ベビーベッドはいつまで必要? ベビーベッドを買う際の選び方のコツ

夫婦のお悩み解決コラム

「そろそろベビー用品を準備したい」と考えたときに悩むのが、大型用品の購入ではないでしょうか? とくにベビーベッドは場所を取るし、短期間の使用になると考えると購入するか迷ってしまうのが現状です。そこでこの記事では、ベビーベッドの必要性と種類、選び方についてご紹介します。

ベビーベッドは購入したほうがいいの?

「赤ちゃんが生まれたらベビーベッドが必要」と考える人が多いですが、絶対に買わなくてはいけないものではありません。ライフスタイルによっても必要かどうかは変わってきます。ベビーベッドの必要性を確認しながら、本当に購入するべきかチェックしてみましょう。

ベビーベッドの必要性

赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごすため、つねに安心安全な環境を整えることが大切です。ベビーベッドは赤ちゃんがぐっすり眠れるように設計されていて、周りの危険物から身を守ることができます。とくに年の近い兄弟は赤ちゃんに興味津々なので、適切な距離を保つ必要があります。室内でペットを飼っている場合も、ベビーベッドがあったほうが安全です。

そのほか、衛生面においてもベビーベッドは活躍します。床上数センチの高さはホコリがいつも舞っている状態。ホコリやダニなどから赤ちゃんを守るためにも、ベビーベッドがあったほうが安心でしょう。

ベッドガードもあったほうがいい?

元気な赤ちゃんはベビーベッドの上を四方八方転がります。ベビーベッドのフレームにぶつかってケガをしたり、落下したりする可能性も。そこで便利なのがベビーベッドに設置できる「ベッドガード」です。ベッド周りのクッションがケガの防止だけではなく、エアコンの冷風や温風が直接当たることから防いでくれます。

 

どのタイプを選ぶ? ベビーベッドの種類

ベビーベッドといっても様々な種類があります。お世話のしやすさなども考慮しながら、合うものを探してみましょう。ここでは押さえておきたいベビーベッドの種類についてご紹介します。

お世話をするのがラクな「ハイタイプ」

一番人気なのは「ハイタイプ」のベビーベッドです。床板の高さがあるので姿勢の負担を軽減することができ、お世話がしやすい構造となっています。床板の高さは調節できる場合が多いので、状況に合わせて高さを変えてみましょう。床下のお掃除が楽だったり、ベッドの下の部分を収納に使えたりと、大きくても使いやすさは二重丸です。

場所を取らない「ミニベッド」

「ベビーベッドは欲しいけどサイズが大きいのは困る」という人には「ミニベッド」がおすすめ。レギュラータイプはたたみ一畳分ほどの大きさがありますが、ミニベッドは約たたみ半畳分しかありません。メーカーによってサイズは多少違いますが、置き場所に悩んでいる場合はミニサイズがおすすめ。移動も簡単にできるので、お部屋の模様替えや掃除のときも便利です。

収納ができる「折りたたみタイプ」

通常は普通のベビーベッドですが、使用しないときや移動するときなどにコンパクトにたたむことができる「折りたたみタイプ」。ワンタッチでたためるタイプなら、面倒な作業もなくあっという間にできます。キャスター付きなら収納するのも楽々です。

大人のベッドに横づけできる「添い寝ベッドタイプ」

赤ちゃんと一緒に眠りたいという願いを叶えてくれるのが、「添い寝ベッドタイプ」です。寝台の高さを細かく調整することができるので、大人用ベッドにぴったりくっつけることができます。固定ベルト付きなので、動いて落ちる心配もありません。

 

何を基準にする? べビーベッドの選び方

いろいろな種類があるベビーベッドですが、どれを選べばいいか迷うのではないでしょうか? ここでは選ぶときの基準にしたい3つのポイントをご紹介します。

サイズで選ぶ

ベビーベッドには様々な大きさがあります。小さいサイズは置き場所に困らないというメリットがある反面、使用できる期間が短くなることも。メーカーや商品によって使用期間が異なるので、購入する前に何歳まで使えるのかを必ず確認しておきましょう。家の中のどこに置くかを最初に決めてサイズを測り、適切なサイズのベビーベッドを選ぶと失敗が少なくなります。

床板の高さで選ぶ

おむつ替えなどのお世話を楽にしたいならハイタイプがおすすめ。深くしゃがむ必要がないので、ママの腰に負担がかかりにくくなります。ロータイプは床から約45㎝の高さになり、座ってお世話したい人向け。高さがないので、圧迫感が少ないです。高さを調節できるタイプなら、赤ちゃんの成長に合わせることができます。

安全基準を満たしているかで選ぶ

赤ちゃんは新生児のうちは静かに寝ていますが、寝返りができるようになるとベッドの上で動き回ります。そのため、安全で丈夫かどうかは選ぶときの大切なポイントです。現在、日本国内で販売されているベビーベッドは、国で定めた技術上の基準に適合した製品にのみ表示される「PSCマーク」の表示が義務づけられています。製品安全協会による厳しい安全基準に適合した製品のみが表示できる「SGマーク」もあるので、日本製を購入する場合はマークの表示を判断基準にしてもいいでしょう。

 

お得に入手するならレンタルや中古がおすすめ

ベビーベッドは安い買い物ではないため、購入するべきか悩みますよね。もし少しでも出費を抑えたいのなら、レンタルや中古品の購入を検討してみてはいかがでしょうか? いまはネットで簡単に探すことができるので、いろいろなサイトを比較してみるとよいかもしれません。

レンタルなら処分に困らない

短期間だけお試しで使ってみたい、という場合はレンタルがおすすめです。お店や商品にもよりますが、月3,000円前後で借りることができます。レンタルなら必要なときだけ借りられるので、使わなくなったときの処分にも困りません。ネットでレンタル先を探すときは、送料がかかる場合があることも頭に入れておきましょう。

中古で安く買うのも一つの手

ほかの人が使用したベビーベッドでも気にならない人は、中古で販売している商品をチェックしてみましょう。今はメルカリなどのフリマアプリでも簡単に探すことができます。送料込みの商品ならかなりお得に手に入るので、お気に入りを探してみてくださいね。

 

ベビーベッドはいつまで使用できる?

ベビーベッドを使っていると、いつまで使えるのかが気になるのではないでしょうか?  ベビーベッドの卒業後はどのように対処したらよいのかという疑問と合わせて解決していきましょう。

基本的には2歳くらいまで

大体のベビーベッドの使用期間は2歳までと設定されています。しかし実際はベビーベッドが狭く感じたときや、転落する心配があるときに卒業を考えるママが多いようです。寝返りやつかまり立ちを始めた6ヶ月〜1歳くらいが目安になります。ただ卒業を考えるタイミングは様々なので、子どもの成長に合わせて卒業時期を決めましょう。

卒業後の添い寝はどうしたらいい?

ベビーベッド卒業後は、家族でどのように寝ればよいのか気になりますよね。一般的には、大きく分けると3つの対処法があります。

  • 大人用のベッドを使う
  • シングルベッドを追加する
  • 敷布団に切り替える

もし、現在使用しているベッドや布団では狭いと感じる場合は新しく購入したほうがよいかもしれません。自分たちのライフスタイルに合わせて最適な方法を検討してみましょう。

 

安心安全な環境をつくるベビーベッド

ベビーベッドは安いものではないので、購入するかどうか迷うかもしれません。本当に必要なのか家族で話し合っておくとよいでしょう。もし値段が心配なら、レンタルや中古品を利用したり、親戚や友達からお下がりをもらったりすることもできます。何よりも大切なことは、赤ちゃんが快適に過ごせる空間をつくること。赤ちゃんのことを一番に考えて、安心安全なベビーベッドを購入してみてはいかがでしょうか?

 

参考:
SG制度のねらい – 一般財団法人製品安全協会
消費生活用製品安全法 – 経済産業省

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア