出生届を提出するときの必要書類や持ち物は?

夫婦のお悩み解決コラム

赤ちゃんが生まれるとすぐにやらなければならないのが、出生届の提出です。出産直後はほかにも必要な手続きが目白押しで、何を用意したらいいのかゴチャゴチャ! という方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、出生届の提出と、産後すぐにする必要があるそのほかの手続きについて紹介。それぞれに、必要な書類や持ち物、手続きの方法などもまとめました。

出生届を提出するときの必要書類と入手方法

出生届を提出するときに必要な書類は2点。

  • 出生届出書
  • 出生証明書

です。

出生届出書は、各区役所、市役所、市町村役場の担当窓口でもらえるほか、出産をした医療機関で用意してもらえる場合もあります。

出生証明書は、出生届出書の右半分にある記入欄のこと。出産に立ち会った医師や助産師に必要項目を記入してもらうことで、証明書として効力を持ちます。

出生届出書と出生証明書は、出生届の提出先が本籍地以外の場合には、原則2通ずつ必要です(出生証明書のうち1通は写しでも可)。ただし、役場が認めている場合には、本籍地以外への提出でも、1通ずつで問題ありません。必要な通数は、提出先の窓口に確認してください。

 

出生届を提出するときの持ち物は?

出生届を提出するときには、必要書類のほかに、次のようなものが必要です。

  • 母子健康手帳
  • 届出人の印鑑(認印可、スタンプ印は不可)
  • 養育者の外国人登録証(外国籍の方)

など

ただし、母子健康手帳(母子手帳)については、持参しなくても出生の届出をすることは可能です。

出生届とともに母子手帳を提出するのは、出生届出済証明の記入のため。出生届出済証明の申請には期限が設けられていません。そのため、母子手帳を忘れた場合や里帰り出産でママが持っているなどで母子手帳が手元にないときは、後日改めて手続きすれば問題ありません。出生届出済証明が空欄だからといって、赤ちゃんの定期検診が受けられないなどのデメリットもないので、心配しなくても大丈夫です。

 

赤ちゃんの出生にまつわる各種手続き

赤ちゃんが生まれると、出生の届出以外にもさまざまな手続きが必要となります。

居住地の役所で開庁時間内に出生届を出す場合、そのほかの手続きに必要なものを一式用意しておくと、その日のうちにさまざまな手続きがこなせて便利です。

以下に、赤ちゃんのために必要となる主要な手続きと、必要な書類や持ち物をまとめました。

出生届受理証明書の発行

出生届受理証明書とは、出生届が受理されたということを証明する書類です。
出生届の内容が戸籍に反映されるまでの期間に、届出の証明が必要な時などに請求します。

申請できる人

出生届受理証明書の交付を申請できるのは、出生届の届出人(署名、捺印した人)です。代理人に交付手続きを委任することもできますが、委任状を用意する必要があります。

手続き方法

出生届の届出先の市役所、区役所、市町村役場の担当窓口で、所定の交付請求書などに必要事項を記入して、請求します。
郵送での請求も可能です。

手数料

自治体による(多くの自治体で1通につき350円)

必要なもの

請求者の本人確認書類

1点でよいもの:住民基本台帳カード・個人番号カード・運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・身体障害者手帳・特別永住者証明書・在留カードなどの官公署の発行した写真付証明書等

2点必要なもの:健康保険、介護保険などの被保険者証・国民年金、厚生年金などの年金手帳または年金証書・住民基本台帳カード(写真なし)・学生証・社員証・国もしくは地方公共団体の機関が発行した写真付きの資格証明書など

委任状(代理人の場合)

乳幼児医療費助成

乳幼児医療費助成は、乳幼児にかかった医療費の自己負担分を軽減する制度です。助成が受けられる年齢や自己負担額は、各自治体で異なります。

生後14日以内等と申請期限を設けている自治体もあるため、早めに手続きしておきたい制度です。

申請に必要なものは

  • 対象となる子の健康保険証(または加入予定の保険の保険証)
  • 印鑑
  • 申請者のマイナンバーカードまたは通知カード

など

自治体によって必要な書類などは異なるため、事前に確認しておくと手続きがスムーズです。

こちらも代理人による申請が可能。委任状や本人確認書類が必要です。

児童手当

児童手当の申請期限は、出生日の翌日から15日以内です。手続きが遅れた場合、さかのぼって支給を受けることはできないため、出生届と同時に手続きをしておくと安心です。

1人目の子どもの場合は、「認定請求」の手続きを行います。
必要なものは、

  • 児童手当・特例給付認定請求書
  • 請求者本人の健康保険証の写し
  • 請求者および配偶者のマイナンバーカードまたは通知カード
  • 請求者の本人確認書類
  • 印鑑(認印可)
  • 振込先の預金通帳(請求者本人名義)

など

そのほか、所得証明書や住民票が必要なこともあります。

2人目以降の子どもで、児童手当をすでに受給している家庭では、「児童手当・特例給付額改定認定請求」の手続きが必要です。

手続きには、

  • 児童手当・特例給付額改定認定請求書
  • 印鑑(認印可)

などを用意します。

子どもと別世帯の人が代理で手続きする場合には、委任状、本人確認書類が必要です。

国民健康保険

加入先の保険が国民健康保険の場合、生まれた子どもの加入手続きが必要です。
手続きに必要なものは、

  • 家族の国民健康保険証
  • 申請者の本人確認書類

など

自治体によって必要なものが異なるため、事前に問い合わせておきましょう。

 

赤ちゃんのマイナンバー発行手続きは必要?

赤ちゃんが生まれた場合、出生届が受理されて住民票登録が完了すると、マイナンバー(個人番号)およびマイナンバーの通知カードが自動的に発行されます。そのため、改めてマイナンバーを発行するための手続きは必要ありません。

通知カードは住民票が作られてから3週間~1ヶ月程度で、世帯主宛に簡易書留で届きます。

もしも手続きなどに必要で、通知カードが届く前に赤ちゃんのマイナンバーを知りたい場合は、個人番号入りの住民票の写しを取得することで確認できます。

また、両親などの法定代理人が代理で交付申請をすれば、乳児でもマイナンバーカードの交付が受けられます。

顔写真は、白いシーツの上に寝かせる、白い布を被った人にだっこしてもらうなどの方法で撮ればよいそうですよ。

 

必要な書類や持ち物をチェックして手続きをスムーズに!

出生届の提出は、最低限「出生届出書」「出生証明書」「印鑑」があれば可能です。しかし、ほかの手続きに必要な書類を前もって確認しておくことで、手続きを同時進行することができます。赤ちゃんのために必要な手続きを、スムーズかつ早期に終えることができますよ。

出産後すぐは慣れない育児の傍らで多くの手続きをこなさなければならず、大変な時期です。必要な手続きは何か、どのようなものを用意して手続きにいけばいいのかをきちんと整理して、できるだけムダな手間を省きましょう!

 

参考:
法務省:出生届
お子さんが生まれた時(出生届について)
出生届|一宮市
申請・届出の総合窓口
出生届|伊豆市 くらし・仕事・市政情報
出生届|尼崎市公式ホームページ
千葉市:よくあるご質問(FAQ):出生の届け出には何が必要ですか。
母子手帳への出生届出済証明の記載について|船橋市公式ホームページ
戸籍届の受理証明書 – 北九州市
受理証明書|柏崎市
受理証明書 | 水戸市ホームページ
戸籍の証明書の種類・手数料:新宿区
証明書等交付の本人確認 | 板橋区
子ども医療費助成(申請手続)|東京都北区
乳幼児医療費助成制度 | 調布市
子どもの医療費助成|柏崎市
児童手当制度の概要|厚生労働省
新潟市役所コールセンター
児童手当
出生に関するお手続き/佐世保市役所
吹田市|こんなときには届出を
手続き・届出 | 渋谷区公式サイト
国民健康保険の届出(加入・喪失等) 中央区ホームページ
新しく生まれた子のマイナンバー通知カードについて | 厚木市
よくあるご質問 – マイナンバー総合サイト

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア