【2018年版】古風が流行に! 女の子につけたい可愛い名前まとめ

夫婦のお悩み解決コラム

子供の性別がわかったら、そろそろ名前も考えていきたいところですね。女の子ならやっぱり可愛い名前をつけたいというのが親心ではないでしょうか。

でもただ可愛いというだけで名前を決めてしまうと、子供が名前でツラい思いをすることがあるかもしれません。そこで参考にしたいのが人気の名前です。

ほかのママたちがどのような名前をつけているのかを知ることで、可愛い名前をつけるためのヒントを見つけることができます。可愛い名前のほかにも、つけるときの注意点なども合わせてご紹介します。

キラキラネームはもう古い! 古風なイメージが流行

2017年は古風な名前が人気でしたが、2018年も引き続き人気です。キラキラネームが一時期ブームになっていましたが、今は落ち着いた名前が主流となっています。

最後に「子」がつく名前

「〇〇子」というのは昔の流行でしたが、最近になってまたじわじわと人気が上昇しています。美子(みこ)や莉子(りこ)などのように二文字の「子」が今どきの名前の定番となっているようです。

ひらがなで古風に

漢字をひらがなに変換するだけでも、古風な名前になります。人気がある名前は、あかり、ひかり、すず、いろは、こはるなどです。

もちろん漢字でも可愛いのですが、ひらがなにすることで柔らかい印象がアップします。漢字が難しくて読めないという心配もなくなりますよ。

「和」を感じる漢字の名前

和を感じられる漢字を使用するだけで、古風な名前になります。たとえば「琴」「葉」「和」「奏」「千」のような漢字を使用すれば、レトロなイメージに。

これらの漢字を使った名前は、琴葉、琴音、千尋、日和、和奏、一葉など。

2017年「女の子の名前ランキング」にも入っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

時代が変わっても人気の名前

昔、流行った名前でも、今も変わらず人気の名前があります。たとえば、美月、希、美咲、美羽、遥、愛など。

芸能人でもよく見かける名前です。「美」という漢字には「美しい人に」「きれいな心を持つ人に」という思いが込められています。

「○○美」という名前が流行となった時期がありましたが、今では「美○○」と先頭につくのが主流になっています。

 

漢字一文字が人気! でも二文字の人気も変わらない

前までは一文字の名前は男の子に多かったのですが、最近は一文字の女の子の名前が増えてきています。凛、葵、澪、楓、紬、結などが人気の一文字です。

名字と合わせるとシンプルな印象を与えますが、この一文字に「こんな女の子になって欲しい」という思いが込められています。

漢字二文字も変わらず人気

一文字の名前が注目されていますが、やはり二文字の名前も根強い人気です。とくに人気の名前は、陽葵、芽依、結衣、結愛、陽菜など。

漢字の「陽」は元気で明るい太陽のような、「結」は人との結びつきを大切にしてほしい、という願いや期待を込めて名づける人が多いです。

 

「花」をイメージさせる名前で可愛さ倍増

女の子らしい名前といえば、「花」や「植物」をイメージさせる名前が浮かぶのではないでしょうか? 「花」から連想できる漢字は、花、華、杏、菜などが代表的です。

2017年の「女の子の名前ランキング」では、「菜」のつく結菜が一位に。ほかには、陽菜、桜(さくら)、美桜、花(華)、すみれ、一華、蘭もランキング入りしています。

 

海外でも活躍できそう! 国際的な英語の名前

将来的には海外で活躍してほしいという願いを込めて、海外でも通用する名前をつける人が増えています。ただ、日本では可愛い名前でも、海外の人にとってはとんでもない意味だったということもあります。名づけるときには意味をしっかり調べてから決めるようにしましょう。

海外で通用する名前は、アン、サラ、メイ、レイ、エマ、リナ、サクラ、マリカ、ハナなどが人気です。

これらは日本でよく見かける名前の読み方ですが、外国でも充分に通用する名前です。将来のことを考えるなら検討してみるのもいいかもしれませんね。

 

可愛い名前をつけるときの発想法

「子供に可愛い名前をつけたい! 」と思っても、どのように考えればいいのか悩むところですよね。姓名判断の本を読んで決めてもよいのですが、いろいろな角度から考えてみることをオススメします。

一度決めたら変えることができないので慎重に考えましょう。

字画で決める

画数から運気のよい名前を導き出す方法は、今でも主流です。姓名判断は流派によっても変わってくるので、どの流派にするか決めておきましょう。

先に呼び名で決めてしまって、あとから「凶」だったと後悔しないようにしたいですね。

名前の音(響き)から考える

子供の名前を呼んだときに、可愛らしい響きだと愛らしさがアップします。何度も名前を呼びたくなりますね。柔らかい印象のある音は、あ行、な行、ま行、や行、ら行、わ行です。

漢字から考えるのではなく、夫婦で呼び合ってみてからよい響きのものに漢字を当てはめてみましょう。

好きな印象やイメージから考える

どのような子供に育ってほしいのか、名前に願いや期待を込めるのもオススメです。「やさしい」「愛嬌のある」「個性的な」「古風な」というように、子供にどのような性格に育ってほしいかイメージしてみましょう。

赤ちゃんを初めて見たときのインスピレーションで決める人もいるようです。

漢字から考える

漢字にはいろいろな意味合いがあります。漢字の見た目も大切かもしれませんが、どのような意味を持っているのかをしっかりと確認しましょう。

もちろん先に意味合いから決めてもOK! 親の名前を一文字使用するなど、家族で大切にしている漢字をつけるのもいいかもしれません。

 

子供に可愛い名前をつけるときの注意点

漢字には常用漢字と人名漢字の2種類があります。ただ全ての漢字が名前に使用できるわけではありません。薔薇(バラ)や棗(なつめ)など使えない漢字もあるので、つける前に調べるようにしましょう。死を連想させるものや、縁起が悪い名前はもちろんタブー。

もちろん名前で性格が決まるわけではありませんが、漢字の意味も調べながら名前をつけたほうがいいかもしれません。

キラキラネームになっていない?

今は古風な名前が人気なので、キラキラネームをつける人は少なくなってきています。

キラキラネームは当て字の場合が多いため、名前が読めなかったり、恥ずかしい思いをしたりすることも。名前によっては、子供が将来的に困ってしまう可能性もあるのです。

ただキラキラネームの境界線は曖昧なので、「今人気の名前は何なのか」を加味しながら検討したほうがいいかもしれません。

姓とのバランスは取れている?

名字と名前のバランスも大切です。名字が一文字の場合は、名前の文字数が少ないとバランスが悪くなってしまいます。

逆に名字が長い人は、名前を三文字以上にすると全体的に間延びした感じになってしまいます。この場合、名前は一文字もしくは二文字にするのが理想的です。

紙などにフルネームで名前を書いてみて、見た人にどのような印象を与えるのか俯瞰してみましょう。

 

まとめ

女の子の可愛い名前は、古風なものから海外で通用する名前まで、時代に合わせて変化しています。名前を考えている時間は楽しいですが、名前は一生ものなので慎重に考えたいですね。

画数や響きで決めたりと名前の決め方は人それぞれです。子供の将来のこともしっかり考えて、素敵で可愛い名前をつけましょう。

 

参考:
みんなの名前辞典
明治安田生命 名前ランキング2017

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア