激安ベビーベッドの安全性は? 入手方法のメリット・デメリット

夫婦のお悩み解決コラム

何かとお金がかかる出産準備。必要なベビー用品だけにしぼり、できる限り安く抑えたいものですよね。そのうちのひとつが、限られた期間しか使わないけれど高額なベビーベッドではないでしょうか。

「激安品でも大丈夫?」「中古品は安全?」「レンタルは?」など、ベビーベッドの入手方法についてご紹介します。

ベビーベッドの相場は?

ベビーベッドは、メーカー・ブランドによって価格帯が異なります。一般的な相場は、安いもので1万円台後半~2万円台です。

ベビーベッドには「スタンダードサイズ」と「ミニサイズ」の2サイズがありますが、相場はミニサイズの方が安め。また、ベビーサークルやチャイルドベッドなど、組み替えられるベビーベッドになると、相場は3万円程度にまでアップします。

 

新品で安く買うならどこ? メーカー比較

まずは、新品価格が安いメーカーをチェックしてみましょう。

ヤトミ

公式サイトには価格が表記されていませんが、楽天で取扱いがあるショップを見ると、1万円程度で購入可能です。安全基準についての記載もあり。
ベビーベッド – ヤトミ

西松屋

お手頃価格で購入できるショップとして人気の西松屋。ベビーベッドも1万円台前半から購入可能です。
ベビーベッド・ベビー布団 | 西松屋

 

ベビーベッドを更に安く手に入れるコツ

さらにベビーベッドを安く手に入れる方法は、「新品にこだわらない」こと。入手方法について、順にチェックしていきましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップには、「総合型」と「専門型」があります。どちらにもベビーベッドの取扱いはありますが、赤ちゃん用品・キッズ用品を専門に取り扱っているショップを選ぶと、より多くの商品を見つけられるでしょう。

リサイクルショップの商品は一期一会。より多くの店舗に足を運ぶことがポイントです。組み立てられた状態で販売されているため、持ち帰り方法についても確認しておきましょう。配送サービスは店舗によって異なります。自力で持ち帰れない場合は、配送方法についても忘れずに確認しておいてくださいね。

  • マムズマート
    子ども用品・衣類専門のリサイクルショップ。全国に店舗あり。ベビーベッドは配送不可の可能性あり。詳しくは各店舗に確認が必要です。
  • トイプラネット
    おもちゃ・ベビー・キッズ用品の専門リサイクルショップ。店舗は関東圏のみ。公式サイトにクリーニングについての記載があり、丁寧に扱っていることがわかります。

ネット通販

実店舗よりネット通販の方が、新品を安く手に入れられることがあります。また、購入価格が実店舗価格と変わらなくても、ポイント加算を考えると結果的にお得になるケースも。送料無料のお店が選べるのも通販の魅力ですね。

ネットリサイクルショップを利用する際は、商品の状態をきちんと示しているところを選びましょう。

  • ママズストア(楽天)
    商品写真数枚に加え、独自の状態ランクを表示しています。購入ページのコメントをきちんと確認した上で購入しましょう。送料が別途必要です。
  • あいらぶギフトベビー(楽天)
    ベビー用品のレンタル・リユースを行っている業者です。リサイクル品として販売されているものの多くは、元レンタル品のようです。新品の販売もあり。中古品は送料が別途必要です。
  • amazon
    定価よりも安価で販売されているメーカー品・ブランド品があります。1万円台のものもあるため、チェックしてみてくださいね。amazonから直接発送される商品と、各店舗から発送されるものとがあるので、違いに注意しましょう。送料無料商品もあります。

フリマアプリ

「メルカリ」や「ヤフオク」など、フリマやオークションのアプリでも、安くベビーベッドを手に入れられます。

こちらは、販売相手が個人になります。商品のクリーニングや不備のチェックをプロがするわけではないため、信頼できる相手を見極める目が必要です。事前にメッセージのやり取りをして人となりを判断するなど、価格だけに釣られて購入してしまわないようにしましょう。

送料は購入者が着払い負担するのが基本。購入を検討する際は、送料を足した価格が店舗購入よりも割高になってしまわないかどうかも確認しておきたいところです。

  • フリママ
    ベビー・キッズ用品専用フリマアプリ。Android・iPhone共に対応。現役ママが発案したアプリで、ユーザーは親のみ。相談コーナーやアルバム機能といった、フリマ機能以外の機能もついています。
  • メルカリ
    メジャーなフリマアプリ。ベビーベッドを含むベビー用品も多く出品されています。Android・iPhone共に対応。

広報・フリーペーパーのリサイクルページ

市町村の広報やフリーペーパーによっては、「譲ります」「譲ってください」といったリサイクルページを設けている場合があります。

こちらも個人から譲り受けることになりますが、フリマアプリより安価な無料~数千円程度で手に入ることもあり、チェックしておきたいところです。

「自宅まで取りに来られる方」といった条件があることもあります。

また、似たようなネットサービスもありますよ。

  • ジモティー
    「譲ります」が集まるサイト。無料~格安品も多く、「取りに行くこと」が必須など、個々で条件が異なります。

その他、市民イベントのフリーマーケットに安価に出品されていることもあります。お住まいの地域でフリマイベントが開催されている際には、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

レンタル

レンタル期間が長期に渡ると購入よりも割高になるケースもありますが、使用期間によってはレンタルの方が安くつくケースも。

また、ベビーベッドは処分にも費用がかかるため、処分費も含めて考えると、レンタルの方が結果として安くなる場合もあります。

レンタル用ベビーベッドは中古が基本。新品を希望する場合は、対応しているサービス・商品を選びましょう。差額を払えば買い取れるサービスもあるため、「赤ちゃんが寝てくれなかったら……」と不安な方は、まずレンタルしてみるのもおすすめです。

  • かしてネッと
    掃除用品で有名なダスキンが展開しているレンタルサービス。1ヶ月2,000~3,000円程度から。
  • 愛育ベビー
    新品・中古共にあり。レンタル後、気に入れば差額を支払い購入することもできます。

 

激安品に安易に飛びつくのは危険! トラブル事例

値段の安さだけに釣られてしまうのは、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があるため危険です。実際に、以下のようなトラブル事例が寄せられています。

  • 部品が足りなかった
  • 2歳の子どもを乗せたらベッドが壊れた
  • 取扱説明書が付属されていなかった

また、東京都が実際に販売されているレンタル品・リサイクル品を入手して検査を行ったところ、「柵と柵の間の隙間の広がり」「ヒビ割れ」が見られる商品があることもわかっています。

新品であれば保証期間が設けられているものですが、中古品にはそうしたアフターサポートがないことも理解しておかなければなりません。そのベビーベッドがいつ新品として発売されたのかは、商品型番で推測することしかできません。あまりにも古いものは、耐久性を考えるとやはり不安になるものですよね。

「安全基準表記の有無が確認できないなど、よくわからないメーカーのものには手を出さない」「商品状態がわからない中古品は買わない」など、くれぐれも安全面への意識を忘れずにいたいものです。

 

安全性が第一! 中古・レンタルは信頼できるところのものを

激安品を購入できれば、家計も助かるもの。とはいえ、赤ちゃんが長時間寝るベビーベッドは、安全性が何よりも第一です。

中古品やレンタル品を利用する場合は、信頼できるサービス・店舗のものを選びましょう。新品を選ぶ際は、安全基準マークの有無をチェックしてくださいね。

 

参考:
中古のベビーベッドにご注意!|町田市
ベビーベッドのレンタル・リサイクル品の安全性調査|東京くらし

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア