車の維持費は月々いくら? 軽自動車と普通車の費用比較と節約方法!

夫婦のお悩み解決コラム

車を購入したいけど、維持費がどのくらいかかるかわからないと不安に感じてはいませんか?

車検に保険、駐車場やガソリン代など、車を所有する場合に支払わなければならない費用がいくつかあります。この諸費用が月々の生活の負担にならないように、できるだけおさえておきたいですよね。そこでこの記事では、月々の維持費がいくらかかるのか、維持費を節約するポイントについてご紹介します。

月々かかる車の維持費にはどのようなものがあるの?

車を所有するためには、車の購入費や購入時の手続き費用などがかかります。それ以外にも車を乗り続けるための費用が必要になり、それが車の維持費です。

維持費は毎月支払うものから、年単位で必要なものなど様々。どのようなものが維持費にあたるのでしょうか?

1.税金

車にかかる税金は2種類あります。購入時にかかるのは自動車税と消費税、車を保有している期間に払い続ける必要があるのが自動車税と重量税です。ここでは車の維持費にかかる自動車税と重量税について説明します。

自動車税

自動車税は普通自動車、軽自動車税を所有している人に課せられる税金です。毎年4月の時点で車を保有している人に納税通知書が届きます。

自動車税は車の排気量によって決まっていて、普通自動車の場合は3万~10万円程度となっています。ただし軽自動車税は一律1万800円となっており、普通自動車よりも3分の1以上もお得です。また日本自動車工業会は平成31年度税制改正に向けて、車体課税の簡素化と負担軽減などを記載した要望書を2018年9月に公表しました。国際的にも日本の自動車税の税率が過重なため、現行の国際水準になっている軽自動車税を起点に引き下げようと動いています。2019年10月以降には、軽自動車と普通自動車にかかる自動車税が同じ金額になっているかもしれません。

重量税

車検時に次の車検までの期間分をまとめて納税する重量税。名前のとおり車の重量を基準に課される税金です。新車で3年車検を行う場合は3年分、中古車や3年車検以降は2年ごとの車検になるので2年分の重量税を納める必要があります。

軽自動車の場合だと年間で1万円、普通車の場合は年間0.5トンにつき4,100円(2018年9月現在)となっています。重さは車により様々ですが、セダンなどで1~1.5トンのものが多く、その場合2年間で16,400円~24,600円になります。

エコカーの場合、自動車税、重量税ともに、免税や減税という優遇措置がありますので、購入予定の車がエコカーかどうか確認しておくと良いでしょう。

2.保険

車の維持費の中でも大きな割合を占めるのが自動車保険です。保険には入らないと決めている人もいるかもしれませんが、自賠責保険は法律で加入が義務づけられています。

自賠責保険は事故が起きたときの人身損害を補償してくれますが、保険金や賠償金に上限が設けられています。それを補ってくれるのが任意保険です。保険料は普通自動車と軽自動車の差はそれほど大きくなく、どちらも一般的に2万5,000円程度となっています。

3.車を走行させるためにかかる費用

車を走らせるには様々な諸費用がかかります。ガソリン代はもちろんのこと、必要に応じて駐車場代や高速料金が必要です。車を走行させるためにかかる費用をそれぞれ見ていきましょう。

ガソリン代

ガソリン代は走る距離や乗っている車種、ガソリンの相場によっても変わってきますが、ソニー損保が行った「2017年全国カーライフ実態調査」によると平均の走行距離は年間で6,018kmになるそうです。

燃費は車によって様々ですが、例えば軽自動車で人気のホンダN-BOX(27.0km/L)の場合月2,865円、コンパクトカーの日産ノート(23.4km/L)の場合月3,306円が平均となります。

※ガソリンレギュラー価格全国平均154円30銭で計算(2018/9/25時点)

駐車場

自宅に駐車場があれば不要ですが、新たに借りる場合は駐車場代が必要になります。月々にかかる駐車場代は住んでいる場所によって変わり、とくに東京都内などの都市部であれば月数万円と高額になる可能性があります。まずは、自宅周辺の駐車場料金相場を確認してみましょう。駐車場代を安くするためには、自宅から少し離れた駐車場を借りることも視野に入れてみてください。

高速料金

旅行など遠出をするときに必要なのが高速料金です。高速を利用しないルートもありますが、遠回りになってしまったり、時間がかかりすぎてしまうことも。
ETCを上手く利用しながら、曜日や時間帯割引なども活用しましょう。

4.整備・メンテナンス費

車を安全な状態にキープするために、車検が義務づけられています。ただそれだけでは不十分なことも多く、タイヤ交換やオイル交換、場合によっては修理代が必要になることも。

タイヤは5年に1度くらいが交換の目安ですが、雪が降る地方では冬用タイヤも必要です。オイル交換は1年経過、もしくは1万~1万5,000km走行したら替えるようにしましょう。

 

車の維持費の月々の平均はいくら?

車の維持費の種類についてご紹介しましたが、維持費の月平均はどのくらいなのでしょうか。ソニー損保の「2017年 全国カーライフ実態調査」では、1ヵ月あたりの車の維持費は平均1万1,800円という結果に!

走行距離や移住地、性別によっても多少変動はありますが、月々かかる金額を把握することで、生活費とのバランスを考える目安になります。

 

自動車ローンの返済額の計算方法と目安

自動車ディーラーや金融機関から購入代金を貸し付けてもらうことを自動車ローンといいます。
車を一括支払いで購入できる場合は不要ですが、お金がない場合はローンを借りる必要があります。車のローンはどのくらいが目安なのか計算方法を見てみましょう。

返済額の計算方法と目安

自動車ローンの審査が通ったら、決められた期間に毎月支払うことになります。ではどのように返済額の計算をしたらよいのでしょうか? 利息の支払い方法は複数種類あります。ここでは借入残高を基準として利息を計算する「残債方式」のやり方を見ていきましょう。

「残債方式」を利用した利息の計算方法

  • 元金×金利×借入期間=利息金額

このように、元金が少なくて借入期間が短いほど利息は少なくなります。では毎月の支払額はどうなるのでしょうか。先ほど計算した利息金額を使って算出します。

  • (元金+利息金額)÷期間(月数)=月々の支払金額

これで毎月支払う金額を計算することができました。車の購入予算は最大でも年収の半分程度に収めたほうがいいといわれています。そして自動車ローンの借入限度額の目安は、年収の30~40%ほどです。たとえば年収400万円だとすると、借入限度額は120万~160万円程度。

頭金が用意できると月々の支払額が少なくなったり、審査に通りやすくなるので、車体価格の2~3割程度くらいは頭金を用意しておくことをオススメします。

 

本当に軽自動車のほうが月々の維持費は安いの?

軽自動車は普通自動車より維持費が安いという話しを聞いたことがあるのではないでしょうか?

2018年4月に実施された常陽銀行の調査によると、軽自動車の月の維持費は約24,788円、1,500CCのコンパクトカーの月の維持費は約28,666円です。あまり差がないように見えますが、年間の維持費で比較してみると4万6,528円も違いました。

税金や保険、車検、ガソリン代などは、軽自動車のほうが安いです。とくに軽自動車は税制面で大きく優遇されています。

維持費だけで考えると、軽自動車のほうがお得だということがわかるのではないでしょうか。ただ軽自動車はエンジンの排気量や乗車定員などさまざまな制約があることも忘れてはいけません。そのことも頭に入れながら、軽自動車にするかどうかを検討してみてくださいね。

 

自動車の月々の維持費を上手に節約する方法

車の維持費が高いと感じている人は多いのではないでしょうか。でも維持費を節約する方法もたくさんあります。維持費をおさえるにはどのような方法があるのでしょうか? いくつかご紹介します。

エコカー減税対象車を選ぶ

「エコカー減税対象車」は、車検時の重量税などが減税されます。国がエコカーを推進しているので、この制度を使わない手はありません。燃費もいいのでガソリン代を節約することもできます。

「軽自動車はちょっと……」という人は、エコカー減税対象車を選択してみてはいかがでしょうか?

新車を選ぶ

新車から13年以上経過した車は重量税が高くなります。愛車を長く乗ることも大切ですが、税金に関しては不利な部分も多いのです。

安いからと中古を買いたくなる気持ちもわかりますが、新しい車のほうが結果的に節約できるケースも多いです。

エコドライブ運転を心がける

エコドライブとは一定の間隔でアクセルやブレーキを踏んでいる状態のことです。
運転の仕方でもガソリンの消費量が大きく変わります。一定の速度を保ちながら適度な車間距離を意識しましょう。

整備やメンテナンス代を抑える

ディーラーに車検やタイヤ交換、オイル交換を頼むと費用が高くなる場合が多いです。2年に1回の車検だけでなく、こまめな点検と予防整備を行うことがメンテナンス代を安く済ませることに繋がります。自宅に近い信頼できる街の整備店を探しておくといいでしょう。

車に荷物を載せたままにしない

重い荷物を載せたまま移動する人も多いですが、実はこれも燃費に関わってきます。荷物を載せたままだと車の重量が増える、たくさんのエネルギーを使うため、ガソリンの消費が早くなるのです。必要のない物は車から降ろし、軽い状態で走るように心がけましょう。

 

まとめ

自動車の月々の維持費は平均1万1,800円ほど。ローンの金額にもよりますが、車を所有するのにかかる費用は全額で月3万〜5万円くらいにおさえることも可能です。自分の収入と照らし合わせながら、生活の負担になりすぎない金額を設定してみましょう。
生活費と車の維持費のバランスを上手く調整して、カーライフを楽しんでくださいね。

 

参考:
ソニー損保「2017年 全国カーライフ実態調査」
軽自動車検査協会「軽自動車の税金等」
一般社団法人自動車工業会「2018(平成30)年度自動車関連税収と税率」
「自動車の税金のしくみ(税金および税額は2018年5月1日現在)」
群馬銀行(利息金額の計算方法)
常陽銀行「軽自動車税増税!普通車との維持費の差を計算しました」

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア