お七夜(命名式)の命名書を準備しよう! 入手方法や書き方・飾り方

夫婦のお悩み解決コラム

赤ちゃんの無事の成長を祝う「お七夜」のメインイベントともいえる「命名式」。命名式に欠かせないアイテムが、赤ちゃんの名前を書いた「命名書」です。命名書に関して「どんな紙を使うの?」「どう書けばいいの?」「誰が書くの?」と、疑問がたくさんある方も多いでしょう。そこでここでは、命名書の用紙の入手方法や書き方、飾り方など、命名書を用意するときに困らないためのアレコレを解説します。

お七夜の大切な行事「命名式」とは?

お七夜は、赤ちゃんが生まれてから初めて迎える大切な節目の日。この日のメインイベントともいえるのが「命名式」です。お七夜、命名式とはそれぞれどのような行事なのでしょうか。

お七夜とはどんな行事?

「お七夜(おしちや)」とは、赤ちゃんが生まれてから7日目(生まれた日を含む)に行う行事。周囲の人や土地の神様に赤ちゃんの誕生をお披露目する意味があります。

平安時代にはすでにあり、江戸時代ごろに庶民に広まったといわれるお七夜。医療などが発達していなかった時代には、生まれてすぐに赤ちゃんが亡くなることは珍しくありませんでした。そのため、7日目を無事に迎えられたことを喜び、お祝いするようになったのです。

お七夜は、鯛や赤飯などのお祝い膳をかこみ、両家祖父母などごく近しい人で行うのが一般的。赤ちゃんの名付けの儀式「命名式」のほか、写真撮影や手形・足形を取るセレモニーなどでお祝いします。

お七夜に行われることが多い「命名式」とは?

「命名式」とは、赤ちゃんに名前をつけてお披露目する行事のこと。赤ちゃんの名前と生まれた日、お父さんお母さんの名前と続柄などを書いた「命名書」という紙を神棚や床の間、最近ではもっとカジュアルにベビーベッドの近くなどに飾ります。

赤ちゃんが7日目を迎える前に亡くなることも多かった時代には、7日目を無事に過ぎてはじめて名前をつけるのが習わしでした。7日目にはじめて神の子から人間の子として認められ、その証として名前が与えられると考えられていたからです。その風習が江戸時代には命名の儀として将軍家の公式行事となり、庶民にも浸透し今日でも命名式として残っているのです。

命名式はお七夜に行うことが多い行事ですが、だからといって、生後7日目までに慌てて名前を決める必要はありません。日本の法律では、赤ちゃんの名前などを届け出る「出生届」の提出期間は生後14日間と定められています。7日目にこだわらず、納得いく素敵な名前がつけられたタイミングで、命名式を計画しましょう。
 

命名式に必要な「命名書」の準備方法

命名書は、命名式に欠かせないアイテムです。事前にきちんと準備して、命名式を迎えましょう。

命名書の種類と準備方法

命名書は、大きく分けると「正式」と「略式」の2種類があります。

正式な命名書には「奉書紙(ほうしょがみ)」という種類の紙を使用します。奉書紙とは、コウゾという植物から作られたやや厚手の上質な和紙のこと。純白でしわがないのが特徴です。奉書紙は大きな文房具店や書道用品店、画材店などで購入できます。

略式の命名書には、半紙が使われます。他にもイラストなどが印刷された命名書専用の命名紙や、色紙タイプの命名紙などが使われることもあり、いずれも文房具店などで購入可能です。とくに専用の命名紙は、西松屋やアカチャンホンポなどのベビー用品店にも売っています。

また、さまざまなオンラインショップでも奉書紙や半紙、命名紙の購入が可能です。妊娠中や産後すぐで、お店に買い物にいくのが大変な場合は、ネット通販の利用がおすすめです。

テンプレートや業者を活用する方法も

命名書の用紙は、お店で購入する以外にウェブページからのダウンロードでも手に入れることが可能です。「命名紙 ダウンロード」などのキーワードで検索すると、さまざまなテンプレートが見つかります。豊富なデザインから選べるうえに無料のものもあるため、こちらを活用するのも1つの方法です。

また、手書きに自信がなかったり、忙しくて用意が難しい方は命名書の作成を代行してくれる業者を利用するのも便利ですよ。命名書を印刷してくれる業者のほか、手書きで代筆してくれる業者もあります。
 

命名書は誰が書くもの?

命名書を誰が書くかについては、絶対にこうしなければならないという決まりはありません。

以前は、命名書の書き手は父方の祖父が担うことがほとんどでした。なぜなら、お七夜および名付け式を父方の実家が主催するケースが多かったからです。しかし現在では赤ちゃんの両親主体でお七夜、命名式を行う場合が多く、そのため、赤ちゃんのお父さんやお母さんが書いたというケースが多いようです。また、先ほど紹介したように筆文字を書くのがどうしても苦手だという場合は、印刷に頼ったり業者に代筆をお願いしたりと選択肢はさまざま。もちろん、毛筆が得意な知り合いにお願いして書いてもらってもかまいません。

 

【正式・略式】命名書の書き方と飾り方

ここからは、命名書の書き方を、正式、略式に分けて紹介します。なお、ここに紹介する書き方はあくまでも一例です。命名書に書く内容や文字の配置、紙の折り方などには諸説あります。

命名書の書き方【正式】

  1. 奉書紙を横半分に折ります。
  2. 折り目を下にして縦3つに折ります。
  3. 三つ折りの右側部分中央に「命名」と書きます。
  4. 三つ折りの中央に赤ちゃんの名前を大きく書きます(ファーストネームのみ)。
  5. 赤ちゃんの名前の右上に赤ちゃんの続柄を書きます。
  6. 赤ちゃんの名前の左下に生年月日を和暦・漢数字で書きます。
  7. 三つ折りの左側部分に右から命名日(和暦・漢数字)、父親の名前(フルネーム)、母親の名前(ファーストネームのみ)の順に書きます。
  8. 別に命名者(名付け親)がいる場合は、両親の名前の左に命名者の名前を書きます。
  9. 左、右の順に折り畳み、三つ折りにします。
  10. 別の奉書紙で上包みをかけ、表中央に「命名」と書きます。

※壁などに貼る場合は9.10.は省略します。

命名書の書き方【略式】

  1. 半紙の中央上に命名と書き、下に大きく赤ちゃんの名前(ファーストネームのみ)を書きます。
  2. 赤ちゃんの名前の右に父親の名前(フルネーム)、母親の名前(ファーストネームのみ)を書きます。
  3. 両親の名前の下に赤ちゃんの続柄を書きます。
  4. 赤ちゃんの名前の左に生年月日を和暦・漢数字で書きます。

※2.3.は省略する場合もあります。

市販の命名紙を使用する場合は、「命名」「年月日」などの文字があらかじめ入っている場合があります。その場合は書類に従って記入しましょう。

命名書の飾り方

書き上げた命名書は、三方(さんぼう・胴がついた素木の四角い盆)にのせて、神棚や床の間に飾るのが正式な作法です。自宅に神棚や床の間がない場合は、ベビーベッドの枕元や鴨居、壁などの目立つ場所に飾ります。

命名書をいつまで飾るかには、はっきりとした決まりはありません。床上げをすませ、お宮参りを終えるまでの約1ヶ月間飾るケースもあれば、出生届を出したタイミングで外す場合もあります。外した命名書は捨ててしまわず、へその緒などと一緒にしまっておくと、赤ちゃんが成長した際に見せてあげることができますね。

形式にとらわれない命名書も増えている

最近では、形式にとらわれない命名書も増え、選択の幅が広がっています。インテリアとして飾り続けられるような商品もたくさんありますよ。

例えば、次のようなものがあります。

  • 掛け軸タイプ
  • 花文字(文字を絵のようにデザインしたもの)や書道アート
  • フォトフレーム一体型
  • ポスター風デザイン

など

伝統的な風習に乗っ取って命名式を行うのももちろん素敵ですが、家族にぴったりなオリジナルの命名書を作成するのも、思い出に残りそうですね。
 

まとめ

「命名式」は、赤ちゃんの名前を披露する大切な行事。赤ちゃんの無事の成長を祝う「お七夜」に行われます。
命名式に欠かせないアイテムが、赤ちゃんの名前や生年月日、両親の名前などを記した命名書です。お父さんやお母さんや周りの人が、愛情を込めて、赤ちゃんの名前を書いてあげましょう。用紙を購入するのが大変、文字を書くのが苦手といった場合には、業者に作成を依頼することもできますよ。最近は、伝統的な命名書だけでなく個性的なデザインのものもたくさんあるので、気に入った命名書を用意してお祝いしましょう。
 
参考:
学研ライフ&フーズ編集室(2009年)「決定版冠婚葬祭マナー・しきたり大辞典」

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア