介護用の手すりがあるだけで助かる! どこに設置するのがおすすめ?

夫婦のお悩み解決コラム

1人で立ち上がれなくなった方のために、手すりを設置しませんか? 高齢になると、ちょっとしたことで転びますし、立ち上がるのも億劫になります。もし手すりがあれば、助けなしで1人で立ち上がれます。被介護者が自立できることは、介護をする人の負担を減らすことにもなるので、おすすめです。ここでは、手すりの種類や選び方、国や自治体の援助はあるのかなどをご紹介します。

手すりを設置すると何が良い ?

手すりを付けることは、被介護者の安全だけが目的ではありません。手すりがあれば1人で立ち上がれ移動もできるため、他の人に助けてもらう必要がなくなります。そのため、介護者の負担を軽減できるのです。

自分1人で動けるため、被介護者は自立し、自分のことは自分でしようというポジティブな気持ちになります。積極的に動くようになることで、認知症対策も期待ができます。

 

手すりってどこに設置するもの?

手すりには2種類あります。設置工事が必要なタイプと、工事不要な置くだけのタイプです。手すりをどこに取り付けるのか、工事不要なタイプでも大丈夫なのかを見ていきましょう。

トイレ

トイレは色々な動作をする場所です。また夜中に行く場合も多く、力を入れた瞬間に気分が悪くなることがあります。そのようなときに掴む手すりがあると、倒れて骨折をするという危険性が少なくなります。

小さなスペースですが、目的に合わせて手すりをいくつか設置する必要があります。ドアを開けるときに掴まる場所、中に入って便器に腰掛けたり、立ち上がったりするときの手すりなどが必要です。

トイレットペーパーも、手すりで体を支えながら取ることになるので、手すりとペーパーホルダーの位置の関係も考えましょう。

トイレの広さによりますが、手すりの一部が体に当たらないか、頭を下ろしたときに頭をぶつけないかなど、色々とシミュレーションをしながら手すりを付ける必要があります。

お風呂

お風呂は高齢者がよく倒れる場所です。水濡れで足元は滑りやすく、浴槽をまたいで出入りする際によろけたり転倒してたりして危険です。

年を取ると浴槽をまたぐことがだんだん難しくなりますが、手すりがあればかなり高齢になるまで1人で入浴ができます。
出入り口(廊下から更衣室へ、更衣室から浴室へ)を入るとき、バスタブをまたぐとき、バスタブの中で立ち上がるときに使う手すりが必要です。水に濡れても大丈夫な材質で、掴みやすい太さの手すりを選びましょう。

洗面所・脱衣室

洗面所は、顔を洗う、歯を磨くなど頭を少し傾ける姿勢をとるため、転びやすい場所です。また、朝寝ぼけていたり、お風呂上がりに少しふらついていたりする場合もあります。そのため、行動パターンをシミュレーションして、少し多めに手すりを付けましょう。

洗面所の周りのドアのそばに加え、広さがあればもう1ヶ所にも付けるのがおすすめです。

廊下

廊下は夜中にトイレに行くときなど転んでしまうことがあるので、手すりを付けておくと安心です。つたい歩きができる高さに設置しましょう。

階段

階段は転落事故が多く発生する場所です。できれば2階を使わないようにしたいものですが、どうしても階段を使わなくてはいけない場合もあります。
階段の手すりは階段の長さより少しだけ水平方向に長く作りましょう。落ちそうになったときに掴みやすい太さにすることがポイントです。つなぎ目がないようにつなぐところは下部にして、途中で手を離さないでも良いようなデザインにしてください。

玄関

履物を履くときや履物を脱いで立ち上がるときなどに、体のバランスが崩れやすいので、手すりが必要です。段差が大きい場合と小さい場合で必要な場所が変わります。

屋外

駐車場に行く通路や段差のある門扉、庭へ続く縁側など、転びやすいところはないかチェックをして手すりを設置しましょう。

 

工事不要の簡易手すり

手すりの中には通信販売や店頭で購入できる、簡易手すりもあります。階段の手すりなどは工事で取り付ける必要がありますが、玄関で立ち上がる場合やこたつに入った状態で立ち上がる場合などには、簡易手すりの方が便利です。

手すりの種類

簡単に取り付けられるタイプ、置いておくだけで立ち上がるときにサポートしてくれるタイプ、玄関などに置ける木製で腰掛けられるタイプなどいろいろあります。

特に、布団の横に置くタイプの手すりがおすすめです。立ち上がりが大変で布団からベッドにしている高齢者の方も多いですが、手すりがあれば布団でも楽に立ち上がれます。また、寝返りをしたいときに、手すりを掴めば、寝返りも簡単です。

JIS規格の手すりを選ぼう

手すりを設置するときは注意が必要です。若くて健康な人であれば問題にならないことでも、介護が必要な人は手すりにはさまれて動けなくなる場合があります。

消費者庁に、介護ベッド用手すりが原因で起きた事故が、数多く報告されています。介護ベッド用手すりが原因の事故は、7年間で67件、そのうち半数以上が死亡事故です。例えば2014年には、80歳代の人が手すりとベッドの間に頭をはさまれ死亡したという事故が起きました。
死亡しない場合でも、腕や足を骨折してしまうという重傷事故が多くみられます。

2009年に改正された新JIS規格のマークがついた、介護用製品を利用することをおすすめします。レンタルの場合、古い様式のものがあるかもしれません。レンタル契約をするときにきちんと業者に確認してください。JIS規格に適合していても、装着したときに隙間や安定性などを確認しましょう。

手すりのレンタルは介護保険で1割負担

65歳以上で要介護、要支援の認定を受けた人であれば、手すりをレンタルできます。「介護支援専門員(ケアマネジャー)が必要と判断した」などの条件をクリアすれば、レンタル費用は1割だけが本人負担です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
>介護用品・福祉用具のレンタルにおすすめなサービス・業者5選

 

設置工事が必要な手すり

使うときに使いたい場所に設置できる簡易手すりに対して、工事で取り付けなければいけない手すりもあります。

例えば風呂など水を使う場所に設置する手すりは、固定することが難しいので工事が必須です。また、階段も床に置けないので工事で取り付けます。

工事は、介護用の手すりに関して経験と知識のある専門家に頼みましょう。どのように付けると使いやすいのか、危険がないのかということがわかっているので安心です。

 

介護リフォームの補助金

介護保険制度における住宅改修は、20万円までの金額に対し自己負担額が1割になります。

補助金の申し込みには、「支給申請書」・「工事見積り書」・介護支援専門員(ケアマネジャー)、地域包括支援支援センター担当職員、作業療法士、福祉住環境コーディネーター検定試験2級以上の有資格者などによって書かれた「住宅改修が必要な理由書」・住宅の間取り図など「完成した様子がわかる図面」4つの書類が必要です。

限度額20万円は生涯にわたる限度額ですが、介護認定のランクが一定以上上がった場合や転居した場合には、改めて支給対象になります。

手すりの種類と工事費用

手すりの種類によって費用も異なりますが、目安としていくつか上げておきます。

トイレ入り口手すり(I型):5,220円・取り付け費用4,000円
トイレ内手すり(L型):9,720円・取り付け費用6,000円
階段手すり(2m×2本と4mの手すり)階段の壁に補強材を取り付けた場合:107,352円

介護保険を利用した場合自己負担額はこの1割になりますが、工事の契約をする前にきちんとケアマネジャーと相談して、支払われるかどうかの確認が必要です。

詳しくはこちらの記事でも紹介しています。
>介護リフォームにかかる費用相場と種類とは? 補助金を受けるコツ

 

手すりを付けて介護を楽に!

手すりをつけると動きが楽になり、自由に室内を移動できるので、幸せな気持ちになるでしょう。高齢者がよく不機嫌になるのは、できていたことができなくなり、人を頼らなければならなくなるからです。

手すりをつけると介護をしている人の仕事も楽になります。家族全員にメリットがあることですから、手すりを付けることを前向きに検討してみてくださいね。

 

参照:
失敗しない手すりの選び方・取り付け方|ひろしま住まいづくり支援ネットワーク|
厚生労働省福祉用具・住宅改修(参考資料)
厚生労働省福祉用具貸与(参考資料)
介護保険最新情報:厚生労働省老健局高齢者支援課
介護ベッド用手すりによる死亡事故が多数発生!(見守り情報)_国民生活センター
在宅介護支援事業所・株式会社ゆい:住宅改修「料金はどのくらい?」
住宅改修手すりの販売|介護用品・福祉用具の通販・販売店 スクリオ
居室用手すりの選び方|介護用品のレンタル ダスキンヘルスレント

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

この記事をSNSでシェア