ママだってさぼりたい!! ゴロゴロしながら子どもと遊ぶ方法

夫婦のお悩み解決コラム

「ザナディウムこうせーーーーん!!!!!!!!」

 

これはやんちゃ盛りのお子さまがいるママならおなじみ、ウルトラマンエックスの必殺技です。3歳になる我が息子は毎晩この必殺技を繰り出してきます。

 

そんな息子の横で、ママは毎日朽ち果てモード。仕事終わりに家事をして、夜もふけたころに必ずやってくる「闘いごっこタイム」…できることなら毎晩全力で相手をしてあげたい。息子がへとへとになるまで遊んであげたい。だけど体力が…もう…限界なのよー!!! 助けてウルトラマーン!!!!

 

そんなわたしが疲れたときに使っている小技を紹介します。どうしても体力がついていかない、けど遊んであげたいママさんたちは参考にしてください!
ママだってさぼりたい!! ゴロゴロしながら子どもと遊ぶ方法

【座ってできる!!】
技を繰り出しながら白熱!! ヒーローものパズル

できるだけ大げさに、技っぽい言葉を発しながらパズルをしましょう。

 

「はしっこアターーーーック!!!!!」と叫びながら4角を埋めます。キャラクターの顔部分をはめるときは、そのキャラのモノマネをしてみましょう。

 

ママが面白過ぎると「もっともっと」が始まってしまいます。そんなときは「ママとどっちがいっぱいできるかな!?」とあおりましょう。

 

子どもがピースをはめるたびに「うおぉおおお!!そうきたか!! …つ…つえええええ」と反応してあげるとなおよし。「おれは諦めない!! もう一回勝負だ!!」と二回戦目に持ち込めば、あとしばらく座っていられます。

【ゴロゴロできる!!】
ママの上でバランス訓練

この遊びに持ち込むには、まず下準備が必要です。子どもに「これから強くなるための修行をする」と言い聞かせましょう。「すぐに強くはなれないんだ。でも諦めるな、諦めたら負けるぞ。何度でも立ち向かえ!!!」としっかり煽ってからスタートです。

 

ごろんと腹這いになり子どもに背中へ乗るよう指示しましょう。「落ちずに立っている修行」だと諭しましょう。もし背中でピョンピョンはしゃぎ出したときは忍者扱いをしてあげるとうまくいきます。「しっ!! 声が高い!! 奴が…くるぞ?」これも感情をこめてしっかり演技してくださいね。

 

うまくはまれば腰周りの凝りもほぐれてスッキリ!! 子どものバランス訓練にもなって一石二鳥です。

【いっそ寝てしまえる!!】
怪獣「眠いぞザウルス」に変身

「ほっほっほっほっ!!! 我は眠いぞザウルス、お前も一緒に眠るがよい!!」といって変身しましょう。

 

無事変身したらお布団にくるまってゴロゴロしてください。子どもが闘いを挑んできたら布団に引きずり込みます。「ほっほっほっ!!! お前も眠くなる~!! 眠くなる~!!」と言いながらママが寝てしまってokです。

 

「寝ちゃダメ!!」と起こされてしまったら、意識をのっとられたことにしましょう。

 

一見簡単そうな遊びですが、子どもが楽しめるかどうかはママの演技力にかかっています。ゴロゴロしたければ演技には手を抜かないでください。

 

以前のわたしは我が子のさみしそうな顔を見ると、「疲れていてもちゃんと遊んであげなくちゃ」と自分を追い込んでしまっていました。男の子なのでどうしても体当たりの遊びになりがちで、毎晩ヘトヘトに…。疲れがたまってしまったのか、あるときギックリ首になってしまいました。

 

首が治るまでブロック遊びさえできなくて、本当に申し訳ない気持ちになりました。

 

それからは、余力があるときに力いっぱい遊んでいれば、たまに手を抜いても大丈夫だと思うようにしています。ママだって人間。体力の限界があって当然です。まずはママが元気でいないといけません。我が子だからこそ、無理をしないでいられたらいいなと思います。

この記事をSNSでシェア