晩婚化時代の高齢出産! 35歳からの妊娠・出産のリアルとは?

夫婦のお悩み解決コラム

晩婚化が進む昨今、初めての出産年齢も高くなってきています。メディアでも多く取り上げられる高齢出産や不妊治療の成功を見て、自分も……と思いつつも様々な不安が伴いますよね。ここでは、今の高齢出産の現実をまとめてご紹介します。

いつから高齢出産になる? 高齢出産の定義

高齢出産についてなんとなく知識はあるものの、具体的にいくつからなのか、どのようなことが心配されるなどが気になるところですよね。まずは、高齢出産の定義から確認していきましょう。

初産の高齢出産の年齢

日本産婦人科協会によると、35歳以上で初めて妊娠・出産する人のことを「高年初産」といい、妊娠適齢期に比べて流産や難産、赤ちゃんの先天性異常などの可能性が高まります。

2人目以降の高齢出産の年齢

出産の経験がある2人目以降の出産を控えた妊婦さんを「経産婦」といい、同じ35歳以上でも初産とは高齢出産の定義が異なります。国際産婦人科連合で設けられている、35歳以上の初産婦、40歳以上の経産婦を「高齢出産」というのが一般的な定義となっています。

 

高齢出産の4つのリスク

高齢出産のリスクは考えるだけで不安になりますよね。卵子の老化や体力の低下などから、妊娠適齢期と比較すると様々なリスクが高まることは避けられません。必ずしも直面することではありませんが、どのようなリスクがあるのかをパートナーと共有しておくことをおすすめします。

流産の確率の上昇

流産の確率は、20〜34歳は9〜15%なのに対して、35~39歳は25%、40~44歳では51%にもなるというデータがあります。
流産の原因はいろいろあるものの、高齢出産になると卵の加齢が原因となることが多くなります。流産は心身共に母体に与える影響は大きく、パートナーのサポートが必須になることを予め理解しておきましょう。

妊婦特有の病気にかかりやすい

妊娠中にかかりやすい病気として「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」があります。病気の発症率は、35歳以上の高齢出産で発症率が高くなる傾向にあり、40歳以降でさらに危険性が高まります。妊娠高血圧症候群を発症すると、出産時に母子の命の危険にさらされることもあり、帝王切開が必要になることもあります。

赤ちゃん先天異常

高齢出産では、ダウン症などの先天異常の赤ちゃんが生まれやすい傾向にあります。20代では1,667〜1,000分の1の確率なのに対して、35歳で378分の1、40歳で106分の1、45歳で30分の1と高齢出産の年齢である35歳から急激にダウン症の発生率が上がっていくのです。

体力の低下

妊娠中は母体の免疫が下がりやすく、あらゆる感染症のリスクが高まります。高齢出産とされる35歳以上では、20代の頃と比較して体力が低下するのは言うまでなく、さらに注意が必要です。
風疹や猫のフンや生肉が原因とれされるトキソプラズマ症などは、妊娠中に感染してしまうと胎児へ影響をあたえる可能性があります。
外出する時はマスクをする、生ものを食べないようにする、ペットを飼っている方はフンや唾液に触れた後は手を洗うなど、感染症の予防を徹底しましょう。

 

高齢出産の自然妊娠と不妊治療

高齢出産は自然妊娠の確率が下がり、不妊治療を取り入れる方が多い傾向にあります。実際にどれくらい自然妊娠率が低下するのか、また不妊治療を取り入れるタイミングや費用について見ていきましょう。

35歳以上の自然妊娠の確率と条件

自然妊娠の確率は34歳までが33%、35歳から低下して40歳では3%以下になります。

さらに、自然妊娠のは下記の条件が揃っていてはじめて望めることなので、年齢的な確率だけでなくなかなか妊娠にいたらない場合は、パートナーと一緒に一度検査することをおすすめします。

自然妊娠の条件は、
排卵が確実にある
左右の卵管が正常
子宮に黄体機能不全・低下症、着床障害などがない
抗精子抗体がない
精子が正常
『なぜ妊娠できない?自然妊娠を目指す』茨城県小美玉市の不妊治療・婦人科 小塙医院より引用

不妊治療に踏み切る時期

通常の夫婦生活を送っている場合、およそ結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれているので、自然妊娠を望む場合、1年が目処となるでしょう。しかし、これは妊娠適齢期の夫婦も含めた目安であり、35歳をすぎると卵巣の状態が変わり、不妊治療の結果も出づらくなります。まだ大丈夫! と思わずに、高齢出産の場合は早めに踏み切ることをおすすめします。

不妊治療の費用の相場

500万円以上 4.6%
300〜500万円未満 10.6%
200〜300万円未満 15.2%
100〜200万円未満 24.8%
50〜100万円未満 17.6%
10〜50万円未満 18.8%
10万円未満 8.4%
こちらは、NPO 法人 Fine(ファイン) が調べた、不妊治療のための通院から治療完了までのかかる費用のアンケート結果です。一番多い割合を占めているのが、100〜200万円未満で約半数を占めています。100万円未満が44.8%に対して、100万円以上が55.2%という結果をみると、相場としては100〜150万円程度と言えるでしょう。

不妊治療の費用の支援

不妊治療に高額の費用がかかりますが支援制度もあります。厚生労働省の特定治療支援事業で、治療の初日の妻の年齢が43歳未満で、夫婦の合算所得が730万円以下であれば費用の援助を受けられるのです。金銭的な理由で諦める前に一度調べてみることをおすすめします。

 

高齢出産で良かった! と思えること

高齢出産には様々なリスクが伴うことは確かですが、たくさんのメリットもあります。
まずは、年齢を重ねたことで様々な経験値や知識が豊富なこと。35歳以上の女性は、仕事やプライベートでも経験を積んているため、20代の頃よりも精神が安定している傾向にあり、、周囲にママ経験者が多く知識も豊富。そのため、出産も子育ても精神的に余裕を持てるのです。
さらに、経済的にも若い世代よりも安定してることから、不妊治療や出産、さらには産後の子育て費用に関しても余裕を持って対応できるので、安心して子育に望めます。
精神的にも経済的にも若いママより余裕を持てることは、高齢出産のメリットと言えますよね。

 

まとめ

高齢出産はリスクばかりが目に付いて不安がつきまとうものですが、年齢を重ねているからこそ叶う理想もたくさんあります。ストレスを溜め込むことがなによりも良くないので、医師に相談したりパートナーと話し合うことで心身の健康を最優先してくださいね。

 

参考:
年齢と妊娠力茨城県小美玉市の不妊治療・婦人科 小塙医院
不妊に悩む夫婦への支援について
公益社団法人 日本産婦人科医会(「高年初産」について教えてください。)
feel助産院 「高齢出産とは何歳からの出産のことをいうの?」
公益社団法人日本産婦人科医会 幹事 奥田美加 『分娩時年齢の高年齢化 現状と問題点』
慶應義塾大学医学部産婦人科 丸山哲夫 『不育症の診断と治療「年齢別の流産の頻度」』
日本妊娠高血圧学会
不妊症・不妊治療について/不妊症ってどういうこと?-浅田レディースクリニック
妊娠適齢期ご存知ですか?/不妊治療に「まだ大丈夫」はありえない-浅田レディースクリニック
NPO 法人 Fine 『「不妊治療の経済的負担に関するアンケート Part2」 前回を大幅に上回る 1,993 人の当事者の声を分析! 』

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア