出生届(しゅっしょうとどけ)とは? 出生届の読み方と意味

夫婦のお悩み解決コラム

出生届とは

出生届(しゅっしょうとどけ)とは、法務省の地方支分部局である法務局の戸籍課が管轄する、子どもを出生した際に行う届出のこと。正式には、出生届書(しゅっしょうとどけしょ)と呼ばれるものです。

日本の法律では出生届について、戸籍法第四章「届出」第二節「出生」において、およそ次のように定めています。

  • 出生があった場合、14日以内(国外で出生があったときは、3ヶ月以内)に届出しなければならない
  • 届出書には「子の性別」「嫡出子か嫡出ではない子か」「出生年月日」「出生した時間」「出生した場所」「父母の氏名」「父母の本籍地(国籍)」「その他法務省令で定める事項」を記載しなければならない
  • 出生届には医師、助産師、またはその他の出生に立ち会った者が作成した出生証明書を添付しなければならない
  • 嫡出子出生の届出義務者は、父または母(出生前に父母が離婚をした場合、嫡出でない子の場合は母)
  • 父母が届出できない場合は(1)同居者(2)出産に立ち会った医師、助産師など(3)その他の法定代理人の順に届出義務がある

また、出生から14日(国外出産では3ヶ月)の提出期限が過ぎた場合には、戸籍法の定めにしたがって過料(罰金)が課せられる場合があります。

正当な理由がなくて期間内にすべき届出又は申請をしない者は、五万円以下の過料に処する
戸籍法第百三十五条より引用

出生とは

「出生」とは、人が生まれ出ること。「しゅっしょう」または「しゅっせい」と読みます。

日本の民法においては、人は出生によって権利能力(法律における人格)を有するようになると定められています。

私権の享有は、出生に始まる。
民法第三条一項より引用

 

出生届を提出する意味とは

出生届は、子どもの出生を公的に届け出る手続きです。
日本では戸籍法の規定のもと、国民を「夫婦および氏を同じくする子」を1単位とする戸籍簿で管理しています。

出生届を提出することで、子どもの名前や親子関係などをはじめとする情報が、戸籍簿および住民票に登録されます。そうすることではじめて、生まれた子どもの身分が法的に証明されることになり、日本国民としてのさまざまな権利や義務を得るのです。

 

参考:
戸籍法 – e-Gov法令検索 – 電子政府の総合窓口e-Gov
Weblio辞書/三省堂 大辞林:出生
コトバンク:出生
民法 – e-Gov法令検索 – 電子政府の総合窓口e-Gov
公益財団法人 母子衛生研究会 赤ちゃん & 子育てインフォ

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア