母乳育児の促進で年間82万人の乳児の命が守られる

夫婦のお悩み解決コラム

医学専門誌『ランセット(The Lancet)』は、母乳育児の実践を促進することによって、年間82万人以上の子どもたち(9割は6カ月未満の乳児)の命を救える可能性があると発表した。

乳幼児の2大死因や母親のがんリスクも減少

母乳育児の促進で年間82万人の乳児の命が守られる

母乳育児の増加により、5歳未満児の主な死因である、下痢の症例の半分近くを、そして呼吸器感染症の症例の3分の1を防ぐことができるそうです。

 

母乳育児の実践期間が1年増すごとに、母親の浸潤性乳がんの発症リスクが6パーセント減少しまう。

 

現在の母乳育児率から算出すると、毎年乳がんによる死亡を2万件近く防止できていることになりますが、母乳育児の実践が促進されることで、この数は倍増する可能性があります。

 

長期的な母乳育児は、卵巣がんの減少にもつながるようです。

 

また、長期間にわたる母乳育児で育った子どもについては、その後の過体重や肥満のリスクも減少するようです。

この記事をSNSでシェア