オススメ! めおとブックス! 第3回

グルメ漫画ブーム! 何を食べるかよりも「誰とどう」食べるかが大切

夫婦のお悩み解決コラム

「あ~、今日の献立どうしよう~」と毎日お困りのかた、いらっしゃいますよね。同棲や同居、誰かと住んだら誰かと一緒に食事をする機会が増えます。しかし、味の好みや生まれや育った土地ならではのギャップ、食への好奇心や重要度の違いは出てきてしまうもの。私の実家は関西なので、東海出身の夫は、正月の「白味噌・丸餅」雑煮にびっくりしていました。

 

グルメ漫画ブーム

私の持論として、「小説でも漫画でも、食べ物がおいしそうだとその物語は面白い」というものがあります。

 

現在、「グルメ漫画」がブーム。食事を作ったり、レシピがついた漫画だったり、ひたすら食べる漫画だったり。そんな漫画が大人気です。今回、ご紹介するのは、ただの「グルメ漫画」ではなく、「食べること」は自分にとってなんなのか、考えさせられる漫画です。

 

BreadButter』/芦原 妃名子(集英社)

グルメ漫画ブーム! 何を食べるかよりも「誰とどう」食べるかが大切

「ああ、『この人と』美味しいご飯が食べたいなぁ結婚しませんか?

 

教師をやめたばかりの主人公柚季は、会ってすぐのパン屋にプロポーズ。相手は過去、長年付き合っていた女性に「サンドイッチしか作れない関係なんてもういらない」と去られた男性、洋一。

 

ふたりは洋一が持つ文具店兼パン屋で一緒にパンを作り、客に売ります。主人公たちの周りにいるのは、マリッジブルーの花嫁から物が多すぎる「汚部屋」でお惣菜ばかり食べている子ども、理想を求めるばかりに好きなものが食べられない夫婦など

 

これらの問題をパンは解決しません。パンや食事を通して、こうした問題が浮き彫りになっていきます。幼いころの思い出や理想、衝撃的なできごとが「食」を通して見えてくる。「食」には深くが刻まれていることがわかります。

 

登場人物たちの背景、心の動きが繊細に明確に描かれており、自分にとっての食とは、家族や友人との食事の思い出を振り返りながら読む漫画です。

 

Amazonで見る

Cocohanaで見る

『誰にも言えない』/シギサワカヤ(白泉社)

グルメ漫画ブーム! 何を食べるかよりも「誰とどう」食べるかが大切

BreadButter 』の洋一の元彼女が言った「サンドイッチしか作れない関係なんて」。この言葉は、ふたりの長い関係を凝縮した言葉です。同じく、ふたりの関係を食で表した言葉が出てくるお話があります。

 

『誰にも言えない』は短編集。姉妹が出てくるのですが姉のほうは将来結婚するかもしれない男性を振り、突如、従兄弟(こちらも別人と婚約中)と結婚することに。

 

妹がなぜ姉に彼氏を捨てたのか問いただすと、姉からは「私が絶妙な加減で茹で上げたパスタより TVを優先されたりした事かなって」と謎の言葉を残します。

 

たったそれだけの事で? 呆れる妹に姉は続けます。

 

「『たったそれだけの事』の積み重ねだった気がする」

「ホントはご飯もののほうが好きなのに パスタ好きの私に無理して合わせて(中略)、だけど単純に『今はTVが見たい』って言って欲しかった」

 

「彼氏と食の好みが違ってツライ」「食文化の隔たりが」「嫁がメシマズ」などの愚痴をネット上でよく目にします。本当につらくてしんどいのは、食の問題でしょうか? 本当はもっともっと、深いなにか、価値観やそのひとの人生が隠れているかもしれません。

 

それらが表面化するときに「食の問題」という、私たちに一番分かりやすい形を取っているだけではないでしょうか。

 

Amazonで見る

 

毎日しっかり出汁をとって有機野菜を使い、パンを自分で焼いてと、「家族のために健康を気遣う丁寧な暮らし」は、正直毎日は続けられません(少なくとも私は)。

 

でも、そこまでしなくても。

 

たとえお惣菜の焼きそばパンでも、ひっくり返すのに失敗した餃子でも、「おいしいね」、またおいしくなくても「これマズいね、ひどいわ」なんて誰かと笑って言い合える時間が、本当はなによりも大切なのかもしれません。

 

この記事をSNSでシェア