夜は、赤ちゃんが生後7日目を無事に迎えたことを喜び、誕生をお披露目する行事。同時に名前を披露する「命名式」も行うのが一般的です。産後すぐのタイミングで行われる行事なので、体調などに配慮して日取りを決め、お祝い膳などの用意も、負担になりすぎないように工夫しましょう。服装も、特別フォーマルに装う必要はありません。

赤ちゃんが生まれてはじめて迎えるお祝いの行事。素敵な1日にしてくださいね。

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア