子どもためのリトミックとは? 音楽で楽しく育む人格形成の3つの要素

夫婦のお悩み解決コラム

見聞きしたものを吸収しやすいお子さんにとって、幼い頃の習い事は重要なことと考える親御さんは多いのではないでしょうか。そこで今回ご紹介するのが、子どものためのリトミックです。音楽に合わせて楽しく身体を動かしたりすることで、集中力や協調性、自立心などが育まれると言われているのです。さっそく、リトミックの効果や具体的にどんなことをするのかを見ていきましょう。

リトミックって何!? パパママたちが知りたいリトミックの基本

リトミックとは、音楽に合わせて歌う、踊る、音を鳴らすなどをする、身体をつかった音楽教室のことを指します。音感やリズム感だけでなく、言葉や数字を学ぶ知育や集中力、表現力、積極性、協調性などを身につける人格生成にも影響を与えるとして、お子様の習い事にお悩みのパパママに注目されています。まずは、リトミックの歴史と具体的な内容を見ていきましょう。

リトミックはスイス発祥の音楽教育

リトミックとは、スイスの作曲家で音楽教育の第一人者でもあるエミール・ジャック=ダルクローズ博士が考案した音楽教育です。彼が若き音楽家を育てる上で、彼らが「技術的には高い水準にあっても、音を聴き取ったり感じ取ったりする能力は不十分である」と感じたことから、取り入れたのがはじまりです。

その後、リトミックが音楽的な能力だけでなく人間性をも養うことができると分かり、本格的な子供たちへの指導が始まります。こうしてヨーロッパだけでなくアメリカにも広まり、日本でも明治時代から音楽、演劇、舞踊などの分野で取り入れられているのです。

現在では、音楽教室だけでなく保育園や幼稚園などでも、音楽の基礎能力だけでなく、協調性や社会性、個性等の人格形成を伸ばすための教育として定着しています。

リトミックってどんなことをするの?

リトミック教室では、年代ごとに分かれてグループレッスンを行うところが多いようです。基本的には音楽を聴いて、それに合わせて身体を動かしたり歌ったりするのが主。ピアノやダンスのレッスンとは異なり、簡単な手遊びのようなものだったり決められた動きではなく好きに動いたりというような内容のため、周りのお友達との差が気になったり苦手意識を持ったりしにくいのも特徴のひとつです。

音楽を聴いて動くことで聴く力や注意力がつき、周りのお友達と一緒にやることで協調性や社交性、観察力なども備わります。お遊戯や演奏などの発表会を行うところもあるので、積極性や表現力にも効果的ですよ。

さらに、ネイティブな英語講師が担当して、自然に英語を身につけられるクラスもあります。

 

リトミックは年齢によって目的や効果が異なる!?

リトミックは6ヶ月頃から親子で参加できる習い事です。お子さんの成長に合わせて好奇心を刺激することで、脳の発育を促します。ここでは、年代別のリトミックの目的と効果をご紹介します。

0歳(6ヶ月頃)〜1歳児のリトミックの目的と効果

赤ちゃんは期間限定の天才とも言われており、良い環境と刺激、そしてなにより愛情を与えることが大切です。

リトミックでは、パパママと一緒にリズム遊びをしたりさまざまな音に触れたりすることで、感受性を育てることができます。読み聞かせをしたり語りかけたりと、パパママのお子さんへの接し方の学びの場ともなることでしょう。

この年頃のお子さんはとにかく真似っこが上手。パパママや周りのお子さんや先生の動きを真似して手足を動かしたり、色塗りや貼り絵などを楽しんだりすることで、運動能力や脳の発育を促すことにも繋がります。

2〜3歳児のリトミックの目的と効果

2〜3歳になってくると少しずつパパママから離れて周囲との交流を持ちはじめます。グループレッスンで自然と同世代のお友達と接することで、コミュニケーション能力や協調性を学ぶ場としても効果的です。

この年代のリトミックでは、音楽に反応するだけでなく、即興的に自分の表現をすることで先を考えて動いていく力を育みます。「なんで」「どうして」が多くなるこの年頃のお子さんにとって、好奇心から創作力に移行する力を身につけることは、将来自分で考えて問題を解決していくといった“頭の良さ”が身に付きますよ。

4〜5歳児のリトミックの目的と効果

4歳になると真似っこ期を卒業して、習得したものを組み合わせたオリジナリティーがでてきます。心身の自立と自律を育み、個性を認めて伸ばす時期なのです。リトミックでは、みんなで一緒にやるだけでなく、自分で考えて表現することや、よく見る、よく聞く、よく感じるといった視覚、聴覚、触覚を育てていくことに移行していきます。

さらに5歳になると人間関係を把握してくるので、お友達と協力して何かをするような内容にステップアップしていきます。みんなの前で発表をする場を設けたり、合奏をしたりすることで集中力、積極性、自分で考えて表現する力を育めます。

音楽教育としては、音の高低や譜面を認識できる時期になるので、楽器に触れる機会をつくる教室も多くなるでしょう。

 

リトミックで育まれる人格形成の3大要素とは?

人格形成の3つの大きな要素として、「心」「力」「性」があります。リトミックは、我々にとって身近で取り入れやすい音楽を通して、幼いお子さんに深く、そして優しく働きかけることで3つの要素に刺激を与え一人ひとりの可能性を探ることができるのです。では、具体的にどのような人格形成に役立つのでしょうか。

「心」を育てて自立心・向上心UP

リトミックでは音楽や人に触れ合うことでお子さんの好奇心を引き出すことができます。さらに、リズムに合わせて動く、真似をするということで探究心が育まれていき、お友達と一緒に何かをしていくことで競争心や向上心、自立心なども刺激されていくことでしょう。このように豊かで前向きな心(マインド)を手に入れていくことができるのです。

「力」を育てて集中力・表現力UP

成長に合わせて創造していくリトミックでは、集中力や表現力が身に付きます。言葉や数字といった知育的な要素を取り入れると、さらに理解力や注意力、判断力も備わっていくため、受け身だけでなく自ら考えて行動して伝えていく人間力に繋がっていくことでしょう。

「個性」を育てて協調性・社会性UP

社会にでてから不可欠になってくるのが協調性や社会性ですよね。リトミックではグループレッスンをしたり、お友達やパパママと協力して何かをなし得る達成感も学べたりと、協調性や社会性を身に付けられます。さらに、感受性や創造性も育むことができるほか、意見を述べたり発表したりする場を設けることで、自分と他の子と違いを自覚していきます。またそれを認められる喜びを感じることで個性が育ち、積極性も養われていくのです。

 

リトミック教室の見つけ方が知りたい!

リトミックを子どもに習わせてみたい! そう思ったらまずはご自宅から通いやすい教室探しからはじめましょう。通うのに月謝はいくらくらいが相場なの? とりあえず1回体験することはできるの? など、パパママの疑問にまとめてお答えします。

リトミック教室って全国どこにでもあるの?

リトミック教室は、北海道から沖縄まで全国にあります。数で言うと都心が多い傾向にはありますが、リトミック研究センター認定の教室だけでも47都道府県どこにでもあるようです。市街地までいかないとない……といったことはあるかと思いますが、まずはこちらをチェックしてみてください。

>検定非営利活動法人 リトミック教室センター「教室を探す」

他にもネット検索でたくさんの教室がでてくるので、さまざまな教室を見たうえでお子さんと一緒に楽しめるところ見つけてみてくださいね。また、教室によって対象年齢が限られている場合もあるので、あらかじめチェックをお忘れなく!

リトミック教室の体験はできるの?

リトミック教室は実際に見て体験してみないと、お子さんが楽しめるかなどの不安がありますよね。そこでおすすめしたいのが体験レッスンです。全国のリトミック教室のホームページをランダムに確認したところ、ほとんどの教室で体験レッスンがあります。無料で受けられるところもあれば有料のところもありますが、いずれも1回1,000円、2回で1,500円など、お得に体験ができるようです。まずはいろいろな教室を体験してみてお子さんのリアクションを見てみるのもいいですよね。

リトミック教室っていくらくらいかかるの?

全国のリトミック教室のホームページを見ると、入会金3,000〜5,000円、月謝3,000〜6,000円、別途教材費4,000円前後が相場のようです。さらに、チャイルドクラブ費という保険料が648円/月かかります。

レッスンは年間36〜40回程度なので、月3回程度と考えると、レッスン代自体は1回1,000〜2,000円程度ですね。都内と地方であまり金額には差がないようなので、お近くの教室を探すのがおすすめです。

 

まずは体験レッスンからリトミックをはじめてみよう!

リトミックというと演劇や芸能を目指すお子さんが通う習い事のイメージをお持ちの方も多いかもれませんが、将来どんなことをするにも役立つ人間力を育めます。興味がある方は親子で体験できる教室などもあるので、まずは1度触れてみることをおすすめします。お子さんが楽しく通えるリトミック教室を一緒に探してみてくださいね。

 

参考:
特定非営利活動法人リトミック研究センター
NPO法人 日本こども教育センター|TOPページ
リトミックとは | 東京都文京区のAnNAリトミック教室

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア