子供部屋の間取りやレイアウトは? 子供が2人いる場合は?

夫婦のお悩み解決コラム

子供部屋を用意しようと思うけれど、間取りはどのようにしたらよいのか、悩んでおられる方も多いでしょう。
子供部屋の広さも、何畳ぐらいが最適なのか、迷うところです。
また、2人子供がいる場合には、いつまで一緒の子供部屋で過ごさせるのがよいのでしょうか?
ここでは、そのような子供部屋の間取りや広さについて、さまざまな角度から考えていきます。
子供部屋の間取りについて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

子供部屋は家を買う時から用意する?

子供部屋の間取りを最初から考えて、家を建てる方やマンションを購入する方が多いといわれます。
3LDK等の間取りの住宅が数多く売れているのは、子供部屋を考えてのことでしょう。

しかし、家を購入した後に子供の数が増えることも考えられるので、部屋数が足りなくなるかもしれません。
子供の数が2人以上の場合では、間仕切りを使ったり、リフォームをする家庭もあるようです。

設計段階から子供部屋を用意するの?

家を設計する時に、子供1人に1部屋の個室を考えるのでしょうか。
それとも後から、間仕切りを使って工夫しながら、子供部屋を確保していくのでしょうか。

子供が1人であれば、子供部屋を設計段階で考えておくのもよいでしょう。
しかし、子供が3人の家庭であれば、設計時に数多くの部屋を用意しなければいけなくなるので、経済的にも物理的にも難しい場合が多くなります。

複数の子供がいる場合には、広めの部屋を共同の子供部屋として考えるのがよいでしょう。

子供部屋の広さはどれくらい?

子供部屋の広さは何畳ぐらいが目安となるのでしょうか。

あらかじめ建てられたマンションや一戸建ての場合には、3LDKなどで平均的に用意されている4.5畳か6畳、広くて8畳ぐらいの広さの部屋になるはずです。

子供部屋自体を用意することが難しい場合には、広い部屋の一角を間仕切りして、子供部屋として使うようにするとよいでしょう。
3畳もあれば必要最低限の荷物が置けるので、狭くても大丈夫です。

 

2人子供がいる場合の子供部屋の間取りはどうする?

子供が2人いる場合には、子供部屋は共同で使わせるのでしょうか。それとも別々に用意してあげる方がよいのでしょうか。
子供が、どの発達段階にいるのかで、共同で使わせるのか、個室を持たせるのかが変わってくるのが一般的です。

子供が小さいうちは子供部屋は共同でいいの?

子供が2人いる家庭でも、子供たちが小さいうちは子供部屋は共同という考えの方が多いようです。
小学校に上がれば勉強机とベッド、本棚の3点がそれぞれ必要になります。
この3点の家具は、3~4畳ほどの広さがあれば置くことができるとされています。
2つずつ置ける大きさの子供部屋となれば8畳程度の広い部屋を子供部屋にすることになります。
8畳の部屋を子供2人の子供部屋と考え、間仕切りで工夫することもできるわけです。

思春期を迎える頃には別々の子供部屋を用意するの?

子供たちが成長して思春期を迎える時期になれば、1人でいる時間が欲しくなるでしょう。また、プライバシーも守られなければならないため、別々の子供部屋を用意するのが理想的です。

1人1人別々の子供部屋を用意するのは、普通の家庭では大変なことです。
2人の子供が使っていた8畳を工夫して、2つの部屋として使えないか考えてみましょう。

男-男兄弟や女-女姉妹の場合には、広い部屋を簡単に間仕切りすることで、2つの部屋としてもよいかもしれません。
しかし、男-女兄妹(女-男姉弟)の子供がいる場合には、リフォームや増築も視野に入れて、独立した空間を持たせてあげるようにしましょう。

 

リビングを活用すれば子供部屋は狭くてもいい?

子供が小さいうちから、リビングで勉強をしたり他の家族とコミュニケーションを取ったりする習慣があるなら、子供部屋は広くしなくても大丈夫でしょう。
むしろ、リビングに子供がよく来るようにすることで、引き籠りなどの社会問題から子供を遠ざけることもできます。

実際に、小学生だけでなく中高生になってからもリビングで勉強する子供は多く、勉強に集中する受験期をのぞけば、リビングでの学習をメインに行っているようです。

リビングにサブの学習机を置くのも一案

子供が小学生のうちは、リビングで学習することが多くなります。
ソファなどに座らせて勉強させるのではなく、勉強できる姿勢をとれる、サブの机と椅子をリビングに置いてあげましょう。

子供が小学生低学年の場合には、リビングに「勉強コーナー」のような場所を設けてあげる家庭も多いようです。

友達が来たらリビングで遊ばせる

小学生、中学生と成長するにつれて、子供の友達が遊びに来ることもあるでしょう。
広い子供部屋があれば、子供は部屋を見せたがって次から次へと友達を家に呼んでくるようになるかもしれません。

内緒話をしたりするのも楽しいかもしれませんが、親としては気になるものです。
狭い子供部屋であれば、リビングで友達と遊ぶことになるので親の目が行き届いて安心できます。
子供が友達を連れてきたら、リビングで遊ばせる習慣をつけていきましょう。

子供部屋はリビングを通って行ける部屋にするといい?

玄関から帰ってきた子供が、直接子供部屋に行ってしまうと、親と顔を合わせないこともあります。
子供部屋には、なるべくリビングを通って行けるように工夫するとよいといわれています。
なるべく奥の部屋を子供部屋に選ぶことが重要です。

親や家族とのコミュニケーションを日頃から取ることで、学校での悩みや問題が解決することもあるということです。

 

子供部屋は役目を終える時が来る

子供部屋は、子供が大人になって独立するまでの期間限定の部屋です。
学生の期間を終えて社会人になれば、家を出ていく方も多いです。

その時にも、子供部屋を新たに別の用途で使えるようにしたいものです。

子供部屋を夫婦の趣味の部屋に

役目を終えた子供部屋は、子離れをきっかけにして、夫婦の趣味の部屋として使うのもよいですね。
趣味で絵画を描いたり、楽器演奏の部屋に改造したりと、夢が広がります。

部屋の使い方によっては間仕切りを取るだけで広い部屋に

子供部屋をあらかじめ広い部屋の一画に間仕切りで作っておいた場合には、その仕切りを取るだけで広い部屋が使えるようになります。
あとあとの部屋の使い方を考えると、間仕切りで子供部屋を作るのもとても便利です。
子供が家を出た後も、夫婦で有効に広い部屋を使うことができるようになります。

 

子供部屋はリビングの活用を考えながら用意するとよさそう!

家を建てる時に、子供部屋のことも合わせて設計すると「どうしても広い部屋を」と考えてしまかもしれません。
子供部屋に注目するのであれば、リビングとの並行活用を考えて、子供部屋の広さを検討するのがよいでしょう。
子供部屋が広いからといって、勉強の効率が上がるわけではありません。
子供は、リビングで勉強したり、子供部屋で勉強したりと、複数の場所の使い分けをしているようです。
リビングを積極的に子供に活用させることが、家族全員が円満に生活を送る鍵となりそうです。

 

参考:
成長発達期における住まいの空間構成と家族のコミュニケーションの関係についての研究(山田 あすか氏、倉斗綾子氏)
家族関係と住宅の間取りの研究(後藤礼彦氏)
どうする?我が家の“子ども部屋”|特別編|ハッピー・ノート.com
積水ハウス 住まいづくりや暮らしに役立つ情報をまとめたレポート「view point」vol.2 発行 “子育ち”設計レポート ~子どもの学びを考えた居どころ提案~

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
読み込み中...

この記事をSNSでシェア