【赤ちゃんの行事カレンダー】 お七夜~初誕生まで1年の行事まとめ

夫婦のお悩み解決コラム

赤ちゃんが生まれると、折々にさまざまな行事でお祝いすることになります。特に、最初の1年間は赤ちゃんの無事を喜び、健やかな成長を祈願する行事が盛りだくさん。どのような行事があるのかをきちんと把握して、お祝いのスケジュールを立てましょう。

ここでは、赤ちゃんが生まれてから1歳の誕生日を向かえるまでに行われる行事について、時期や行事の意味、祝い方などを紹介します。

お七夜

いつ:生後7日目

生まれた日を1日目として、7日目にあたる日のお祝いをお七夜といいます。昔は、現代と比べると栄養や衛生状態が悪く、生まれた子どもが数日で亡くなることも珍しくありませんでした。そのため、7日目を一区切りとして赤ちゃんの無事な成長を神様に願ったのが、お七夜の起源だとされています。

現在では、赤ちゃんの誕生を披露し、健やかな成長を願う行事として根付いています。お七夜には、お世話になった人たちを招いて、お祝い膳を囲んでお祝いします。また、「命名式」を行うのが一般的です。

命名式

命名式は、赤ちゃんの名前を正式に披露する行事です。お七夜に行う風習がありますが、名前が決まったタイミングで行うことも少なくありません。

命名式では、奉書紙や命名紙、白い半紙などに赤ちゃんの名前、生年月日、両親の名前などを記して、神棚や床の間、ベビーベッドの周りなどに飾ります。

また、最近では、記念として命名紙をインテリアとして額装したり、赤ちゃんの手形や足形を残しておいたりすることもあります。

 

お宮参り

いつ:生後1ヶ月ごろ

生まれた子どもが初めて氏神(うじがみ)や産土神(うぶすながみ)にお参りする行事。かつては、子どもが正式に氏子として社会の一員になるための行事でした。今では、土地の神様に出産の報告をし、赤ちゃんの健やかな成長を願うための行事として広く行われています。

お宮参りでは、神社に参拝をするほか、祝詞(のりと)をあげてもらうこともあります。祝詞をあげてもらう場合には、心付けとして「御初穂料」を用意します。父方の祖母が赤ちゃんを抱いて参拝するのが習わしですが、現代では形式にこだわらず、親子だけでお宮参りを行うケースも増えています。

お宮参りを行う日は、男の子が生後31日目、女の子が生後32日目とされていますが、地域差もあります。また、現代では、赤ちゃんやお母さんの健康状態に合わせて日取りを決めるのが一般的です。

 

お食い初め

いつ:生後100~120日ごろ

赤ちゃんに母乳やミルク以外の食べ物を初めて食べさせる行事です。一生食べ物に困らないようにと願う意味があり、「箸初め」や「歯固め」と呼ばれることもあります。

お食い初めでは、赤飯、すまし汁、煮物、酢の物、尾頭付きの鯛などでお祝い膳を整えます。また、丈夫な歯が生えることを願って、小皿に石や梅干しを盛り付けて、お膳に加える地域もあります。

本来は、親近者の中でも年かさの女性が、実際に一粒二粒食べさせるのがしきたりです。しかし、現代では、離乳食が始まっていない時期ということもあり、食べさせる真似だけをするのが一般的です。

 

初節句

いつ:生まれてはじめて迎える節句の日

生まれて初めて迎える節句を初節句といいます。

本来節句とは、1月7日:入日(じんじつ)、3月3日:上巳(じょうし)、5月5日:端午(たんご)、7月7日:七夕(しちせき)、9月9日:重陽(ちょうよう)の5日をいい、男女関係なくお祝いをしていました。しかし、現代では、女の子は生まれてから最初の3月3日、男の子は5月5日を初節句として祝うのが一般的です。

ひな祭り

いつ:3月3日

3月3日のひな祭りは「桃の節句」とも言われ、女の子の節句として親しまれています。ひな祭りでは、ひな人形や桃の花、ひなあられなどを飾り、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物などを食べてお祝いします。

ひな人形の由来は、災厄をはらうために海や川に流していた紙人形です。江戸時代ごろに、人形を流さずに室内に飾るようになったといわれています。

ひな人形を飾るタイミングは、節句当日の1~2週間前ごろです。また、節句が終わったら速やかに片付けなければ、お嫁に行き遅れるという迷信があります。

端午の節句

5月5日の端午の節句は、菖蒲の節句とも言われ、現在では男の子の節句として広く定着しています。なぜこの日が男の子の節句になったかというと、菖蒲の音「しょうぶ」が、「尚武」や「勝負」に通じるからだという説が有力です。

端午の節句には、立身出世の象徴である鯉を模したこいのぼりや、強くたくましい子になるようにという願いを込めた五月人形や兜などを飾るのが一般的な祝い方です。また、当日は柏餅やちまきといったお菓子を用意し、親しい人たちを招いてお祝い膳を囲みます。

 

初誕生

いつ:1歳の誕生日

生まれて初めて迎える誕生日を初誕生と呼びます。

日本では本来、元旦ごとに1つ年を重ねる「数え年」が普通で、生まれた日を祝う習慣はありませんでした。しかし、この初誕生=1歳の誕生日だけは別で、盛大に祝うのが習わしでした。現代でも、地域によっては、1歳の誕生日には一升餅をついて子どもに背負わせたり踏ませたりする行事を行い、子どもの健やかな成長を願う風習があります。

また、最近では盛大な祝い事を行わず、誕生日ケーキを用意してお祝いしたり、記念写真の撮影をしたり、手形足形を取ったりする祝い方が多くなっています。

ハーフバースデー

いつ:生後半年

生後半年をお祝いするハーフバースデーは、近年、お祝いする家庭が増えてきた行事です。もともとは、長期休暇を避けるために半年ずらしてバースデーを祝うという欧米発祥の習慣が原型と考えられていますが、日本では生後半年のお祝い行事として定着しつつあります。

ハーフバースデーの祝い方は、赤ちゃんも食べられるケーキや誕生日仕様の離乳食プレートを用意したり、記念の寝相アートに挑戦したりとさまざまです。赤ちゃんの成長を祝うだけでなく、パパやママが半年間の頑張りを労い合う日という考え方もあります。

 

赤ちゃんの初めての1年間は行事盛りだくさん!

生まれてから7日目に早速やってくる「お七夜」を筆頭に、お宮参りやお食い初めなど、赤ちゃんの最初の1年間には、さまざまな行事が目白押しですね。

伝統的な行事をしっかりとお祝いするのは素敵なことですが、日にちやしきたりにこだわりすぎて和やかにお祝いする気持ちをなくしてしまっては本末転倒です。行事の意味や祝い方は時代とともに変化するもの。自分たち家族にちょうどいい時期と内容を選んで、お祝いしてあげてくださいね。

 

参考:
赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人母子衛生研究会
お七夜−よくわかる用語辞典
お宮参り−よくわかる用語辞典
お食い初め−よくわかる用語辞典
初節句−よくわかる用語辞典
初誕生−よくわかる用語辞典

今さら聞けない冠婚葬祭にまつわるお話|Shaddy.jp
子供の命名を行う日、お七夜の祝いのマナー
いつ、どのようにすればいい?お宮参りのマナー
子供の初めてを祝う、初正月、お食初めのマナー
ひな祭りのマナーと地域別の行事
端午の節句のマナーと祝い方

ベネッセ教育情報サイト|Benesse
赤ちゃんの「お祝い行事」を年間スケジュールでおさらいしよう!
最近人気のハーフバースデーを楽しくお祝いしよう!

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア