お肌の手入れは男性のアレと「実は同じ」??

こんにちは、メオトーク編集長やまかわです。女性から見れば無駄、子どもっぽいことばかりの男性。男性から見ても「なんで女性は?」と思うことはたくさんありますよね。でも、まったく違うようで、案外「実は同じ?」があるかも…

pixta_3770227_S

お肌の手入れはアレに似ている!?

 

先日、デパートで母の誕生日プレゼントを探していたら、化粧品売り場で呼び止められました。

 

「男性もお肌の手入れは大事ですよ!」

 

いままで考えたこともなかったので、促されるまま説明を受けてみました。洗顔料で一日の汚れを落として、化粧水でベースを作り、乳液や美容液で保湿、紫外線対策をする…

 

実際に洗顔して化粧水を塗り、乳液を塗って貰うとあーいつもと違う。「しっとり」「つっぱらない」って言葉の意味がわかりました。なんだか人に自慢したくなるような感じ。

 

普段何気なく「お肌のお手入れ」を見ていたけど、女性って大変なんですね…
お話しを聴いていて、「もしかしたらアレと同じかも」とふと思いました。
 

革靴のお手入れと同じかも??

 

ブラシで汚れを落として、ステインリムーバーでワックスを取り除いて、デリケートクリームで下地を作ってからワックスやポリッシュで補色、保湿して、ピカピカに磨き上げる。

 

「お洒落は足下から」と言うぐらい、靴は人に見られるもの。革靴も雨に濡れたままだと“シミ”ができ、乾燥したら“ひび割れ”てしまう。汚れがついたら落とすなど、定期的なお手入れが大事です。

 

ピシっと高級なスーツを着ていても、ボロボロの靴だとお洒落には見えません。逆を言えば、ジャケットに少しシワが入っていても、靴がピカピカなら「お洒落だな」「デキそう」と感じるもの。

 

「靴なんかと一緒にするな!」と怒られちゃいそうですが、男にとって「靴」は「お肌」「顔」とも言えるかもしれません。

 

毎晩、お肌の手入れをしている女性に、男性は靴磨きでお返ししてもいいかも。大事な人がお肌も靴もピカピカだったら嬉しいですよね。

 

そういえば、帰り際にお肌のお手入れセットを貰いました。靴磨きにハマってから磨き甲斐のありそうな中古の革靴を「磨くため」に物色していたのですが、身近なところに磨き甲斐のある“皮”を発見。

 

30年以上、さっぱり手入れをしていないのでどれだけ変わるのか、いまから楽しみです。