介護保険料いつからいつまで払う? 平均保険料と費用の負担割合とは

夫婦のお悩み解決コラム

一定の年齢になると徴収が始まる介護保険料。漠然と知識として知ってはいても、「いつから支払いが始まっていつ終わるの?」「どうやって払うの?」「金額はいくら?」「計算方法は?」と、たくさんの疑問を抱いている人は多いでしょう。
そこでここでは、介護保険料の支払い期間や計算方法について解説。介護保険料を徴収する目的や、保険料が減免される制度についても紹介していきます。

介護保険の被保険者が支払う「介護保険料」とは

介護保険料とは、介護保険制度によって提供されるサービスの運営を支える財源として、介護保険加入者が支払うもの。介護保険サービスは、公費:約5割・40歳から64歳の方(介護保険第2号被保険者)の保険料:約3割・65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)の保険料:約2割の負担で運営されています。
一定年齢になれば、加入している保険者による介護保険料の徴収がスタートします。

介護保険制度と介護保険サービス

介護保険制度とは、高齢者や特定の病気によって日常生活が不自由になった人の介護を、社会全体で支えることを目的に創設された制度です。
次の人は必要に応じて、かかった費用に対して1割から3割の自己負担で、介護保険サービスを受けることができます。

  • 65歳以上(第1号被保険者)で要介護(支援)認定を受けた人
  • 40歳~64歳までの人(第2号被保険者)のうち、特定疾病※により要介護(支援)認定を受けた人
    ※特定疾病:介護保険法で定められた16種類の疾病

受けられる介護保険サービスには、

  • ケアプランの作成
  • 家事の援助
  • 施設などの利用
  • 介護用品の利用

などがあります。

介護保険料を滞納するとどうなる?

介護保険料を滞納すると、滞納期間によって次のような措置がとられます。

  • 1年以上滞納:介護保険サービス費用の全額を、一旦、利用者が負担。申請により保険給付が支払われる
  • 1年6ヶ月以上滞納:介護保険サービス費用の全額を利用者が負担。申請後も保険給付の一部、または全額の一時的な差し止め、滞納していた保険料へ充当
  • 2年以上滞納:時効により納付できなくなる

このほか、利用者負担が3割に引き上げられたり、高額介護サービス費が受けられなったりする場合も。延滞金や差押えなどの処分を受ける可能性もあります。

 

介護保険料はいつからいつまで払う?

介護保険料の支払いがスタートするのは、40歳になった月です。満年齢で数えるため、正確には【40歳の誕生日の前日】が属する月から、介護保険料の支払いが始まります。1日生まれの人は、誕生月の前の月からとなるため、注意しましょう。
介護保険の支払いが終了するのは、介護保険の資格喪失日が属する月の前月です。資格喪失日とは、死亡日の翌日をいいます。月の最終日に亡くなった場合には、亡くなった月の分まで支払いが必要となるため、こちらも注意が必要です。

介護保険料の徴収方法

介護保険料の徴収方法は、年齢によって異なります。
40歳~64歳までの第2号被保険者は、加入している医療保険(協会けんぽ、組合健保、国民健康保険など)の保険料と合わせて徴収されます。

65歳以上の第1号被保険者の介護保険料は、市区町村が徴収します。
保険料の金額は、毎年6月頃に通知されます。65歳になる年には、誕生月の翌月(誕生日が1日の方は誕生月)に通知されます。

支払いの方法は、

  • 年金から天引き(特別徴収)
  • 口座振替・直接納付(普通徴収)

の2通り。

なお、特別徴収を開始するためには、帳簿の照合や各機関への金額の通知などで、半年~1年程度の準備期間が必要です。特別徴収に切り替わるまでの間は、普通徴収で保険料を納めることになります。
また、年度の途中で市区町村の転入出があった場合にも、転入から半年~1年程度の間、普通徴収となります。
前住所地の市区町村では、転出の届出から特別徴収の停止まで2~3ヶ月程度かかります。保険料を重複して支払った場合には、前住所地から後日返還されます。

 

介護保険料はいくら払う? 計算方法は?

介護保険料の金額は、加入している医療保険や住んでいる市町村、所得額によって異なります。
以下で、ケースごとの介護保険料の計算方法や平均額についてみていきましょう。

40歳~64歳までの介護保険料の計算方法

40歳から64歳までの介護保険料は、全国の介護保険給付の総額から算出された、【給付に必要な保険料の平均額】をベースに、各保険者が定めた方法で算定されます。

《国民健康保険》
介護保険料=所得割の金額+均等割の金額+平等割の金額

  • 所得割:所得に応じて計算された金額
  • 均等割世帯の第2号被保険者数に応じて計算された金額
  • 平等割:1世帯あたりの金額

《職場の保険(協会けんぽ、組合健保など)》
介護保険料={給与(標準報酬月額)+賞与(標準賞与額)}×介護保険料率

介護保険料率は毎年変わり、例えば、協会けんぽの平成30年度の保険料率は1.57%です。
職場の保険に加入している場合、保険料は職場と2分の1ずつ負担することになります(任意継続を除く)。

65歳以上の介護保険料の計算方法

65歳以上の介護保険料は、各市町村が3年ごとに決める基準額をベースに計算されます。

介護保険料=市町村ごとの基準額×負担能力に応じた保険料段階区分ごとに定められた割合

厚生労働省が発表した平成30年度~32年度の全国の介護保険料基準額の平均(月額・加重平均※)は、5,869円。
※加重平均:平均する各項の条件の違いを考慮にいれて、対応する重みをつけてから平均する方法
各都道府県の保険料基準額は、最大が沖縄県の6,854円、最小が埼玉県の5,058円と、地域により大きな開きがあります。

平成30年度~32年度各都道府県平均保険料基準額一覧|厚生労働省

介護保険料の減免制度

経済的な理由で上の計算方法で算出された保険料の支払いが難しい場合、市町村に申請することで、介護保険料の減免を受けられることがあります。

制度が適用される可能性があるのは、次のようなケースです。

  • 本人または主に生計を担っている人が、震災や火災などの災害によって、財産に大きな損害を受けた場合
  • 主に生計を担っている人が、死亡または災害によって行方不明になった場合
  • 主に生計を担っている人が、心身の重大な障がいや長期入院によって、収入が大きく減少した場合
  • 主に生計を担っている人の収入が、事業の休廃止や失業、災害による被害などによって、大きく減少した場合
  • 本人が刑事施設などに拘禁された場合
  • 生活保護基準程度に満たない収入や資産の世帯で、一定要件に該当する場合

など

減免制度は、自治体によって運用が異なることがあります。保険料の支払いで困った場合には、市区町村の担当窓口に相談しましょう。

 

介護保険料の金額と計算方法は人によって異なる

介護保険料の支払いは、満40歳~死亡して資格を喪失するまで。金額や計算方法は、加入している健康保険や、住んでいる市町村によって異なります。また、徴収の方法もケースによって違うため、自分の場合はどれに当てはまるのか、きちんと把握しておきましょう。
支払いが困難な場合の減免制度もあるため、万が一の場合には、市区町村の窓口に相談を。
介護保険サービスを支える介護保険料。制度をしっかり知って、滞りなく納めましょう。

 

参考:
介護保険とは | 介護保険の解説 | 介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」
介護保険制度について
死亡者の介護保険料はどうなるのですか。|茅ヶ崎市
介護保険料について 新潟市
大阪市:保険料の決め方 (…>国民健康保険>保険料について)
介護保険料の計算、どうなっているの? ~みなさんの保険料、大切に使います~
介護保険料の決まり方:新宿区
第7期計画期間における介護保険の第1号保険料及びサービス見込み量等について
平成30年度~32年度各都道府県平均保険料基準額一覧
岡山県備前市 介護保険の制度
公表されている介護サービスについて | 介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」
介護保険料の軽減制度 | 板橋区
介護保険料についてのよくある質問|東京都小平市公式ホームページ
介護保険料 よくあるご質問|茅ヶ崎市

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア