忙しいママの強い味方! 新生児から使えるバウンサーの必要性と選び方

夫婦のお悩み解決コラム

バウンサーは、赤ちゃんを喜ばせたいときに役立つアイテムです。まだ思い通りに動くことのできない新生児のために、快適に過ごせる環境をつくることができます。でも本当にバウンサーが必要なのか悩みますよね。この記事ではバウンサーを購入するか迷っているママとパパのために、バウンサーの必要性や選び方のポイントなどをご紹介していきます。

新生児からバウンサーを使っても大丈夫?

バウンサーの購入を考えているけど、新生児から使えるのか気になってはいませんか? 早くバウンサーに慣れさせるためにも、前もって準備しておきたいですよね。バウンサーはいつから使用できるのでしょうか? 使い方や活用方法と一緒に見ていきましょう。

新生児のバウンサーはいつから使う?

基本的にバウンサーは、新生児(3.5kg)から使用できます。メーカーによっては「生後3ヶ月から」のように月齢が指定されている場合もあるので、事前に確認が必要です。
使用期間の目安は2歳頃まで。自由に動き回れるようになるとバウンサーを嫌がる子もいるため、使用期間には個人差があると考えたほうがよいかもしれません。

ベビーベッドなどと同じように、家庭によってはあれば便利だけど、無くても困らないアイテムかもしれません。使い方や活用方法などを確認して、バウンサーは本当に必要なのかを判断してみましょう。

バウンサーの使い方・活用方法

赤ちゃんは、ゆらゆらと優しく揺れる動きが大好きです。とはいっても、泣き出すたびに抱っこしてあやすのはとっても大変……。そんなママやパパの代わりに活躍してくれるのがバウンサーです。

バウンサーの使い方は簡単! バウンサーが赤ちゃんの動きに合わせてゆらゆらと揺れたり、パパやママが優しく揺らしたりすると赤ちゃんがご機嫌になります。バウンサーがゆりかごのような役割を果たすため、赤ちゃんに安心感を与えることができるのです。バウンサーはコンパクトで軽いものが多いため、簡単に移動することが可能。置き場所にもそんなに困りません。赤ちゃんから目を離すことなく家事ができるので忙しいママにとっても安心ですね。

 

新生児からバウンサーを使うメリット・デメリット

バウンサー の購入を考えるなら、メリットやデメリットについても把握しておきましょう。

バウンサーのメリット

バウンサーの一番のメリットは、育児中のママの負担を軽減してくれることです。赤ちゃんがぐずって泣き出したときでも、代わりに優しく揺らしてあやしてくれます。揺れが心地よくていつの間にか寝ていたなんてことも。家事で忙しいママのためのサポートアイテムとして大活躍します。

とくに赤ちゃんのお世話が初めてのママにとっては、抱っこばかりで大変なときや、家事をしている間に待っていてほしいときなどに重宝すること間違いなしです。

バウンサーのデメリット

ネット上の口コミを調べると、バウンサーのデメリットで多かったのは、赤ちゃんが乗るのを嫌がることでした。バウンサーに乗せた瞬間に泣き出してしまい、結局は抱っこしてあやすなんてことも。合う合わないもあるので、購入前に店頭で試したほうが失敗が少ないでしょう。

ほかにも、半年ほどしか使えなかったという声もありました。成長するにつれ大人しく座ることを嫌がるようになり、次第に使わなくなるケースも。赤ちゃんによってまちまちですが、短期間の使用も視野に入れておいたほうがよいかもしれません。

 

新生児のためのバウンサーの選び方

バウンサーには様々な種類があります。たくさんあるためどれを購入したらいいのか迷ってしまうかもしれません。まずは、一番重視したいことは何なのかを考えてみてください。バウンサーのそれぞれの特徴について見ていきましょう。

外出が多めなら「折りたたみ式」

実家に遊びに行ったり、旅行へ行ったりと外出する機会が多いなら「折りたたみ式」のバウンサーがおすすめです。折りたためるので持ち運びも収納も簡単! 使わないときや掃除をしたいときにも便利です。

赤ちゃんを飽きさせない「おもちゃ付き」

バウンサーに乗せているだけだと飽きないか心配、という人は「おもちゃ付き」のバウンサーを選んでみましょう。動きに合わせてゆらゆら動くおもちゃに、赤ちゃんは興味津々! 別売りのおもちゃもあるので、必要になったときに取り付けてもOKです。

汗やムレが気になるなら「メッシュ素材」

バウンサーに乗せたら背中がムレてしまうのでは? と気になってしまいますよね。夏場はとくに心配です。それなら「メッシュ素材」のバウンサーを選びましょう。フルメッシュなら通気性が良いので、汗がついた衣類も乾きやすくなります。たくさん汗をかく赤ちゃんにおすすめです。

快適さを重視するなら「ホロとシェード付き」

赤ちゃんの快適さを重視するなら「ホロとシェード付き」のバウンサーがおすすめです。ホロを広げることで明かりやエアコンの風から赤ちゃんを守ってくれます。さらにシェード機能も付いていればホコリや虫よけもできるので、いつでもどこでも快適な環境を保つことができます。

自動であやしてくれる「電動式」

手動でも揺らせるバウンサーですが、「電動式」はママの動きを忠実に再現して動き、赤ちゃんを楽しませることができます。Bluetooth内蔵でスマホから遠隔操作ができたり、好きな音楽を流したりと、電動式ならではの機能がついているものもあり利便性が高いです。お値段は少々高くなりますが、心地よさを優先するなら電動式の購入を考えてみましょう。

 

新生児にバウンサーを使う際の注意点

バウンサーは、ただ赤ちゃんを乗せておけばよいというものではありません。注意点などを守らなければ、重大な事故を引き起こしてしまう可能性があるのです。新生児ならとくに気をつける必要があります。正しいやり方さえ守れば快適に使用することができますので、気を付けるべき点をチェックしておきましょう。

ベルトは必ず使用する

「少しの時間だけ」と油断せずに、バウンサーに乗せるときは必ずベルトを装着するようにしましょう。ベルトをせずに乗せると、赤ちゃんがバランスを崩して転倒してしまうことも。とくに新生児はベルトを装着しないと危険ですので、忘れないように注意してください。

長時間の使用は避ける

赤ちゃんが快適に過ごしているからといって、乗せっぱなしは控えたほうがよいです。バウンサーに長時間乗せておくと、赤ちゃんの身体に負担がかかってしまう場合も。たとえバウンサーの上で寝てしまったとしても、目安は1~2時間程度です。目安の時間については説明書に必ず書かれていますので、事前にチェックしておきましょう。

成長に合った角度を設定する

ほとんどのバウンサーはリクライニング調整ができるようになっています。「遊ぶ」「休む」「眠る」といったように様々なシーンによって角度を調整できます。 新生児で首がすわる前は、最も寝かせた状態のスリープポジションで使用しましょう。

 

育児中のママの負担を軽減してくれるバウンサー

バウンサーはベビーカーや抱っこ紐のように必需品というわけではありません。ただ、バウンサーを使うことで赤ちゃんが泣き止んだり、機嫌がよくなったり、寝かしつけに役立ったりすることも。バウンサーは忙しいママの心強い味方になってくれます。バウンサーが本当に必要かは家庭環境によっても変わりますので、家族でしっかり相談して購入を検討してみてくださいね。

 

参考:
バウンサー - ベビービョルンのバウンサー 一覧 | ベビービョルン

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア