子供部屋はいつから必要? 子供部屋のメリット・デメリットとは

夫婦のお悩み解決コラム

お子さんがいるご家庭であれば、子供部屋をいつから与えたらよいのかを考えているのではないでしょうか。
幼い頃から子供部屋を持たせているご家庭もありますし、高校生になって初めて子供部屋を与えるご家庭も見られます。

そこでここでは、子供部屋をいつから与えるのが適切なのかを見ていきましょう。
子供の年齢による学習状況の紹介のほか、子供部屋を与えることのメリット・デメリットを挙げてみました。
子供部屋をいつから与えるかの決定に役立てて下さい。

小学生で子供部屋は必要? 兄弟一緒の部屋でいい?

実際に、子供が子供部屋をどの成長段階で持っているかを見ておきましょう。
ある調査によると、小学校低学年の段階で、約2~3割の子供が子供部屋を持っていることがわかりました。
また、小学校4~6年の高学年では約4~6割の子供が、中学生になると約6割以上の子供が子供部屋を持っているという結果が出ています。
さらに、高校生になると7割以上の子供が子供部屋を持っています。

兄弟や姉妹と一緒の子供部屋を合わせると、さらに多くの子供が子供部屋があるという状況です。

子供が2人以上の家庭では、子供の年齢差や発達段階に合わせて、子供部屋を与えている場合が多いようです。
小学校高学年で中学受験をひかえている子供と、幼稚園に通っている子供の2人がいる場合などでは、上の子供に個室の子供部屋を用意してあげられるとよさそうです。

小学生でも低学年と高学年とではこんなに違う!

小学校低学年の子供は、学習時にもリビングで過ごすことが多く、子供部屋は主に、荷物を置く場所と寝る場所という使い方になっている状況のようです。
中には、一人で寝ることも難しい子供もいるでしょう。

一方、小学校高学年にもなると、自立心も芽生えてきて、一人で勉強するようになる子供も見られます。
中学受験のための勉強をする子供は、家族が寝てからも学習を続けることもあるため、一人で好きな時間に勉強ができる、学習のための「子供部屋」があると理想的です。

2人子供がいる場合は一緒の部屋でいい?

2人子供がいる場合には、2人一緒の子供部屋でよいのでしょうか。
2人といっても、男-男兄弟の場合、女ー女姉妹の場合、男ー女兄妹(姉弟)の場合で変わってきます。

男ー男兄弟の場合、女ー女姉妹の場合では、中学生になるまでは同じ子供部屋を使わせる家庭が多いようです。
特に、女ー女姉妹のケースでは、上の子供が中学生に上がっても、4割の家庭で同じ子供部屋を使わせると母親が回答した調査結果もあります。

男ー女兄妹(姉弟)のケースでは、上の子供が小学校高学年頃の思春期を迎える前に、それぞれの子供部屋を与えてあげるのがよいとされています。
個別の部屋を用意するのが難しいのであれば、間仕切りなどの工夫をしていきましょう。

 

子供に子供部屋を与えるメリットを考えてみましょう

子供に子供部屋を与えるメリットには、どのような点が挙げられるのでしょうか。
親側が真っ先に思いつくのが「学習する習慣がつく」ことでしょう。
その他にも、「自主性がつく」「一人で片付けや掃除ができるようになる」などの子供の成長を、期待している方が多いのではないでしょうか。

実際に子供部屋を与えた場合、どのような状況なのかを見ていきましょう。

子供部屋を作れば勉強するようになるの?

子供部屋を子供に与えるからには、勉強するようになるだろうと期待もあるもの。
しかし意外なことに、子供が家の中で勉強する場所はリビングという統計もあります。
小学校低学年では、家の方が一緒についてあげて、勉強を教える場面もよく見られますね。

しかし、学年が上がっていくにつれ、1人で勉強をするようになっていきます。
特に、受験勉強は子供部屋で集中して行う子供が増えていきます。
とはいうものの、中学受験期の6割程度、高校受験期の4割以上、大学受験期の2割以上が、リビングで勉強しているという調査結果があります。
子供の勉強の状況と子供部屋の有無は、必ず直結するとはいえないようです。

子供部屋の片付けや掃除ができるようになる?

小学生に子供部屋を与えた場合、片付けや掃除をきちんとする習慣がつくでしょうか。
大人になってから清潔な部屋を保てるように、子供の頃から掃除や片付けの習慣がついていると困らなくて済みます。
実際には、子供部屋の掃除を自分で行っている子供は、どれぐらいいるのでしょうか。

ある調査によると、「子供部屋の掃除を自分でする」という子供は、小学生で1~2割、中学生で2~3割、高校生でも2~3割程度となっています。

子供部屋を与えたからといっても、自主的に部屋の片付けや掃除をするようにはならないのが実情のようです。

子供部屋を与えたら、最初は親が子供と一緒に片付けをしてあげてください。徐々に手伝う程度にとどめるようにし、子供だけで片付けや掃除ができるように習慣づけていきましょう。

子供のプライバシーを守ることは重要

家族といっても、子供のプライバシーを守ることは必要です。
小学校高学年以上の子供の多くは、家の中に一人でいられる場所が欲しいと思っているようです。
中高生では、疲れを感じている時には、子供部屋に「こもりたい」と感じています。
ストレスの多い現代では、子供のプライバシーを守るとともに、家の中で一人でいられる場所を確保してあげることも大切です。

 

子供に子供部屋を与えるデメリットを考えてみましょう

子供部屋を与えると、当然デメリットも考えられます。
子供のどの成長段階で子供部屋を与えたらよいのか、デメリットを考えながら見極めていきましょう。

先ほども書いたように、子供が子供部屋の片付けや掃除をしない、というのは大きなデメリットです。
親が子供部屋に入って掃除をしなければ、子供部屋はチリやホコリだらけになってしまい、不衛生な状態で過ごすことになります。
他に考えられるデメリットも挙げていきましょう。

子供部屋にこもりきりになってしまう?

子供部屋を用意すると、一人での居心地が良くて、他の家族と一緒に過ごす時間が減ってしまうことが考えられます。
子供部屋で勉強をしているのならいうことありませんが、ゲームやスマホ三昧では困ります。
目が行き届かなくなるので、心配要素が増えることになるかもしれません。

実際に前出の調査では、子供自身が感じる子供部屋を持つデメリットとして、「漫画やゲームばかりしてしまう」「家族と一緒に過ごす時間が減る」ということを挙げている子供もいます。

しかし、半数以上の子供が、子供部屋を持つデメリットが無いと回答しており、子供にとっての子供部屋の重要性が垣間見えます。

早くから子供部屋を与えると危険なことも

家庭によっては、小学校前から子供に子供部屋を用意するところもあるようです。
その場合には、子供が椅子から落下したり、玩具を口に入れたりという危険行為をしていても、目が届かずに気がつかないこともあるので、十分に注意しましょう。

1歳から9歳までの子供の死亡原因は「不慮の事故」が最も多いという調査結果が出ています。
早くから子供部屋を与えることで、事故につながっては大変です。
子供だけにすると、誤飲や火を使っての事故などを起こす危険もあるので、子供部屋を与える時期が早すぎるのも考えものです。

 

勉強は子供部屋ではなくリビングで行う子供が多いという状況

近年の傾向として、小学校低学年だけでなく中学生、高校生になってからも、勉強をリビングで行う子供も多くなっています。
親側は、親が勉強を見てあげられる小学生のうちは、リビングでの勉強を望んでいる一方で、中高生には子供部屋で集中して勉強してもらいたいという希望があるようです。

小学生だけでなく中高生も普段の勉強はリビングで行うことも

小学生低学年では、リビングで勉強をする子供が多いと想像できますが、意外にも、中高生になってもリビングで勉強をする子供が、かなりの数いるようです。
子供部屋で勉強することもあれば、リビングで勉強することもある、という具合に家の中で勉強場所をいくつか持っているのが特徴です。

これだけみると、リビングで勉強をする中高生が多いのだから、個人の子供部屋が無くてもよいだろうという発想も出てくるでしょう。
しかしながら、子供にとっては「子供部屋=勉強部屋」ではなく、子供部屋は荷物をまとめて置いておけて、一人で眠る場所という認識があります。そのため、勉強で使わなくても子供部屋は用意してあげましょう。

受験勉強をさせるなら子供部屋が向いています

子供が受験勉強をする年齢になれば、子供部屋を用意する必要が出てきます。
夜、他の家族が寝ている間でも時間を気にせず一人で勉強できるというのがその理由です。
また、一人の空間があれば集中しやすく、長時間の勉強にも身が入ります。

受験期には、塾や予備校の自習室で勉強する子供も多くなりますが、移動時間を考えると家の中で勉強できる静かな子供部屋がある方がよいでしょう。

 

いつから子供部屋を用意するかはご家庭によります

いつ子供部屋を用意するかのタイミングは、各ご家庭によってさまざまです。
早めの受験をするご家庭では、小さいうちから子供部屋を用意する必要があるかもしれません。また、中学入学をきっかけに子供部屋を、というご家庭もあるでしょう。
子供部屋を与えることのメリット・デメリットを、参考にしていただければ幸いです。

 

参考:
東京ガス : 都市生活研究所 : 研究レポート
家で子どもが過ごす部屋~子どもの過ごし方と親子それぞれの意識
子供に聞いた自分の部屋と家族に対する意識
子供の勉強実態と親の意識

積水ハウス 住まいづくりや暮らしに役立つ情報をまとめたレポート「view point」vol.2 発行 “子育ち”設計レポート ~子どもの学びを考えた居どころ提案~

月齢・年齢別で見る起こりやすい事故(乳幼児の事故)|あいち はぐみんNet

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア