抱っこひもを使うのに適した期間はいつからいつまで?

夫婦のお悩み解決コラム

いろいろなブランドやメーカーから、たくさんの種類がラインナップされている抱っこひも。簡単な作りのものから、多機能で頑丈な仕様のものまでさまざまです。身にまとうものだけにデザインの好みで選びたくなりがちですが、抱っこひもは大切な赤ちゃんの身を守るもの。デザインもさながら、機能面こそなにより重要です。商品によって適した赤ちゃんの月齢・年齢や体重が異なりますし、使用するシーンに適した種類がありますので、選び方のポイントをしっかりと覚えて、安全第一で使用できるように努めましょう。

1. 抱っこひもとは?

抱っこひもとは、読んで字の如く、抱っこするときに使用する“ひも”のことです。ただ、ひとくちに“ひも”といっても、その形はさまざま。簡単な作りのものから多機能タイプまであります。

抱っこひもの定義

抱っこひもの目的は、乳幼児を抱くときに抱っこする側のママやパパなどの負担を軽減するためのものです。乳幼児の面倒をみながら、家事を行わなければいけないときやお出かけするときに使います。

基本的には、抱っこというと、体の前で抱っこするのが普通。背中で赤ちゃんをおんぶするときに使うひものことは、「おんぶひも」と呼ぶこともあります。

しかし、最近では、前で抱っこするのにもおんぶするのにも両方使えるアイテムが多数登場しており、2wayや3wayなどの商品も出てきています。おんぶ用としても使えるタイプも一緒くたにして「抱っこひも」と呼ばれることが多くなってきています。

抱っこひもを使うメリット

赤ちゃんを実際に抱っこしてみると、抱っこひもの存在がどれだけ大きいかに気づくでしょう。抱っこひもがあるとないとでは、体にかかる負担が全く違います。もちろん、赤ちゃんからしても適切に抱っこひもを使用している方が、抱っこやおんぶされていて楽ちんです。抱っこひものタイプ別に、それぞれのメリットをまとめてみましょう。

横抱っこ&縦抱っこひも

横抱っこひもや縦抱っこひもを使って抱っこすると、子どもの様子を容易に確認することが可能です。また、電車などに乗って移動する際には、いちいち抱っこひもを外さなくてもそのまま椅子に座ったり、立ったりすることができます。

腰にウエストベルトが付いているものも増えてきており、これを使うと腰にかかっていた負担が激減します。

横抱っこにはスリングが便利。まず、持ち運びが楽です。布製品なので、折りたたんでバッグのなかにしまっておくのも簡単。軽量性も高く、荷物の多いママにもおすすめです。また、お洗濯のしやすさもメリットの一つ。毎日でも洗って使えるので安心感があります。慣れると脱着もスピーディーにできるようになるので、とっさの動きにも対応可能です。

おんぶ用抱っこひも

家事をする場面では、子どもをおんぶするのが一番です。使いやすいおんぶひもがあれば、背負う方の負担も少ないので、仕事がはかどります。最近では、おんぶひもといってもリュックのようなスタイルのものが多くなっていて、人気が集まっています。

多機能抱っこひも

対面抱っこや前向き抱っこ、おんぶや腰抱っこなど、いろいろなスタイルで抱っこできる機能を備えています。長期間使用できるというのがメリットです。

 

2. 抱っこひもを使う期間はいつからいつまで?

抱っこひもは便利なものなので、ついつい頼って長いあいだ使ってしまいがちです。でも、本来は推奨される適切な使用期間が決まっています。

いつから使い始めるのが理想?

新生児

新生児のうちは、出かけることも多くはないはずですので抱っこひもの必要性を感じることは少ないかもしれません。抱っこひもがあると便利なのは、1ヶ月健診のときぐらいでしょう。

1ヶ月〜

だんだんお出かけの機会も増えますし、家事をしながらおんぶする必要も出てきます。おんぶするときに使えるような抱っこひもも欲しくなる時期です。

5ヶ月〜

この頃になるとおすわりができるようになってくるので、ヒップシートタイプの抱っこひもも使えるようになってきます。

このように、抱っこひもは生活環境や、子どもの成長度合いに合わせて使い始めるようにしましょう。

いつまで使い続けていいの?

抱っこひもを使う時期は、だいたい新生児から2歳頃まで。1歳になると自分で歩き始めますので、抱っこひもは不要なのではと考える人もいるでしょう。しかし、子どもと一緒にお出かけしてみると、疲れて歩けなくなったり、外出先で寝てしまったりすることもあります。そんなときに抱っこひもがある方がなにかと助かりますので、少なくとも2歳頃までは使うつもりでいた方が無難です。

タイプ別の違い

2歳頃まで使用するとはいっても、抱っこひものタイプによって適齢期がありますので注意したいところです。

横抱っこ&縦抱っこひも

横抱っこ用であれば新生児から6ヶ月頃までが適切ですが、縦抱っこ用は腰がすわってくる7ヶ月頃以降でないとおすすめできません。逆に、お座りができるようになった7ヶ月頃の赤ちゃんを、無理に横抱っこ用のひもで連れ歩こうとすると嫌がる場面も。暴れると危険ですので、注意が必要です。

おんぶ用抱っこひも

おんぶ用の仕様になっている抱っこひもが使えるのは、首がしっかりとすわってからです。早い場合は2ヶ月ほどですが、一般的には4ヶ月ほどかかります。乳児健診の際に、医師に確認してもらってからの方が安心です。

多機能抱っこひも

新生児から2歳まで使える機能を備えた抱っこひももあり、用途が広いので人気があります。最長期間が36ヶ月というものも。

抱っこひもを選ぶときには、適用年齢も確認しておくとよいでしょう。

 

まとめ

抱っこひもは、新生児の頃から使い始めることができます。アイテムによってさまざまではありますが、最長で36ヵ月ほど使い続けることが可能。いつ頃まで使うかはママやパパ次第というところはありますが、体の大きさに合わない抱っこひもを使い続けることや、赤ちゃんに長時間同じ姿勢をとらせることはNGです。

赤ちゃんの体に無理がかからないことを最優先して、慎重に使用しましょう。

 

参考:
厚生労働省 『図10-1 一般調査による乳幼児の運動機能通過率』

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア