知っておきたい結婚式での足元のマナー(女性編)

夫婦のお悩み解決コラム

皆様こんにちは!! 大切な友人の結婚式に呼ばれ、普段はカジュアルな服を中心に過ごしていると、さて、何を着るかなと悩みますよね。女性ならパーティードレス。男性ならスーツを中心にコーディネートしていくかと思います。意外と見落としがちなのが足元のマナー。

 

どんな靴が適しているのか本コラムでおさらいしていきましょう。

 

結婚式のマナー

気づかないうちにマナー違反をしていると、招待してくれた新郎新婦にも失礼に当たってしまいます。気が付けば次回から直せますが、白い目で見られている、「わかってない」と思われていると、誰も言ってくれません

 

女性の場合、結婚式で白いドレスはもちろんNGです。昼の結婚式の場合は、過度な肌の露出もマナー違反となります。夜の時間帯であれば、肌の露出もOKですが、羽織物の準備はしておきましょう。ヘアスタイルはアップが基本。こうしたマナーはなんとなくわかると思うのですが、靴のマナーが抜け落ちてしまうことも

 

それではどんな靴がマナー違反になるのか?

 

マナーの由来は実に日本的発想?

靴にも種類がありますが、結婚式の場合、パンプスがマストになります。サンダルやミュールはドレスと同じく過度な露出に当たりNG。オープントゥのパンプスも同じことが言えるのでマナー違反となります。つま先がでるオープントゥの靴に関しては、「つま=妻が先に出る」と言われ、縁起が悪いなんていう話も。実に日本的な発想で、逆に面白いですが、フォーマルな式では絶対にやめてくださいね。

 

pixta_7410523_M

“つま”が先に出てNGなオープントゥ

同じように、バイカラーのパンプスもマナー違反となります。こちらも二色づかいで「別れ」を連想させるから。また、色が重なるというのは「重ね言葉」にあたり、つらい出来事の再来を連想させる、なんて説も。

pixta_18456706_M

「別れ」を連想させてNGなバイカラー

他には、アニマル柄や、ファーの靴は「殺生」を連想させるからNG。同じくクロコはもちろん基本的には牛革もマナー違反となります。

 

どんな素材ならOKなの!? となりそうですが、基本はシルクやレース、エナメルのパンプスがおススメです! ちなみに、ヒールは低いものはカジュアルになってしまうので、マナー違反となります。3㎝以上の細いヒールが足も美しく見え、フォーマルな式にふさわしいとされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シルク

pixta_3911409_M

レース

pixta_19383060_M

エナメル

 

これで、結婚式もこわくない!?

実はこうしたマナー違反を探すと限りなく出てきます(笑)。とりあえず覚えていて欲しいのは、形は「3㎝以上のパンプス」、色は「単色」、素材は「シルク、レース、エナメル」。これだけ覚えていてくれれば、靴はOKです!

 

しかし、足元だけ気を付けても意味はありません。全身、マナーを守ったコーディネートはもちろん、所作も重要になりますね! 「女性はわかったけど、男性はどうすればいいの?」、次回は男性のマナーをご紹介します!

男性編はこちら:結婚式で意外と見落としがちな、足元のマナー 紳士靴編

この記事をSNSでシェア