子どもの本音を探れ! コドモ博士の哲学トーク第4回

「同じことを何度言われてもわからないワケ」

夫婦のお悩み解決コラム

子どもの本音を探る親子の哲学トーク。今回は、なぜ子どもに何回同じことを言ってもわかってくれないのか、について。何十回、何百回と同じことを言っても子どもは理解してくれませんよね。親は同じことで怒る自分に嫌気がさしてくるものなぜ子どもはすぐに理解してくれないのでしょうか?

 

トークの主役は、コドモ博士(5歳男児)。実際に筆者の子との対話も入っています。

子どもの本音を探れ! コドモ博士の哲学トーク第4回「同じことを何度言われてもわからないワケ」

 

何でも遊びになる子ども

ママ:あーっまたお茶こぼした!! も~自分で拭いてよね!

 

コドモ博士(以下K):今忙しいから後でね~

 

ママ:お茶をこぼしちゃいけないって、何回同じことを言ったらわかるの⁉︎

 

K:あと500回くらいかな。

 

ママ:そんなに? 1回じゃわからなくても、さすがに5回くらいでわかってよ!

 

K:だって何でお茶をこぼしちゃいけないのか、わからないもん。

 

ママ:テーブルも服も濡れるでしょう。忙しい時にタオルで拭くのも、着替えを用意するのも、一苦労なのよ。何回も言ってるじゃない。

 

K:ママはテーブルが濡れるのが嫌なの? ボクは嫌じゃないよ~別に気にならないなぁ。弟(1歳)なんかこぼれたお茶でバシャバシャ遊ぶでしょ? こぼれた水も、子どもにとってはオモチャだよ。服が濡れるのも気にならないし、テーブルも結局ママがタオルで拭いてくれる。

だから何回言われても、何でお茶をこぼすとママがそんなに怒るのか全く分からないんだ。

 

ママ:そうかママはKに拭かせるべきだったね。そもそも、ママとは価値観が全く違うのね。お茶をこぼすのはママ目線では大変なことだけど、K目線では楽しいことなのね。子どもは何でも遊びになるのねぇ。

 

言葉よりも体験

K:ママはいつお茶をこぼしちゃいけないってわかったの?

 

ママ:(ギクッ!!)実はママは子どもの頃「ジュースを必ずこぼす子」って言われてたの。小学生のとき、レストランでオレンジジュースを頼むと必ずこぼしてねその度に怒られて、お母さんがお店の人に謝っていたのを覚えてるよ。まぁ、それでもまたこぼしちゃうんだけどね!

ママおっちょこちょいだからなぁ。謝るお母さんに悪いとも思わなかったわ。それに子どもの頃は、飲み物をこぼしても気にならなかったわね。

 

K:ママはボクよりこぼしてるね!

 

ママ:そうだね~。あぁ、思い出したよ。1回ね、新しく買ってもらったワンピースを初めて着た時に、ジュースをこぼしたの。それがシミになっちゃって、すごくショックだった。

あと妹のジュースをこぼしちゃって、親には怒られたし、妹にはすごく泣かれるしでさ。「お茶をこぼす」ことよりも、他のことで嫌な思いをしてこぼさなくなったかな。

 

「本当の理解」って?

K:あぁ、それはボクもわかるよ! 幼稚園の給食のとき、Y君がぶつかってきてボクの牛乳をこぼしたんだ。悲しくて嫌な気持ちになった。そうか、飲み物をこぼされるのは嫌だね。

 

ママ:そうね。「本当の理解」のためには、一度の言葉より、一度の体験のほうが心に響くのね。そう考えると、経験数の少ない子どもにすぐに理解してっていうのも無理な話ね。

それにその「体験」も、ただ自分で失敗するより、大切なものを傷付けたり、誰かを傷付けてしまったり、誰かに嫌な思いをさせられたり、親以外の誰かにも怒られたりいろんな経験を重ねることが、理解には必要なのね。

そうするとあと500回というのはその通りかも!

 

発見:経験数の少ない子どもが、すぐに理解するのは無理な話。本当の理解には、様々な体験が必要。

提案:最初から「理解しなくて当たり前」と思って向き合ってみては。子どもが失敗するたびに、「今の経験で10%は理解したかな?」「前より気を付けるようになったな」とどれだけ理解したか計っていくのも、視点が変わって怒りがおさまりやすくなるでしょう。

 

この記事をSNSでシェア