入園させればもう安心? 保育園入園後にわかった5つの「大変」

夫婦のお悩み解決コラム

「子どもは保育園に入園させたし、もう安心。あとは楽ちんでしょ?」、入園前にはそう考えていたのに、いざ入園してみたら意外と大変だった…そんな経験はありませんか?

 

保育園に預け、仕事に専念できると思いきや、予想以上に日々のタスクは大変なもの。共働き夫婦で家事や子育てを平等に分担しているつもりでも、知らず知らずのうちに片方に負担が寄ってしまっているかもしれません。

 

今回は「保育園入園後に大変だったこと」をミルトークで募集。5項目にまとめてみました。

保育園入園後に大変だった5つのこと

1. 通園準備がハード

朝の通園準備までの時間は、仕事の支度も並行していくので時間との戦いでした。 (50代 女性)

毎朝の、起きてから通園までの用意時間ですね (40代 男性)

時間が限られている朝ですが、作業は集中しがちです。ご飯の仕事、仕事の準備、子どもの着替え、片付けて出発…など同時並行でたくさんのことを進めなければなりません。うまく分担していきたいところです。

2. 子どもが行きたがらない

子どもがママ追いをしてくること。保育園にいきなりは慣れずに、行くのを嫌がり、送りの際に大泣きしていました。( 30代 女性)

苦手な先生だと行きたがらずグズってました。 (40代 男性)

保育園に向けて出発! あとは預けるだけ! と思いきやそうでもないのが実情のようです。とくに入園したては子どもが行きたがらないことが多く、時間を取られてしまうことも。子どもの性格にもよりますが、慣れるまではなかなか大変という意見がありました。

3. 子どもの体調不良

子どもの体調不良で急に行けなくなった時は、急きょ仕事も休むことにもなり、理想としていた生活スタイルは想像を越えて大変でしたね。 (50代 女性)

入園当初よく熱を出したり、体調不良で引き取りが多く仕事の調整が大変でした。 (40代 女性)

熱があるから迎えに来てくださいと、しょっちゅう職場に電話が届き、そのたびに早退。最初は好意的に見てくれていた職場の人たちがだんだん迷惑そうになり、針のむしろ状態。辛かった。 (50代 女性)

「とにかく大変!」という意見が多かったのが“体調不良”。突然のことで急遽仕事を休んだり、仕事を抜けなければならないといった負担は、想像以上にストレスになりそうです。共働きの場合は夫婦交代で対応するなど、片方に負担が固まりすぎないよう配慮すべきですね。

4. イベントが多い

イベントが多いので何かと仕事を休む、休憩時間をずらすなどしないといけなかったこと。 (40代 女性)

保育園のイベントが色々とあり、仕事の為、調整が以外と大変でした。 (40代 男性)

突発的である子どもの体調不良と同じくらい、「イベントで仕事を休む」も言いづらい…そんな思いを抱えるかたも多い様子。夫婦で協力して支えあっていくべきかもしれません。

5. 洗濯

お洗濯。土汚れ、食べこぼしが多いので下洗いをしないと洗濯機で落ちない。たまについている絵の具よごれは最悪で時間が経つと全く落ちない。 (30代 女性)

広い園庭のある保育園なので毎日泥だらけになります。帰宅後、靴、ズボン、靴下、パンツ、シャツ全てこってり泥まみれ。手洗いしてから洗濯機にかけないとちっとも落ちないし、靴はなかなか乾かないしで発狂寸前。 (30代 女性)

保育園入園前はすぐに汚れを落とすことができたけれど、入園後はそうもいかないお洗濯。時間が経つと落ちない汚れを綺麗にするのは時間もかかりますし、重労働です。

 

「家事も子育ても平等に分担しているのに、なんで大変なの?」と相手への理解が不足しがちになってしまう“想像以上に大変なこと”。これによって生じるストレスなど、体験しないと伝わりにくく、明確に測れない項目であることからいっそう辛い部分です。夫婦で密なコミュニケーションを取って、心の負担も上手に分担していきましょう!

この記事をSNSでシェア