【保存版】介護サービスの種類と料金一覧表! 各サービスの特徴と選び方

夫婦のお悩み解決コラム

生活するうえで介護や介助が必要となったときには、「介護サービス」の利用を検討する必要があります。とはいっても、介護サービスにはどのようなものがあるのか、イマイチ情報が整理しきれない! という方も多いでしょう。
そこでここでは、介護サービスの例と料金のめやすを、「介護保険サービス」と「保険外介護サービス」に分けてまとめました。ぜひ、サービス選択の足掛かりにしてください。

「介護保険サービス」と「保険外介護サービス」

介護サービスには、公的介護保険を利用して受けられる「介護保険サービス」と、それ以外の「保険外介護サービス」があります。
最近では、介護保険サービスと保険外介護サービスを組み合わせたサービス提供(混合介護)も推進され、提供時のルールが整えられ始めています。

介護保険サービスとは

介護保険サービスとは、介護保険加入者が、介護が必要な状態になった際に受けられるサービスのこと。対象となるのは、

  • 65歳以上(介護保険第1号被保険者)で、要介護(支援)認定を受けた方
  • 40歳~64歳(介護保険第2号被保険者)で、介護保険法に定める「特定疾病」により要介護(支援)認定を受けた方

です。

要介護(支援)度により受けられるサービスの種類や、利用できる金額の上限(利用限度額)が異なります。
介護保険による費用の給付が受けられるため、利用者の自己負担はかかった費用の1~3割(所得などにより異なる)に抑えられます。

保険外介護サービスとは

保険外介護サービスとは、介護保険で利用できるサービス以外の介護サービスのこと。自治体や民間の介護事業所が実施している高齢者向けの福祉・生活支援サービスをいいます。
介護保険給付の対象外のため、費用は基本的に全額自己負担。そのため、「私費サービス」「自費サービス」とも呼ばれます。

 

主な介護保険サービスの内容・利用料

介護保険サービスのサービス例と利用料金の例をみていきましょう。
介護保険サービスは大きく、

  • 居宅サービス
  • 施設サービス
  • 地域密着型サービス

の3つに分けられます。

※利用者負担額の例は自己負担割合が1割の場合です。また、居住地域の地域区分(1級地~7級地、その他)によって異なります。

居宅サービス

居宅サービスとは、利用者が自宅に居住しながら受ける介護保険サービスのことです。訪問介護員(ホームヘルパー)などの訪問を受けるタイプや、施設などに通うタイプ、生活環境を整えるための物品のレンタルや購入などのサービスがあります。

《サービス例》

【訪問介護】

訪問介護員が利用者を訪問し、食事や排泄、入浴などの身体介護や、掃除・洗濯・買い物・調理など、身の回りのこと、通院の送迎などをするサービス。

●利用者負担額の例

  • 身体介護
    20分未満 165円
    20分以上30分未満 248円
    30分以上1時間未満 394円
    1時間以上1時間半未満 575円
    など

【通所介護】

利用者が通所介護の施設に日帰りで通い、食事や入浴の支援や生活機能の訓練、通所のための送迎などを受けるサービス(デイサービス)。

●利用者負担額の例
通常規模の事業所(1ヶ月の平均利用のべ人数301人以上750人以内)を7時間以上8時間未満利用した場合
要介護1:645円
要介護2:761円
要介護3:883円
要介護4:1,003円
要介護5:1,124円

施設サービス

利用者が介護施設に入所(入居)して受けるタイプのサービス。

《サービス例》

【介護老人福祉施設】

常に介護が必要な方が施設に入所し、入浴や食事などの支援、機能訓練、療養上必要なお世話などを受けるサービス。(特別養護老人ホーム)

●利用者負担額の例
従来型個室を利用した場合、1日あたり
要介護1:557円
要介護2:625円
要介護3:695円
要介護4:763円
要介護5:829円
※別途、室料・光熱費・食費が必要

地域密着型サービス

利用者が住み慣れた地域で生活し続けられるように設定されたサービス。対象は小規模な事業者に限られ、原則として、住んでいる市区町村の施設・事業所以外は利用できません。

《サービス例》

【夜間対応型訪問介護】

訪問介護員が夜間に利用者を訪問するサービス。定期的に訪問を行い介助や安否確認を行う「定期巡回」と、緊急時の介助や救急車の手配などに対応する「随時対応」の2種類があります。

●利用者負担額の例
オペレーションセンターを設置している場合
基本夜間対応型訪問介護(1ヶ月):1,009円
定期巡回サービス1回:378円
随時訪問サービス(1名・1回):576円
随時訪問サービス(複数名・1回):775円

【認知症対応型共同生活介護】

認知症の利用者を対象にしたサービス(グループホーム)。5~9人の利用者が共同生活を送りながら、介護スタッフによる専門的なケアを受けます。

●利用者負担額の例
共同生活住居が1つの場合、1日あたり
要介護1:759円
要介護2:795円
要介護3:818円
要介護4:835円
要介護5:852円

 

主な保険外介護サービスの内容と利用料のめやす

次に、主な保険外介護サービスの例と利用料金のめやすをみていきましょう。
保険外介護サービスには、自治体や非営利団体が提供しているものと、民間の介護事業所や一般企業が提供しているものがあります。

自治体や非営利団体が提供しているサービス

自治体では、次のようなサービスを提供しています。実施の有無や利用料金は自治体によって異なるため、担当の窓口に詳細を確認しましょう。

  • 配食サービス
    食事の調理が困難な高齢者の世帯に、食事を配達するサービス。配達と併せて、高齢者の安否確認も行ってくれます。

    料金:1食300~550円程度

  • 家事援助
    洗濯や掃除、買い物、調理などの日常生活の支援のほか、留守番や話し相手などの家事援助を提供するサービス。
    各市町村の社会福祉協議会などが多く運営しています。

    料金:1時間1,000円前後(別途入会金や交通費など)

  • 送迎・移送サービス
    身体の不自由な高齢者を、病院や高齢者福祉施設まで送迎するサービス。車いす、または寝た状態のまま移送するサービスもあります。
    また、ボランティアの運転による移送サービス(住民参加型移動支援事業)を、無料で提供している自治体や団体もあります。

    料金:片道1回:1,000円など、運営団体により幅あり(従量制の場合もあり)

  • 訪問理美容
    散髪などに行くことができない高齢者の自宅を訪問して、調髪などを行うサービス。1ヶ月や年間の利用回数が定められている場合がほとんどです。

    料金:無料・1回2,000円・出張費の助成など

  • 寝具の丸洗い・乾燥・消毒サービス

    ひとり暮らし高齢者世帯や寝たきりの高齢者がいる家庭などの寝具の洗濯や乾燥・消毒を請け負ってくれるサービス。多くの市町村が提供しています。

    料金:無料~300円程度

  • バリアフリー住宅改修支援
    住居を高齢者が暮らしやすい環境に改修する場合に、補助金などが出る制度。
    改修費のうち一定割合や、介護保険サービスによる改修の費用限度額を超えた部分などが助成されます。
  • 紙おむつ支給・購入助成
    寝たきりの高齢者やその介護者に、紙おむつや尿とりパットの支給や購入費用の助成を行う制度です。

民間介護事業所や企業が提供しているサービス

  • 送迎・移送サービス
    通所施設への送迎サービスのほか、買い物などにも利用できる介護タクシーなど。乗降の介助などを受けられます。

    料金:一般の民間タクシー程度+ヘルパー、ストレッチャーなどの利用料金

  • 外出介助
    買い物や散歩、通院などに付き添ってくれるサービス。旅行など、宿泊が可能なサービスもあります。

    料金:1時間1,500~5,000円程度または、介護保険サービス料金+15分900円(介護保険サービスと連続して保険外サービスを利用する場合)など

  • 家事代行サービス
    掃除や調理のほか、花の水やりや草むしりなど、介護保険サービスではカバーできない範囲も依頼することができます。

    料金:1時間3,000円程度または、介護保険サービス料金+15分900円(介護保険サービスと連続して保険外サービスを利用する場合)など

  • 介護保険のケアプラン外の施設利用
    介護保険外で利用できる、有料ショートステイなどのサービス。家族の旅行時など、臨機応変に利用できます。

    料金:有料ショートステイ1泊1~2万円程度

  • 介護施設のお試し利用
    デイサービスや有料老人ホームなどでは、正式な利用の前に、施設を体験できるサービスを提供している場合があります。

    料金:
    入居型施設:無料または1泊8,000~2万円程度
    通所型施設:1回500~600円程度

 

介護サービスを利用するメリット・デメリット

介護保険サービスと介護保険外サービスを利用するにあたっては、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、利用するサービスを検討することが大切です。
どのようなメリット・デメリットがあるか、以下でみていきましょう。

介護保険サービスのメリット・デメリット

介護保険サービスを利用するメリットは、介護にかかる金銭的負担が大きく軽減される点です。保険給付により自己負担割合が1~3割に押さえられるため、金銭的な理由で必要なサービスの利用をためらわなくてもよくなります。さらに、サービスを利用することで、介護者の負担が軽くなるというメリットもあります。

デメリットは、受けられるサービスの範囲が限られている点です。特に、訪問介護などは必要最低限のサービスに限られるため、介護保険サービスのみでは、“満足いくサービス”とまではいえないかもしれません。

保険外介護サービスのメリット・デメリット

保険外介護サービスを利用する最大のメリットは、受けられるサービスの幅が広いことです。介護保険サービスは、対象となるサービス内容がごく限られているため、できなくて困っていることや、あれができれば便利なのに……と感じていることの全てをカバーすることはできません。しかし、保険外介護サービスであれば、カバーしている内容が細やかで、よりニーズに合ったサービスを選択できます。結果的には、生活の質がぐっと向上するでしょう。

一方、保険外介護サービスのデメリットは、自費となるサービスが多く、経済的な負担が大きくなる点です。介護保険サービスと上手に組み合わせて、無理のない範囲で利用することが大切です。

 

サービスの内容を知って状況に合わせて選択を

大きく「介護サービス」といった場合、そのなかには介護保険サービスと保険外介護サービスが含まれます。前者は利用できる人や対象となるサービスが限られている一方で、費用の給付が受けられます。後者は、自費負担にはなるものの、サービスの幅が広く、柔軟性が高いのが利点です。
各サービスの内容や特徴を知って、状況に合ったサービスを選択することが、介護を受ける本人や介護者の負担を軽くするカギです。

 

参考:
予防や健康増進に資する保険外サービスの活性化
公表されている介護サービスについて | 介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」
介護保険とは | 介護保険の解説 | 介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」
保険外サービスとは | 湘南国際アカデミー
サービス一覧/サービス紹介
神戸市:介護保険外のサービス
介護保険外サービスを知り、快適な生活の維持に役立てましょう | 介護コラム | ニチイの介護サイト
在宅介護と施設入居のメリット・デメリット | 木下の介護
自宅をバリアフリーにしたいけど、支援してもらえますか?
神戸市バリアフリー住宅改修補助事業 | バリアフリー | すまいるネット[神戸市すまいとまちの安心支援センター]
高齢者配食サービスの実態に関する自治体担当者への聞き取り調査結果|日本家政学会誌 Vol.66 No.12
介助・家事援助サービス実施団体(市町村部)|リンク集|福ナビ
ふれあいサービス(有償家事援助サービス) – 東久留米市社会福祉協議会
有償家事援助サービス – 深谷市社会福祉協議会ホームページ
有償家事援助サービス
有償家事援助事業(ほっとサービス) | 社会福祉法人 稲城市社会福祉協議会
移送サービス事業について知りたいのですが。 | 横手市
住民参加による移動サービスの意義と新しい展開 | NPO法人 全国移動サービスネットワーク 事務局長 伊藤みどり
福祉サービスセンター | 綾瀬市社会福祉協議
ふれあいサービス
福祉移送サービスをご利用ください – 設楽町
訪問理美容サービス/伊勢市
在宅訪問理美容サ−ビス|介護・医療・福祉|安中市
行田市/寝具の乾燥及び丸洗いサービス
寝具乾燥消毒サービス|相模原市
寝具乾燥消毒事業/町田市ホームページ
病院・介護関係のお客様/株式会社キタモリ(三重県伊賀市)
介護タクシー | 株式会社 大起エンゼルヘルプ
介護タクシー|新潟県長岡市、新潟市、新発田市で介護の事なら、株式会社エヌ介護サービス
家事代行ならニチイライフ
家事おてつだいサービス | お掃除用品・お掃除サービスのダスキン | 株式会社ダスキン
ご利用料金・サービス提供エリア|おまかせさん
有料ショートステイのご案内|ベネッセスタイルケア
体験宿泊してみませんか|有料老人ホームの生活科学運営【体験宿泊】
見学・体験入居 | 木下の介護
1日施設体験利用を行なっています | 新着情報 | 介護老人保健施設 コミュニティホーム白石
体験利用案内 | 介護老人保健施設リハ・ヴィラなぎさ苑 お知らせ
施設見学・体験入居案内|介護専用型有料老人ホーム 博愛ナーシングヴィラ|愛知県刈谷市の高齢者介護施設
体験入居のご案内|介護付有料老人ホーム「エテルノ テレサ」

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア